フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「雑ネタ」の記事

2018年1月22日 (月)

東京に降る雪は

 本日(22日)の東京は天気予報どおり、昼前から雪になりました。戌年の私は喜んで庭を駆け回ることもなく、半田鏝で暖を取っています。で、折角の大雪(東京ではの話)なので、どのくらい積もったのか、時間を追って記録してみました。時刻はカメラに表示された数値です。

P122177314時17分。瓦屋根は完全に白くなりました。

P122177815時08分。電線にも雪が付き始めています。

P122178016時38分。電線がだいぶ太くなってきた。

P122178817時22分。風が強くなり、地面に積もった雪が舞っています。

P1221786同時刻の表通り。車もほとんど通りません。家の前を雪掻きしても、30分たったらその跡が消えています。明日の朝はどうなっているだろうか。

2018年1月 2日 (火)

50万アクセス達成

 昨日、このブログのアクセスが500,000を越えました。

P1011544時刻は16時を少し過ぎた頃、ずっとパソコンの前に貼り付いていたわけではないので、500,000きっかりは撮れませんでした。このブログの始まりは2012年7月、ほぼ同時期に開設されたChitetsuさんのはなんと300万を越えているし、ワンワンさんも200万超え。それに比べれば、50万はまだまだ駆け出しです。

P2104224ということでお決まりのご祝儀画像ですが、流石に50万という形式の車両はありません。ならば50ではどうかというと、意外に現役は少ないのです。過去にはD50、EF50、モハ50、クモハ50、DD50、DF50などがありますが、在庫のある写真といったらこれくらいです。
 昨年の2月、京都の鉄道博物館で撮ったオハフ50。これは車籍のない置物で、真岡鉄道に行けば現役が走っています。私は四国でこれの夜行列車に乗ったことがあり、ドア脇のロングシートは簡易寝台としてそこそこ快適でした。

Pc053363もう一つは伊予鉄道のモハ50形。ややぽってりして垢抜けない車体ですが、今でも松山市内線の主力です。なお、私鉄車両編成表2017によれば、江ノ電10形(レトロ調車体)のMc2がデハ50形、広電の貨50形、一畑電車のデハニ50形の3車種を確認できます。

 ということで次の目標は100万アクセス。しかし、その前にサーバーの容量が満杯になりそうです。

2017年12月14日 (木)

プリンタを買い替えた

 タイトルのとおり、なんの捻りもありません。本日(14日)、我が家のプリンタを買い替えました。

Dscf5124左が古い方で、キヤノンのip4830、右が新品のキヤノンTS5130。これで我が家のプリンタは4代目になります。3代目を買ったのは2011年12月の29日か30日。年内締切りの仕事をやっと片付け、さぁ年賀状を印刷しようと思ったら2代目のプリンタが就労拒否をしたので、慌てて新宿のヨドバシカメラに買いに行きました。
 値段は確か2万ちょっと、4色+モノクロ用顔料インクというそこそこ上位な機種を奢りました。しかし、カラープリントはいささかコントラストが強いし、ハガキを連続印刷するとしばしば空送りが発生。1年くらい前からはインクジェットハガキの設定にすると色ずれが出るようになりました。
 昨日もJORCの例会通知をプリントしていたら、30枚目くらいから空送りが出始め、ついに紙詰まりまで起こして完全にお手上げです。なんのかんので6年も使っているし、今から修理に出したら年賀状が間に合いません。どう考えても買い替えた方が早いと判断して、ヨドバシに直行しました。

Dscf5129今度の機種はコピーとスキャナが付いた複合機で、お値段は15,730円。スキャナはいらないけど、コピーはあれば便利。メインはハガキの印刷だから、カラープリントの品位はそれほど問題にしません。箱から出し、ドライバをインストールして、1時間ほどで使用できる状態になりました。早速途中だったハガキの印刷に取りかかります。
 前のは印刷開始から1枚目が出てくるまでにギコギコガチャガチャやってる時間が長く、印刷している時もギュッギュッとかなり力が入っているような音がします。新しいのは待ち時間も短く、印刷中はシャカシャカという軽い音です。ただし、スピードは古い方が速く、3行くらいを一度に印刷している感じ。新しいのは1行ずつヘッドが往復している感じで、ハガキ1枚(通信面)に30秒くらいかかります。しかし、1度に20枚くらいセットしても空送りは皆無で、私のストレスは大幅に解消されました。

