フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「鉄道全般」の記事

2018年6月 9日 (土)

JORC関西の運転会とその前後(3日目)

 6月3日(日)、さて今日はどこへ行こうか。出発前は阪神間でJRを撮ろうかと思っていたのですが、当日になったら急に風向きが変わり、何度か乗ってはいるけど、ほとんど車両写真を撮っていない近鉄南大阪線に行ってみることにしました。
 といっても南大阪線は丸っきり土地勘がありません。各停の一番前に陣取りロケハンです。河内松原を出ると阪和自動車道をアンダークロスする手前が少し家並みが途切れて、そこそこ撮れそうです。一駅先の恵我ノ荘から戻り、線路端を歩いているうち、後続の「青の交響曲」が通過してしまいました。

P6033426駅から歩いて5・6分のところで構えます。河内長野行き準急で、前3両は最古参の6020系、後2両はVVVF制御の6400系。南大阪線は1時間あたり特急2本、急行2本(吉野行き)、準急6本(橿原神宮前行き2本、河内長野行き4本)、普通6本(藤井寺行き4本、古市行き2本)とかなりの高密度で運転されています。

P60334296620系4連の急行。橿原神宮前から先が各停になるので、昼間は全区間4連のようです。

P60334306400系2+2の橿原神宮前行き準急。これも昼間は4連のようです。

P60334326200系4連の各停。6020系の次の形式で、南大阪線初の新製冷房車。

P60334356620系+6400系のオールVVVF6連。車体断面も揃っています。

P6033436新塗色になった16000系。唯一の4連固定ですが、阿部野橋寄り(写真左)のユニットが故障したとかで、5月初めから16009-16109+16051-16108の変則編成になっています。

P60334376401系が先頭の5連。まだ表示幕が昔のままで、準急 長野になっています。

P60334452連の16000系。16009が4連に組込まれているから、これは16007-16107のはず。

P6033447阿部野橋から乗った編成で、6820系を併結しています。

P6033448シリーズ21の南大阪線バージョンとなる6820系は2連が2本だけです。

P6033451ラビットカー塗色の6020系も阿部野橋~藤井寺間の仕業に入っていました。

P603345216400系。標準軌の22000系に相当します。

P603345526000系「さくらライナー」。車体裾のピンクが写りにくい。12時近くになり、ひととおりの形式が撮れたのでここは撤収します。だいぶ腕が日に焼けました。実は矢田~河内天美間の大和川橋梁も候補にしていたのですが、どちらからも結構歩きそうなので諦めました。

P6033459
阿部野橋に戻る途中、高架の河堀口から阪和線が撮れるはずと考えていたのですが、線路脇にマンションが建ってどうにもなりません。見通しのよい時代に撮っておけばよかったのに。

P6033462阿部野橋は4番ホームの一部でホーム柵を試用中。横に張ったロープが上下する方式です。

P6033467帰京の時間が迫ってきたけど、もう一仕事はできそう。1度乗ったかも知れないけど記憶が曖昧なおおさか東線に乗ってみます。新加美を出て正覚寺信号場を通過。左に百済に向かう貨物線が分かれていきます。

P6033469その先が今年の3月17日に開業した「きずりかみきた」。

P6033475漢字ではこう書きます。駅の所在地は東大阪市衣摺6丁目。ホームの一部が大阪市平野区加美北にかかるので、どちらにも義理立てした駅名になりました。

P6033470放出寄りに定員2人くらいの撮影スペースがあります。

P6033479小一時間ほどしてそろそろ引揚げるかと思っていたら、中学生くらいの撮り鉄が2人登場。はるか向こうに貨物列車が見えてきましたが、信号のタイミングが悪く、こんなカットしか撮れません。ホーム端にいた撮り鉄はもろ被りです。これにて撮影は終了し、放出~京橋経由で新大阪に向かいます。途中にはまだ撮り鉄が群がっていて、放出から学研都市線に乗ったとき、EF65牽引の貨物が通過して行きました。

2018年6月 5日 (火)

