フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「0番鉄道模型」の記事

2018年7月21日 (土)

ちょっと珍しいEB58をいじくる(その1、車体篇)

 連日暑い、こういう時は辛うじて涼しい我が家に引き籠もるのが賢明です(誰かの真似をしたわけではない)。原鉄の模型スクールも一段落ついたので、怪しげな模型の再生を始めました。

P6303901一昨年のJAMが終わったあと、枚方のブリキ大王様から「ヒマな
時に手ぇ付けてもらえばえぇから」と預かったのがこれ。「これ、ナニワ科学のゴハチなんや。珍しねんで」と念を押されました。へぇ、どこが違うねんとよくよく見れば、車体のどこにも継ぎ目がありません。カツミや宮沢の製品だと前面がプレス加工の別パーツで、乗務員扉の後ろに継ぎ目が見え見えなんですが、これはまさか一体プレス?

P7134037一緒に入っていた広告頁のコピー。昔のTMSで見た覚えがあります。昨年は「JAM、参加費高いからもう出んわ」といっていたので、このゴハチもずっと放置していました。ところが、今年のトレインフェスタで「またJAM出るから応援よろしゅう」といわれ、そうなるとこいつも放っておけません。急いで修復にとりかかったという次第です。

P7013905塗装を完全に剥がし、ヘナヘナのランボードを外した状態。屋根、側の稜線の部分にハンダが見えています。ということは、前面がハンダ付けされているのか。

P7013910裏返して全容がわかりました。重ね継ぎした部分の段差をベルトサンダーで削って丸みをつけるという、非常にラフな方法で成型されています。そのため各部のアールはまちまちだし、削りすぎてハンダだけになっている箇所もありました。おまけに棚から落ちたか、何かがぶつかったのか、部分的にへこみもあります。

P7043918へこみをできる限り修正し、ちょん付けだった乗務員扉やエアフィルターにたっぷりハンダを回します。車体裾は1mm角線をハンダ付けして補強しました。ランボードも裏側に帯板をハンダ付けして補強します。

P7043914片側の飾り帯は外れていて、別パーツが同封されていました。ところがこの飾り帯はカツミか宮沢のもののようで、前面の立ち上がり角度が少し違うし、側も少し長めです。長いのはチョン切ればいいし、微妙な角度の違いも両方を一度に見ることはないので、そのままハンダ付けします。モニターは屋根アールと合わず、側が浮き上がっていたので、妻の一部を屋根に落とし込むようにして見栄えをよくしました。接合部などの細かい凹凸はエポキシを盛ってヤスリがけです。

P7134033ひととおりの修正がすんだのでパンタを乗せてみました。ところが、イコライザーが屋根にあたって上昇できません。

P7134034パンタをいじっても拉致があかないので、パンタ台を取り付けて高さを稼ぎました。

P7134035これでパンタも上がりました。屋根との絶縁距離がほぼゼロなので、本物だったらアークが飛んでしまうでしょう(足回り篇に続く)。

2018年7月18日 (水)

ロンちゃんの忘れ形見

 14日、ゆる鉄画廊にお邪魔した帰り道、都電を町屋駅前で降り、京成電車に乗り換えます。

P7144078都電の電停から京成の駅まで、昔はゴチャゴチャしていましたが、今はすっきりしています。

P7144082ホームからは都電の線路が見下ろせます。三ノ輪橋行きの電停(右側)も以前は交差点の手前でした。

P7144084花火大会の看板を付けた電車が来ました。乗るのは反対方向です。2駅乗って日暮里で下車。

P71440897・8分歩いて日光モデルに到着。もう店を出してから50年になるんだ。

P7144094で、買ったのはこれ。カツミの0番用吊掛け式動力ユニットです。実は前回、京急230形用のラッカーを買いに来たとき、「こんなのがあるんだけど…」と話を切り出されました。聞けば趣味界の大先輩であり、JORCの2代目会長だった吉村光夫さん(一般的にはTBSのロンちゃんとして有名)の注文で取り置きしておいたもので、2011年に亡くなられてそのままになっていたそうです。
 訳を知れば放っておくわけにもいかず、非常用財源を遣り繰りして引き取ることにしました。電車用だから使い道はいくらでもあります。派手にかっ飛ぶ電車を作り、吉村さんの供養としたいところです。

2018年5月29日 (火)