Dscf5125問題はインク。なんとカラー(CMY)と黒の2個だけ。セットは楽だけど、カラーは3色が平均に減ってくれるとは限りません。実際に印刷してみると、モノクロモードはちょっとセピアっぽい単色で、カラーにすると黒がちゃんとした黒に印刷されます。

Dscf5127ハガキ用の後トレイを引き出したところ。古いのより背面の出っ張りが大きいので、これを避けるため蛍光灯スタンドの位置をずらしました。後トレイの送り機構はこちらの方がしっかりしているようです。

2017年12月11日 (月)

手打ち、じゃなかった

写真1枚だけ、瞬間芸的なネタです。

Pc111430ひと月ほど前、地元(といっても中央線の向こう側)に開店したうどん屋。真面目そうな店構えですが、提灯をよく見れば、「手打ち」ではなく「手抜き」になっています。2番目にまずい店、みたいに自虐的な表現なのだろうか。一度は試食してみよう。

2017年9月 6日 (水)

計算が合わん!

 プリンタのインクがなくなったので、ヨドバシ(新宿)まで買いに行きました。メーカーはキヤノンですが、今や地下1階の売り場には、純正品が埋もれてしまうくらい、サードパーティーの製品が溢れています。

P9065099私もこのところ純正品は使っていません。このメーカーの製品がヨドバシのお薦め品として山積みされていました。右が前回買ったもので、基本の3色+黒にモノクロ印刷用の顔料インクが加わった5色のセット。今回も値段は2780円で変わりなしです。
 ところが、その近くにある同じ型番の6色セットには、2270円という値段が付いています。どこが違うかというと、グレーが追加されているわけで、最近のハイグレード仕様に対応しているのでしょう。1色増えてもお値段据え置きならまだしも、5色より6色の方が安いなんて、計算が合わないじゃないか。
 6色になったからといってインクカートリッジが小さくなったわけではないし、それならグレーは使わなくても6色セットの方が得と判断して、こちらを買ってきました。

2017年8月31日 (木)

大阪での一人暮らし

 2度目の大阪行きも夜行バスのプレミアム中央ドリーム305号、バスタ新宿を22:30に発車します。

P8256740名前のように中央道経由で、新宿発車後も谷保駅前、中央道日野、中央道八王子で客を拾っていきます。実質的な距離が長くなるせいかJRのドリーム号でも中央道経由は少なく、境川SAで停車していた夜行バスはこの1台だけでした。

P8266746千里ニュータウンの手前からフロントガラスのカーテンを少し開けてみました。多賀SAで降っていた雨は止んでいます。前方を走るのはグランドリーム337号のようです。2階建てバスの1番前は荷物を置くのも楽だし、ちょっと行儀は悪いですが写真の部分に足を乗せることも可能です。しかし、ハイデッカー車では冬にSAでドアを開けた時に寒いし、1B席は通路との兼ね合いで足を延ばしにくいので、避けた方が無難です。

P8286828大阪の宿舎は北区西天満4丁目。新御堂筋と梅田新道とが交差する東側で、写真の左から2番目のビルです。

P8276770エントランス。名古屋と同じ会社が運営しているので、中へ入るシステムも同じです。

P8276767エレベーターホール脇にあるロビーはかなり立派な造りです。しかし、いつも無人でした。

P8276763今回の部屋は4階の415号室です。部屋の基本的なレイアウトは名古屋と同じだけど、机がちゃちで、壁に鏡がない。照明も単純なオン・オフのみで、常夜灯がありません。

P8276759ベッドから出入り口方向。左はキッチンの奥が風呂場、右は手前からクローゼット、洗濯機、洗面所・トイレとなります。トイレはウォシュレットではなかった。