JORC関西の運転会とその前後(1日目)

 6月2日(土)はJORC関西の運転会。その前後と合わせて3日間の関西巡りです。

P53133315月31日のグランドリーム15号で出発。今回は2Cの席ですが、特に外を見ることもなく、定刻(6:28)より約15分ほど早く、大阪駅に到着しました。

P6013334大阪駅南口(バスターミナル側)におもしろい仕掛けを発見。水滴を落として絵や文字を表すディスプレイです。そろそろ出勤途上の人達から「あのオッサン、なにしとるんや」という眼差しを浴びつつ、5分くらいカメラを構えていました。

P6043488広場を横切り、阪神電鉄梅田駅の駅長室でこれを購入します。六甲ケーブル、六甲山上バス、六甲有馬ロープウェー、神戸電鉄(有馬温泉~谷上)、北神急行、神戸市営地下鉄(新神戸~三宮)、阪急電鉄(神戸三宮~阪急六甲)と阪神電鉄全線が1日乗り放題で2460円という、超お得な切符です。
 というのも、有馬温泉へは神戸電鉄だとかなり大回りをして時間もかかります。それが六甲山頂からロープウェーで行けるというのはなかなか自分の頭で納得できず、前々からぜひ1度実際に乗ってみたいと思っていたのです。

P6013348まずは阪神電車で大物へ。ここで近鉄に乗入れる10連を撮ろうと思ったのですが、8時頃ではまだ側面に陽が回りません。かといって本線側のホームからだと画面右端の箱と架線柱が邪魔。潔く諦めます。

P6013349本線普通で尼崎へ。赤信号になっているとはいえ、停止位置の10mくらい先を入庫の列車が横切っています。停止すると間もなく、右に近鉄からの尼崎止まり、左に東須磨行きの特急が到着します。

P6013351特急が発車、近鉄車はグネグネ曲がって折返し線に入ります。

P6013357各停で甲子園に到着。ここもまだ上り列車の側面に陽が回りません。そのかわり、朝ラッシュ時限定の甲子園で折返す区間急行が撮れました。

P6013353神戸高速開業50周年記念のマークは2種類あり、これはイラストが開業時の車両。

P6013361こちらは最新車両が描かれています。

P6013362もう少しスッキリした写真を狙い、香櫨園に移動します。時間は9:16。ちょっと雲がかかってきました。

P6013365さらに暗くなってきます。このカットはシャドーを少し明るく補正しています。実は大物でラスト1本となり、今年度に廃車予定の5131形が下って行ったのを見たので、それの戻りが来るまで粘ります。

P60133669:41、おっ、来た来たと思ったら、5001形でした。まぁ、これもその次の廃車候補ですから、しっかり撮っておきます。

P6013368やっと雲が切れ、陽が射してきました。この色は本命の1000系より9000系の方が似合っていると思います。

P6013369もう1本5001形が来てその次、10:06に5131形が来ました。5001形とどこがちゃうねん。まぁ、わからんでも普段の生活にはなんの不便もありません。

P6013370阪神といわず、全国的に希少となった電機子チョッパの制御器。左側の約1/3はコンデンサです。これは東芝製なんで形式は5131形、三菱製は5331形でした。形式の100位を東芝=トーシバ=10、というこじつけで、三菱は単純に3というわけです。

P6013371反対側も押さえておきます。ここでカメラのバッテリー警告マークが点灯。予備に取り換えたら、それも数コマ撮っただけで「もうアカン」の表示。やむなくこれ以後はバッテリーのご機嫌を伺いながらの撮影になります。

P6013373有馬・六甲周遊の出発点は阪神御影。ここから六甲ケーブル下までのバス(神戸市営16系統)も周遊パスで乗れます。ケーブルの駅を撮影する間もなく、11:00発のケーブルがすぐの発車です。平日でも座席の8割くらいが埋まっていました。ここは阪神淡路大震災の翌年、DJ誌の取材で乗って以来で、その時もこの2両連結の新型車両でした。