Oゲージ展、ラストウィーク

 原鉄道模型博物館で開催中のOゲージ展も残り1週間を切りました。走る車両も多少の入替わりがあります。

P5233266これは珍しいスイスの蒸機。1Eという軸配置も珍しい。一昨年の世界鉄道博でも走っていました。

P5233258しばらく運転していたら先輪が脱線。原因がわからず、ひとまず運用から外したのですが、よくよく見れば先輪(絶縁側)のタイヤが外れていました。外れたタイヤはレール磨きの時に見つけ、しばらくはどの車両から脱落したのかわからず、もしかしたら先ほどの脱線はこれかと思い、現車確認したらぴったりでした。

P5233261フランスのBB9200。イタリーのロンバルディというメーカーの製品で、スムーズに走りますが惰行は効きません。客車(GB=ゴッタルドバーン)は天賞堂製のフルグレックスブランド。

P5253267ワゴンリ客車を国鉄7000形(ED54)に牽かせてみました。ヨーロッパ的なスタイルなので違和感はありません。この電機はOゲージでブーフリ式の伝動機構を再現しています。

P5253274GB客車の牽引機をAe3/5に替えてみました。惰行の効きが抜群なので停止チャレンジシ専用になっていますが、個人的にはこの編成が一番似合うと思っています。

P5233264UPのチャレンジャー。K村師匠が絶縁不良のドローバーを作り替え、1900Rを通過するようになりました。手前のGG-1は実物と同じツインモーター(12個)です。

P5253269時折、気分転換にこれ(京王151形)を走らせたりします。

P5273310今回からカイザー(スイス製)の鉄レールを使用しています。ポイントはフログが合成樹脂(ベークライトか)で、レールとの段差があるため、ホィールベースが長かったり、フランジの低い車輪はここで脱線します。ガードレールはこの段差部分をカバーしていないので、応急的に帯板をハンダ付けして延長しました。万全ではないものの、そこそこの効果はありです。
 Oゲージ展は6月4日(月)まで。私は30・31日が出番で、JORC関西の運転会に参加するため、31日の夜行バスで大阪へ移動します。

2018年5月12日 (土)

原鉄、Oゲージ展開催

 このところ春休み時期の恒例となっていた原鉄のOゲージ展、今年はポール電車展が4月まで行われていたこともあり、JORC会報では6月13日からとお知らせしました。しかし、そのあとに控えている企画展との兼ね合いから日程が前倒しになり、今月10日から6月4日までに変更となっています。

Dscf53259日の11時頃からレールの敷設が始まりました。

Dscf532912時過ぎにはひととおりレールが敷き終わりました。過去4回はJORC関西のレールを使用していましたが、今回からJORC所有のレールに変わっています。このレールはスイスのカイザー製で、鉄レールがやや太目の枕木にがっちり固定されています。レールの下に敷くボードもレールの配置に合わせて新製したので、路盤の平面度も格段に向上しました。

Dscf5334トロリーラインも復活。ポイントと引上げ線は省略しました。

Dscf5337車両も並べ、試運転もすんで準備完了。ヤードが外線3本、内線4本と少なくなったので、どちらのエンドレスも原鉄車両のみとしました。

Dscf534810日からオープン。場所は一番奥の多目的ルームです。

Dscf5340レイアウト全景。

Dscf5342内線ヤード。一昨年の世界鉄道博で走った国鉄型蒸機と客車(オハ35系を主体に、展望車を連結した特急もどき)は、Oゲージ展には初登場です。

Dscf5345外線ヤード。手前のスイッチボックスは停止チャレンジ用です。

Dscf5346車両は約100両出したので、ヤードに乗切らないのはテーブル上に並べます。左下の電機(スイス、Ae3/5)が停止チャレンジ用です。カイザーレールは長年物置で眠っていたのですが、錆落としをしたので通電不良もなく、直線も綺麗に出ています。ただし、ポイントが今までの8番に対して6番相当になったので、通れなくなった車両も出ています。鉄レールによる通過音や牽引力、惰行の効きの違いはほとんどわかりません。
 今回は学校の休み時期ではないので、平日はかなり空いています。じっくり原模型をご覧になりたい方は平日のご来館をお薦めします。

2018年3月 9日 (金)

極めて辛気くさい工作

 昨年の11月30日付けで「辛気くさい工作」をアップしましたが、今回の工作に比べれば、あんなのは屁でもありません。

P1141622まずはこの写真をご覧下さい。1月14日のJORC例会で撮影したもので、左がK村師匠作、右が私のです。私のはまだ完成ではなく、窓の保護棒が取付けられていません。個人的には省略したいところですが、模型スクールの教材として今後も晒し者になることを考えると、取付けないわけにもいきません。キットには0.5mmのステンレス線が入っているだけで、取付け方法は各自の独創性に任されています。