P8276762_2風呂場。懐かしい風呂桶と再会です。これは引き揚げる時、我が家に持ち帰りました。

P8276755ベランダからの眺め。右が梅田新道との交差点です。26日の夜は下の新御堂筋を暴走族が通りましたが、それ以外は車の音もそんなに気になりません。総合点でいえば、名古屋の方がやや上といえます。

P8276772ビルの前の歩道に、こんな石碑がありました。天満宮とは大阪天満宮のことで、今はJR東西線に同名の駅があります。

P8276776梅田新道をちょっと北に入った所にある露天神社、曽根崎心中に縁の地で、心中した女性の名前から「お初天神」という俗称で知られています。

P8276777中の社殿は工事中でしたが、しっかり参拝してきました。

P8276788境内に住みついている地域猫。ここが定位置のようですが、少々警戒心が強く、遊んではくれませんでした。

P8276785御堂筋の1本裏が神社への参道になっています。居酒屋系の店が多く、夜はまともに歩けません。

P8276786御堂筋に出た所から北を見てみます。正面のビルの茶色っぽい部分が阪急梅田店で、赤丸は従業員用の休憩室です。

P8276813その休憩室(13階)からの眺め。画面のやや上が梅田新道との交差点です。

P8276792もう少し近づくと、JRの大阪駅(画面左)も見えてきます。このあたりから地下に潜り、喫茶店で朝食をすませて阪急デパートに向かいます。

2017年8月13日 (日)

名古屋での一人暮らし

 鉄たび展は私とK村師匠が交代で店番をします。約2週間の長丁場となるため、近所にウィークリーマンションを借りてもらい、そこで寝泊まりするのが原則となります。

Dscf5020私は8日から泊まりになりますが、引継ぎもあるので7日の午後、名古屋に向かいました。途中、三島を過ぎたあたりからもの凄い雨。ちょうど大月付近に大雨を降らせた線状降水帯の端に当たったようです。

P8096392名古屋の宿泊場所は駅の新幹線側(西側)から徒歩7・8分の所にある、12階建てのビルの5階。白い車の後ろが出入り口で、赤丸がねぐらとなる502号室です。

P8096390エントランス。

Dscf5035中に入るとこんなパネルがあり、中央の鍵穴にルームキーを差し込むと、右の扉が開きます。帰ってくるのは21時頃です。

P8096389あとは普通にエレベーターに乗り、5階で降ります。二つ目の扉が502号室です。

P8096387通路から駅方向の眺め。

P80963722箇所の鍵を開けて中に入ります。手前から右は洗濯機、流し、冷蔵庫、クローゼット、左は靴置き場、トイレ、洗面所・風呂場と並んでいます。

P8096371居間兼寝室です。ビシネスホテルと同様の造りですが、机の引きだしに聖書は入っていません。

P8096374風呂場。清潔ですが風呂桶がありません。

Dscf5031やはりないと不便なので、9日の休憩時間に同じタカシマヤ内にある東急ハンズで買ってきました。税込み432円です。腰掛けも欲しいところですが、次への移動で荷物になるので、それは我慢します。

P8096375実はこの部屋、線路に近いので、ベランダからは電車が見えます。EF210が牽く下りの貨物列車。

P8096376電車はほとんどが313系です。

P8096382キハ85系の「ワイドビューひだ」。岐阜でスイッチバックになるので、名古屋発車時に座席は後ろ向きになっています。

P8096385「しなの」の383系と新幹線。

P8096395夜景も撮ってみました。211系ですね。

Dscf5039食事は駅の地下街(エスカ)などを利用しますが、朝はずっとここ。夜は混んでいますが、朝は待たずに入れます。

Dscf5032スクランブルエッグのモーニングセットは税込み592円。主食がパン(数種類あり)、ご飯・味噌汁、ご飯・味噌汁・納豆と選べるので、2回目からご飯と味噌汁にしました。味噌汁は八丁味噌の味でした。
 ここで気分を仕事モードに切替え、9時半頃までには会場に入ります。

2017年7月13日 (木)