P6013375約10分で六甲山上に到着。トイレに行っているうち、すぐに接続するロープウェー山頂行きのバスは出てしまいました。

P6013376ちょっと霞んでいるけど、なかなかの絶景。海の向こうが2月に行っているポートアイランド、その先の細長いのが神戸空港です。11:35発のバスでロープウェー山頂に向かいます。

P6013377ここもすぐの接続11:50発の有馬温泉行きに乗車。バスの乗客の大半は途中の施設で降り、ロープウェーの乗客は10人足らずでした。

P6013379ロープウェーは全長2.7km、ゴンドラは2台なので、真ん中で行き違います。

P60133804/5くらい進んだあとは一気に下って行きます。ケーブルの右手に見えるのが有馬の温泉街。約12分で呆気なく有馬温泉(といっても温泉街の外れ)に到着しました。

P6013381日本3名湯のひとつですから、一風呂浴びていきます。周遊きっぷにはここと銀の湯のどちらかに入れる利用券もついています。金の湯は鉄分の多い茶色の湯で、大田区あたりの天然温泉と同じような感じでした。

P6013382風呂上がりに真っ昼間のカンカン照りはいささかきつく、冷房が入った神鉄電車に避難します。右が先発(13:09)なので、迷わずこれに乗ります。

P6013384せっかく乗っても次の有馬口が終点。これでは三宮や大阪に直通するバスにかなう訳が有馬温泉。すぐ接続の新開地行きを見送り、折返して有馬温泉に戻るところを撮影します。

P6013385谷上で北神急行に乗換え、一駅目の新神戸で下車。布引の滝が近そうなので見に行きます。一番下の雌滝(めんたき)。一番上の雄滝(おんたき)まで200mという案内板につられてさらに歩きます。

P6013386これが雄滝。しかし、200mというのは水平距離で、滝なんだから高低差があることに気が付かなかったのは迂闊でした。実はいきなりのかなり急な階段を這いつくばるようにして登ったのです。

P6013389だいぶエネルギーを消耗したので、三宮で腹ごしらえ。まだ陽も高いし、高速神戸行きの5131形を見かけたので、これの戻りを住吉で狙います。15時過ぎだと大阪寄り先頭は逆光。後追いは電線の影で前面が袈裟懸けです。

P6013390住吉の駅舎。丸窓がいい雰囲気です。

P6013394梅田までは各停で時間稼ぎ。民営に代わった地下鉄の表示を撮っておきます。ここでいよいよカメラのバッテリーがご臨終になりました。ちょうど阪神百貨店の新装オープンでしたが、かなりの混雑なので中には入らず、本日の塒(ねぐら)に向かいました。

2018年5月31日 (木)

さぁ、出発

 6月2日(土)にJORC関西の運転会があるので、前後3日間、関西に行って来ます。例によって往きは夜行バスのグランドリーム15号。あと2時間ほどで出発です。

2018年3月15日 (木)

お別れ二題

 本日は最高気温が20℃を越える初夏の陽気、風もあって花粉がたっぷり飛び回っていますが、家に籠もっているわけにはいきません。

P3152336花粉対策4点セット(鼻スプレー、喉スプレー、目薬、のど飴)で武装して出かけます。

P3152272最初は新宿、12時発の「スーパーあずさ15号」発車5分前です。今さら列車写真でもないので、新宿の駅名標を入れた証拠写真としました。

P3152273ホーム工事中なので、先頭部が完全に入りません。ま、AZUSAの文字が入ったからよしとします。

P3152276定刻に発車しました。明日は仕事なので、これが最後の見送りになるでしょう。

P3152281次の目的地は京急。2000形のエア急に出会えるかの運試しです。八丁畷で構え、被りの可能性はないことを確認。ここに来て3本目の上りエア急(13D)に2011編成が入っていました。直前の下りエア急が5Dだったので、4本目(40分後)に戻ってくることになります。

P3152290空は雲が広がってきたので露出が稼げず、通過となる八丁畷ではブレるリスクが大きくなります。ならばと停車する京急鶴見に移動しました。すでに先客が2人。このくらいならなんとかなるでしょう。