P6206147本物の保護棒はこんな具合に取付けられています。Chitetsuさんは16番の屋根上配管用パーツを使ったようですが、ロストワックス製なので1両分32個だとかなりの金額になってしまいます。

P1261818そこで、エコノミーに作る方法を何日か脳内シミュレーションした結果、内径0.5mm・外径0.8mmの細密パイプを1mm幅の帯板に半田付けしてみました。

P1261819パイプの切断はつぶれ止めに0.5mmの真鍮線を入れ、ニッパーでパチンと切り落とします。このあと、帯板も適当な余白を残してニッパーで切ればできあがり。
 切落としたパイプの端はつぶれるので、そこを避けて真鍮線が入ったまま、NTカッターの刃で転がしながら切り、次の作業に備えます。

P1261823数物なので、怪しげな治具を作りました。

P127182520個くらい作ったら鏝先が当たる部分が焦げてきたので、気合いを入れてアルミの切れ端で作直しました。ところが、鏝の熱がアルミに取られ、仕事になりません。

P1301854ベースをベークライトに替えて作業を継続します。

P1271843取り敢えず1両分の32個+αができあがりました。まだ色も塗らないといけないので、チャック付きのポリ袋に入れて厳重に保管しています。

2018年2月24日 (土)

ほんの少し模様替えしたポール電車展

 23日は原鉄ポール電車展の当番でした。

Dscf52865日ぶりに行ってみたら、少しレールに手が加えられていました。前回の画像を思い出してください。変わったのは画面の左端です。なにやらクロッシングらしきものができています。

Dscf5287その部分のアップ。それらしい形にしただけですが、留置線からも本線を乗り越して走れます。本線のレールにも切欠きを入れたので、通過音は本格的だし、運転席から近いので、眠気覚ましにはうってつけです。

Dscf528915時を過ぎた頃、PEの1両がポールのバネ圧不足で架線から外れ、運悪くポイント部分のY字に割り込んで、2箇所のハンガーをぶっちぎりました。これは想定内のことなので慌てず騒がず、半田コテを出して早速修理です。

Dscf529720分くらいで復旧して試運転。修理した架線柱の所を通過しています。

Dscf5295その後はこんなイレギュラー編成を組んだり…。

Dscf52903連のスペシャル編成を走らせたり、1人で悦に入っていました。

2018年2月20日 (火)

京急の2両目(箱になる)

 この1週間はあまり外歩きもせず、真面目に模型製作に取組んでいます。

P2172018_2前回はまだ開きの状態でしたが、いよいよ箱にします。妻板がR付きなので、まず別の紙に同じRを付け、何mmで切れば所定の車体幅になるかを確認します。側板の両端は内張を2mm弱引っ込めて段差を作り、妻板を接着するガイドとしました。上下のずれがないよう、瞬間接着剤で仮留めします。

P2172016_2「コ」の字になったら立ててみて、ガタがないかを確認し、もう一方の側板を接着します。手が4本くらい欲しいし、かなり不安定要素の多い作業です。

P2192020両端には所定のRを維持する半月の板、中間は「日」の字の板を接着して幅を決めます。どちらも1mmの茶ボールから切り出しました。

P2192021隅は側板が少し出っ張った状態なので、これをカッターで削ぎ落とします。

P2192028400番のサンドペーパーで丸みを付けます。おろしたてなのでよく削れます。

P2202032プライマーを塗ってケバ止めします。乾いたらまたペーパーかけ、この作業は気が済むまで続けます。

P2202037屋根は7mm厚なので、3×45mmのアガチス板と、4×15mmの桧板を組合わせて作ります。

P2202034_2早速、端の方をガリガリ削ってみました。概ね所定のカーブは出せそうなので、明日は簡単なゲージを作ります。

 ということでそこそこ順調に進んでいるようですが、実は車体幅が1mmほど広くなってしまいました。妻板を剥がすのも大変だし、まぁ、ちょっと見てその違いはわからないので、そのままにしておきます。

2018年2月16日 (金)

ポール電車展、開催中

 OER3001氏のブログでご紹介いただいたように、去る9日から4月2日まで、横浜の原鉄道模型博物館で「追憶の横浜・京都 トロリーポール電車展」が開催されています。私も少々手伝いをしているので、準備の様子などをお目にかけます。