P3152292お目当ての1本前がこれなのも確認すみ。

P3152296そして、2011編成がしっかり戻ってきました。8連を充当する11D~15Dあたりに2000形が入る確率が高いようです。この3分後に雲が切れ、太陽が顔を出してくれました。明日で廃車になる2061編成は運用に入っていないことも確認できました。ただし、夕方から車両交換もあるので、終日動いていなかったとは断定できません。

P3152300もう1本あとはまだできたての1201編成。ステンレス車体ながら塗装を復活した編成です。

P3152302側面、アルミ車とはテカリ具合が微妙に違うような気がします。個人的にはややぼってり気味か。

P3152298こちらは全面ラッピング車。ドアや窓の縁が地金のままですが、私はこれでいいんじゃないかなと思います。

2018年3月 2日 (金)

寄り道しながらCP+

 昨日からパシフィコ横浜でCP+が開催されています。このCP+という名前、何年たっても馴染めません。その昔のカメラショーと写真用品ショーが一緒になったものだけど、カミサンに説明するにも苦労します。
 それはさておき、1日から4日までのうち昨日は自宅で仕事、明日はJORCの幹事会、明後日は原鉄の模型スクールなので、CP+に行けるのは今日しかありません。ただし、今年は特に見たいものもないので、行きがけに何箇所か寄り道しました。

P3022117最初は我が家から横浜への反対方向になる阿佐ヶ谷。ここでE351系の「スーパーあずさ6号」と河口湖行きの臨時快速(金曜のみの運転で189系)を狙います。スーパーあずさは10:30頃の通過のはずですが、遅れているようで新宿に着く時間になっても姿を現しません。

P3022118E351系は諦め、上り方に移動して臨時快速を狙います。5・6人構えている足元からで、なんとかケツも切れずに収まりました。

P3022120_2次に向かったのは京急空港線の糀谷。ここで余命僅かになった2000形に出会えればと期待したのですが、なんと南側に30階くらいのマンションができ、線路に影が落ちています。

P3022123幸にも少し雲が出で日射しが弱まったので、あまり影は目立ちません。

P3022126小一時間粘っても2000形は来なかった。雲が切れたので、望遠を目一杯にして手前の影をかわします。

Pc250759これは2012年の画像。この頃はエア急の1/3強が2000形という感じでした。

P3022128空港線の次は大師線。3番ホームに降りてきたらこれが止まっていました。京急の開業120周年記念として1500形1521編成を4種類の塗色にしたもので、先月の25日から走っています。

P3022130ホーム端から出て行くところを1枚。なんとか4種類の塗色であることがわかります。

P3022137次の電車で港町に移動し、定番の場所で構えます。迎え撃ちのカットはAFを連続モードにしたのが仇になり、シャッターを切った瞬間に前照灯の光で惑わされてピントが外れました。もう13時を回ったので三度目の正直は諦め、CP+会場に向かいます。

P3022164一昨年の夏は通い詰めたので勝手はわかっているパシフィコ横浜。それでも駅からはかなり遠く感じます。入るとすぐ右がオリンパスのブースです。

P3022149今年は動体撮影の練習台としてHOのレイアウトが置かれ、中央のエンドレスはオールドタイプとPCCのトラムが行き交います。しかし、スピードが遅く、E-M1 MarkⅡには役不足。

P3022156ヘソ出しのおねぇさんもいました(オリンパスのブースではない)。

P3022157レンズでお世話になっているパナソニックも、特に見たいものはないのでスルー。

P3022159相変わらず頑張っているコシナのブース。私より上の年代の人は、ツァイスをザイスと発音します。

P3022163ブランドを継承しているだけとはいっても、フォクトレンダーのウルトロンだとかノクトンは無視できない存在。しかし、13万5千円じゃあねぇ…。

P3022160LPLといったら引伸器のメーカーだったのですが、今はLEDのライトが主力商品のようです。
 今年はバスケットボールのコートやドローンを飛ばすといった動きがなく、全体におとなしい感じでした。メイン会場は1時間足らずで見終わり、軽く腹ごしらえしてから中古カメラの会場を一回りします。

P3022165入り口の横でフィルムを売っていました。みんな外国モノで、フジとかサクラはありません。

P3022168アルコ35(機関車メーカーではない)にビューアルコ(二眼レフのように使え、距離計に連動してパララックスもの修正する)が付いたセット。整備すみで綺麗な個体とはえ、13万8千円はいい値段だなぁ。

P3022169ファインダーが大きくなったプロミネントⅡ(純正のフォクトレンダー)は14万5千円。レンズシャッター式でレンズ交換ができるのが特徴とはいえ、決して使いやすいカメラとはいえない。

P302217516時頃に会場を後にして桜木町まで歩き。ところが、鶴見付近の沿線火災で東海道線と京浜東北線は運転見合わせでした。始発の横浜線で横浜に出て京急に乗換え。ホームに上がったら下りのエア急に2011編成が、そして1本見送った上りのエア急が2061編成だったので、当然、京急蒲田まで乗りました。
 3本在籍していた2000形は、1000形の増備により2051編成が2月2日付けで廃車、残る2本も2061編成が3月16日、2011編成が3月29日で廃車となるようです。

2018年2月27日 (火)

半世紀前のカラーポジから

 このところあまり外に出ないので、古いネタでつないでおきます。今回は昭和39・40年の名古屋市電と名鉄です。

P5144702昭和39年3月、私が初めて撮影したカラーポジで、ヨドバシで安売りしていた期限切れ間近のコダクロームです。名古屋駅前の2600形(2604)、行き先は浄心と読めます。形式は皇紀2600年製造にちなんだもので、連接部に旧型から流用の高床式台車を使っているため、この部分のみ床が少し高くなっています。裾の切込みと窓下辺の位置からもそのことがわかります。

P5144750これ以降は昭和40年4月の撮影で、フィルムはASA50のサクラクローム。これも間もなくASA100が出るので安売りされていたものです。
 新岐阜駅前の岐阜市内線ですが、いきなりこんなのが現れてびっくりしました。扉は外吊りですね。

P5144751もう1枚はモ580形。廃車後は豊橋鉄道に譲渡され、同社の3200形として今も3両全車が在籍しています。

P5144749ここから各務ヶ原線に乗って犬山に向かいました。乗った電車が三柿野止まりだったので、次の電車を待ちます。

P5144752新鵜沼~犬山遊園、バックが有名な犬山橋です。車両は手前がモ3652、同形に3600形がありますが、高運改造されていない原型の前面は少なかったようです。

P5144755犬山遊園から少し犬山寄りで構えました。ちょうど桜が見頃です。5200形の中間に5050形を挟んだ4連で、5200形は原型の1段下降窓。名鉄の中では一番好きな形式で、この側面窓割をそっくりいただいたフリーを16番で作っています。
 この時のカメラはフジカハーフのモータードライブ。といってもゼンマイ式で10枚くらいの連続撮影ができました。ピントは目測のゾーンフォーカス、プログラムシャッターなので走りものはブレています。

P5144754モノレールも走っていました。

P5144756ライトパープルになった3850系。モのみ全金車体になっているので、モ3859だと思います。

P5144760犬山駅構内で偶然に出会った貨物列車。電機(111)は日本鉄道自動車製のようです。

P5144761原型のイモムシ。

P5144765犬山から少し明治村口犬山口寄りに移動します。3730系の特急 吉良吉田行き。まだHL車が支線直通特急に使用されていました。犬山線、本線内では各駅に止まっているとSR車の足手まといになるため、特急(または急行)としていたものです。

P5144767ライトパープルの元祖となった3780系。行き先は八百津のようです。形式からわかるように足回りはHLです。クーラーさえ付いていれば支線直通はHL車で十分、というのが当時の名鉄の考えでした。

P5144766モ800形で両運の809・810が連結された3M1Tの編成。

P5144768意外にもパノラマカーはこの1コマだけ。まだ増備途中で、犬山線系統への運用は少なかったのでしょう。

2018年1月13日 (土)