Dscf51578日の昼頃から作業を開始。ベースは2700×900と小さめ。ポール電車だからなんとかなるはずです。

Dscf5160図面上のカーブは半径650mm。真ん中のダンボールが怪しげなカーブゲージです。レールをつないだら電車を通し、継ぎ目が角折れしていないか確認します。

Dscf5168エンドレスがつながる直前。ここまで約3時間弱でした。

Dscf5175架線は1mmの真鍮線で、線路に合わせてカーブしています。吊り金具は0.5mmくらいの銅線を半田付けして、架線柱のビームに引っ掛けるだけ。不用意に触ったらすぐ外れる方が、全体の被害が少ないだろうという考えです。

Dscf5176架線を張っての試運転。致命的なトラブルはなく、走ってくれました。本物同様、架線からも集電できます。

Dscf5186ポールと架線のアップ。ホィールはスケールより大きめにしてあり、クルクル回ります。

Dscf51839日は開館前に内覧がありました。ポールが外れることもなく、やれやれ一安心、です。この後、私は神戸に出張でした。

P2162008改めて会場をご案内しましょう。入り口は2箇所あるので、向かって左から入ってください。

P2162005入って右奥に発車合図などをするチンチンベル(赤丸)、その右(緑丸)にフートゴングがあり、自由に鳴らせます。1人勤務は眠くなるので、来場されたらこれを眠気覚ましにガンガン鳴らしてください。

P2162004トロリーポールの先っちょなどのお宝も展示されています。

P2162002トロリーポール時代の嵐電と叡電、京都N電最後の映像が上映されています。

P2161999そして、トロリーポールの電車(Oゲージ)が走っています。右奥が運転席。

P2162001この角度だと車両がいっぱいいるように見えます。

P2162014運転席からの目線です。今日でちょうど1週間、今のところ架線のトラブルもなく順調です。

2018年2月 5日 (月)

京急、2両目を製作開始

 原鉄模型スクールの教材として、京急デハ230形はほぼ完成となりました(実は、まだ保護棒取付けという難問が控えていますが)。しかし、片運車1両ではサマにならないし、第二期スクール用として組立途中の見本も必要になるので、2両目を作ることにしました。

P20118762両目は完全自作。0.5tくらいの方眼紙のストックがあったので、これに罫書きました。デハが268なので、連結相手は3扉のクハ288になります。デハと側板の厚みを合わせるため、もう1枚、0.4tくらいの台紙用白ボールを貼合わせてから窓抜きします。スケールでは窓柱が1.3mmくらいになりますが、これは1.5mmとして全長がデハとほぼ同じになるよう、吹寄せなどで調整します。

P2021877ガラス板の上で窓抜きします。抜けたら断面にラッカープライマーを染み込ませ、サンドペーパーでめくれを削り取ります。

P2021878_2めくれの少ない裏面を表にします。

P2031879プライマーを塗ってはペーパーかけを繰返し、めくれが目立たなくなったら切離します。単純に2分割すると切る時の誤差で側板高さにバラ付きが出やすいし、片方にめくれも出るので、切り代を入れるようにしています。

P2041919扉と兼用の内張りを切出します。

P2051960サフェーサーを吹いたらまたペーパーかけ。妻板も作りました。これは側板にイモ付けするので、両脇は少しずつ切詰めながら所定の車体幅になるよう、調整します。

2018年1月 5日 (金)

もうひと踏ん張り

 世間はもう仕事が始まっているようですが、私は元日から今日までほぼ自宅に引き籠もりっきり。まだ撮り鉄もしていません。といっても病に伏せっているわけではなく、せっせと工作をしています。

P1051546本日は後回しになっていた台車の仕上げ。ガタがあった動力台車の枕梁を作り直しました。ダミーの軸バネは取付方法に少々難ありですが、実用上差し支えない範囲で誤魔化しました。明日はグレーを吹きます。

P1051549車体はインレタ貼りと標識灯のレンズ入れを残すだけです。台車を取付け、傾きがないかをチェックします。

P1051556_2前面の窓サッシも折曲げの位置を誤り、作り直しました。両脇は車体に密着していませんが、まぁよしとしましょう。まずは7日に湘南鉄道模型クラブの新年運転会でお披露目し、8日の模型スクールでは、さぁどうだと生徒の目の前に晒してやろうという段取り。これでなんとか講師としての面目が保てます。

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31