鉄道強要講座(荷物棚)

 昨年の3月以来ご無沙汰の強要講座、まだネタをほじくり返してしぶとく続きます。今回のテーマは荷物棚です。

P727052112最も古いタイプ、佐久間レールパークにいたクモハ12です。荷物を乗せる部分は糸を編んだ網なので、昔は「網棚」といっていました。てっぱくにいるナデも同じ作りなので、荷物棚の原型といえるでしょう。

P1200083101101系の初期車もまだ網でした。写真は試作車で、棚の手前に掴み棒がありません。

P2104096_103101系の途中から網は金属になりました。写真は103系で、国鉄の通勤車はこのタイプが205系まで引き継がれます。この網、最近のバッグなんかの留め金(プラ製で矢じりの形をしたやつ)が絡まりやすく、さぁ降りるぞという時に大慌てすることがあります。

P812107320000私鉄では西武も20000系まで金網でした。

P110159607格子状にワイヤーを張った東京地下鉄07系。金網の変形といえますね。同時期の03系や05系もこのタイプです。

P9085768jr115115系1000番代のリニューアル車にも格子タイプがありました。施工した工場は確認していません。

P22427051000意外なところで秩父鉄道1000系(元101系)も格子になっていました。私が確認したのはこの3例で、全体から見れば少数派です。

P42298123700現在に至るまで、荷物棚の主流はパイプ構造です。写真は京成3700形。薄っぺらなファイルなんかは隙間から落ちる恐れがありますが、保守はこれが一番楽なのでしょう。

P81264976500こちらは名鉄6500系。少し奥行きが深いような気がします。以下、パイプ構造のバリエーションをご覧ください。

Pa272884103JR西日本の103系体質改善車。手前に掴み棒がないのは、221系などと共通化しているのかも知れません。

P1311542600京急600形。クロスシートなので手前に掴み棒はありません。ロングシート化されても同じです。

P33060142152階建ての215系。枕木方向で申し訳程度の大きさです。私は見た瞬間に修学旅行で乗った155系を思い出しました。

Pb1287475000平成になった頃から荷物棚にも変化が出てきます。時系列で見て一番おもしろいのは阪急で、いろいろと試行錯誤しているのがわかります。写真は5000系リニューアル車の最初のタイプ。棚の部分は半透明の合成樹脂、恐らくポリカーボネイトでしょう。

Pb22919793009300系の初期車。特急用ということで、ちょっと洒落っ気を出しています。

Pb12874250003本目あたりから金属板のスリットタイプに変わりました。同時期にリニューアルした6300系もこのタイプです。

P52772786000阪急の系列会社になっている神鉄の6000系もほぼ同じ。

Pb13887870007000系リニューアル車ではレール方向の角材(角パイプ?)になりました。

Pb2291411000最新の1000系も同様ですが、角材の本数などが異なります。

P92517728000阪神8000系リニューアル車も角材タイプで手前の掴み棒なし。シートと色を合わせています。

P72341662000スケルトンタイプは阪急以外でも見られます。写真は南海電鉄2000系の後期車で、阪急とは棚の角度が微妙に違うような気がします。

P110159230000西武鉄道30000系は透明のスケスケ。これなら荷物の取り忘れもないでしょう。

Pc28151840000最新の40000系もスケスケ。メーカーは変わってもほぼ同じ構造のようです。

P4156344e233JR東日本はE231系までパイプタイプ、E233系ではプレートタイプに変わり、レール方向に細いスリットが入っています。見上げるとなんとなく鬱陶しい感じで、あまり好きではありません。

Pa150954jr235E235系ではスリットが増えたけど、鬱陶しい感じはあまり変わらない。

Pc1914935000京王5000系も申し訳程度のスリットで、荷物が見えにくい。写真の上が通路側で、クロスシート用の座席番号が付いています。

P220238050504000東急5050系(4000番代)はパンチングボードみたいに小さい穴が開いています。

P4219600ae100最後は特急用車両。京成AE100形です。帯板を格子状に組んだのは、特急用ではよく見られます。読書灯とか冷風吹出し口なども特急用ならではの装備です。

P724430950000極めつきは南海50000系(ラピート)。飛行機を意識したハットラックタイプで、確かJR東日本の651系も同じようなタイプでした。見た目は恰好いいけど、使い勝手はあまりよくなさそうです。

2017年12月31日 (日)

2017年の締め

 振返るシリーズが終わり、やれやれと仲間うちのブログを見ていたら、みなさん「今年の締め」なんていうのをアップしています。今さらとは思うけど仲間外れにならないよう、私も簡単にまとめてみます。

Pc281520世間では御用納めの28日、ふと思い立って(天気がよければ大抵思い立ってしまいます)、西武線の萩山へ。先日復活したという赤電狙いですが、運用が一回りしても来ません。ならばと狙いを変えて所沢へ移動。運よく池袋線の下りに40000系が来ました。3月にデビューしていますが、私にとってはやっとの初乗りです。ご覧のように座席は東武50090系とほぼ同じ。袖仕切りもおとなしめです。

Pc191494こちらは京王5000系。椅子はこちらの方が豪華な感じですが、肘掛けは両側だけで、2人掛けの中央にはありません。袖仕切りもかなり大胆なデザインです。

Pc281521乗ったのが飯能行きだったので、編成写真を撮るため仏子で降り、折返しを狙います。しかし、ここでは後追いになるので、上りの前面が順光になる武蔵藤沢まで戻って待ち構えます。後ろが道路橋にかかりますが、まぁいいでしよう。前面のデザインは東急2020系とか都営5500系ほどのわざとらしさがなく、個人的には許容範囲内です。

P4165020ついでに今年の新車を2題。かなりのペースで増殖している東京メトロ13000系。

P6236182東武500系は亀戸線詣でのついでに撮った1枚だけ。いずれ陽気がよくなったら姫宮あたりまで出かけ、70000系とまとめて面倒みましょう。

Pc301524そして昨日(30日)、20代からお付き合いが続いている鉄仲間が集まってカンパ~イ。

Pc3015264時間ほど飲み、食い、喋ってお開き。みなさん健康でなによりです。
 ということで、2017年もあと12時間。よい年をお迎えください。

2017年12月28日 (木)

2017年を振返る(10~12月)

 2017年も残り4日。年賀状も投函しました。

Pa05081410月、5日に小田急の登戸を観察。1番線(下り副本線)が本線とつながっていました。

Pa0808878・9日は関東合運。初日のJORCは前代未聞の複々線になりました。

Pa10093210日、拝島で西武拝島線を横切る米タン列車を撮影。機関車が西武線とのクロスにかかったところでのカットはピントを外してしまいました。陽が長い時期になったら再挑戦します。

Pa18095718日、鉄道絡みの写真展を見るため、仕事のお付き合いがあるイカロス出版のビルに行ったところ、1階にある「のりもの倶楽部」が閉店になっていまた。

Pa180971その足で試験塗色の第三弾が登場した東武亀戸線へ。昨年から何度も通っているので、沿線の小径も覚えました。

Pb02103111月、シグ鉄さんからいただいた株主優待券を使い、2日に三崎口まで遠征。2100形をイメージした2階バスがいました。三崎まぐろきっぷを持っていないと乗れません。

Pb0611266日、模型スクールの教材はだいぶ電車らしくなってきました。

Pb13120113日、仕事絡みで京急の神武寺へ。

Pb131165ついでに駅名の由来となった神武寺を目指したのはいいけれど、その途中は平坦な道ではなかった。このあと数日間、膝の痛みが続きました。

Pb131177神武寺は標高83mの山中にありました。

Pb131213_2山を下り、えきめんやで季節メニューの牛炙りそばを試食。

Pb26128426日、第1期の模型スクールが終了。10回で一応形になりましたが、4人は細かい部分が未完のため留年します。

Pb27131627日、池袋の新名所? になった電車の顔が鎮座するビルで、トラム関連の写真展が開催されていました。オーナーは鉄研三田会のメンバーです。

Pc17143212月、10日から原鉄模型スクールの第2期が始まりました。写真は2回目の17日。生徒が9人になったので、講師3人でもなかなか細かいところに目が届きません。

Pc18144718日、来年3月で引退となるE351系を撮影。この時期に山線まで出向くのは大変なので、E351系では1本だけとなる東京乗入れを狙いました。

Pc181455せっかくなので、丸ノ内口に降りてみます。駅前広場の整備は7日に完成したばかりです。

Pc181463行幸通りの地下にも広い通路があるのは知らなかった。

Pc19147519日、信濃町でE351系を迎え撃ち。スーパーあずさ6号となっていますが回送です。

Pc191483午後、何度かの京王線通いでやっと5000系と出会いました。後追いは興奮したせいかシャッターのタイミングが狂い、顔が切れてしまった。

Pc23150623日、本日からE353系が営業運転を開始しました。阿佐ヶ谷を通過するスーパーあずさ4号。

Pc27151727日、教材のデハ230形は先週からこの状態になっています。部屋の片付けがすんだら艤装に取りかかり、1月7日に藤沢でお披露目の予定。

2017年12月25日 (月)

2017年を振返る(7~9月)

 いよいよ今年も残り1週間を切りました。急いで後半の半年分を振返ります。

P70762607月、何度か下総中山に通い、まぁまぁのカットが撮れました。64の1000番代はどうも側面のちぐはぐなところが馴染めません。

P7216294小田急の代々木八幡は、橋上駅となる部分が見えてきました。

Dscf49219月から始まる模型スクールに備え、教材の組立に取りかかりました。

P81465528月、鉄たび展の仕事に追われてひと月が終わった感じです。前半は名古屋の高島屋で開催され、連日賑わいました。しかし、1番ゲージの車両は大きくて重く、Oゲージくらいがちょうどよいことを再認識しました。

P8036311名古屋からの帰り道、名鉄堀田の名店街を探索。

P8266752鉄たび展の後半は梅田の阪急百貨店で開催。名古屋に比べると観客は少なめでした。

P8276795名古屋での教訓を生かして線路配置を改良し、運転は格段にスムーズになりました。

P8206684ちょうどJAMの時に、交代で東京に戻れました。話題をさらったモハモハコンペのモジュールレイアウトです。

P8186665せっかく大阪まで出向いたので、平面クロスがなくなった阪堺の住吉を見てきました。

P90668809月、鉄道趣味界の大御所、宮澤さんの写真展が開催されました。中央が懇親会で祝杯を挙げる宮澤さん。

Dscf5089ちょっと財政に余裕ができたので、前から目を付けていたレンズ(写真右)を買いました。これで常用のレンズが2本ともパナソニックになったのは、オリンパスファンとしては少々心苦しい気分でもあります。

P917008710日から原鉄の模型スクールが始まりました。写真は2回目で、立体になりつつあるところ。

P9220169秋分の日前後は関西合運に参加。行きがけの駄賃に福井鉄道を見てきました。ヒゲ線が延長され、駅前広場の端に乗り入れています。

P9220287福鉄の車両がえちぜん鉄道の鷲塚針原まで乗入れます。ふくらむは名前のとおりのビッグサイズで、乗り心地もよかった。

P9220293元飯田線の119系がえち鉄の主力になっていました。

P9230479本命の関西合運は懇親会がある初日だけ参加。運転よりお喋りがメインです。

P9230517環状線でオレンジの103系と最後のご対面。

P9240531翌日は南海高野線を撮影。11000系は泉北ライナー専用になっていました。

P9240541これも私にとっては最後の撮影となるでしょう。

P9260634月末近く、東急世田谷線にネコ電が登場。和歌山電鐵のタマ電車のパクリではありません。

P9290702100周年を迎えた西武多摩川線。同じく100周年となる伊豆箱根バージョンが登場しました。

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31