駅ソバの代替わり

 なんのかんので月数回はお世話になっている駅ソバですが、少し長いスパンで見ていると、あちこちで代替わりしているのに気付きます。

P1038060このところの東武亀戸線通いで目に留まったのが亀戸駅(JR)構内のソバ屋。以前は「ご利益そば」という、ちょっと変わった屋号でした。

Dscf4824今年の春頃にはこの一帯が工事中でした。そして、最近復活したと思ったら、「いろり庵きらく」になっていました。この店は最初に大井町店を利用した時、つゆが醤油っぽくて深味に欠けるので、以後、ずっと敬遠していました。しかし、ちょうど小腹が減っていたので、ダメモトで入ってみたところ、まぁまぁ及第点のレベルになっていました。
 なお、「ご利益そば」は船橋にもありましたが、亀戸より早く、「いろり庵きらく」に変わっています。

P2108767四ッ谷の緩行ホーム新宿寄り階段上にあった「田舎そば」。あじさい茶屋のベーシックなタイプですが、となりの市ヶ谷にある大江戸そばよりやや高めの値段設定でした。

Dscf4872ここも今年になって「いろり庵きらく」に変わっています。従来の店をハイグレード化していくのがNREの方針のようで、量的には3:2くらいで「いろり庵きらく」が増えています。

Dscf0195新宿駅南口、小田急との乗換え改札口付近にあった「そば処新宿」。間口がひろく、入り口と出口が分けられています。ここもつゆが少し醤油っぽい感じでした。

Dscf4846こちらは私のご贔屓、「そばいち」に変わっています。このところ秋葉原の「そばいち」でもり+ちくわ天を食べることが多いのですが、ひと月ほど前、そこが混んでいてとなりの神田店に入ったところ、そばが妙にぼそぼそしていました。たまたまできが悪い日に当たったのかも知れないので、もう一度確認してみないといけません。新宿店は本来の「そばいち」レベルであることを確認すみです。

2017年7月 6日 (木)

ご近所の曰くありげな建物

 自宅の近所にある、かなり古かったり、あるいは由緒あるというほどでもないけど、なんとなく曰くありげで、ちょっと立ち止まって眺めたくなるような(個人差があります)建物をピックアップしてみました。

Dscf0024自宅から角をひとつ曲がった所で、歩いて1分もかかりません。特に由緒あるとかではなく、ただ古い家です。以前は数軒並んでいましたが、今はこの1軒だけ。よく見れば2軒の棟割り長屋です。空き家ではなく、手前は窓や引き戸がアルミサッシに取り換えられています。

Dscf4223駅に向かう商店街をちょっと入った所にある住宅。そんなに古くはないものの、庭の樹木の茂り方が半端じゃない。

Dscf4226樹木の9割方は竹です。春先に出てきた竹が伸ると、今度は剥がれた皮が道路一面を覆い尽くします。

Dscf4230竹の丈は2階の屋根を越しています。

Dscf4233駅の南側は寺が点在しています。

Dscf4234上の山門の左側にある石塔には、宿鳳山高圓寺と刻まれています。中央線高円寺の駅名の由来となった名刹で、徳川時代初期の開山です。

Dscf4238本堂。

Dscf4240山号。徳川三代家光公が鷹狩りの折、何度かここに立寄られたそうです。

Dscf4249この山門の前から東(環7方向)にすぐの所にある家。もう何年も前から空き家になっています。家と桜の木はどちらが先に存在していたのだろうか。

Dscf4253どこが出入り口なんだかわかりません。

Dscf4255両隣のビルに挟まれていますが、いつまでこの状態が続くのだろうか。

Pc063212駅前から青梅街道まで続く商店街の、もう青梅街道に近いあたりには,戦災を免れた家がまだ残っています。建てられたのは大正時代でしょうか。側面は銅板で覆われ、西欧風の装飾が施されています。

Pc063218反対側から。手前は古本屋でしたが、もう何年か前に廃業しています。まだ人は住んでいるようです。

Pc063216軒先の飾り。何様式なんだろうか。
 以上、もっと詳しく観察したい方は、ご一報いただければご案内します。

2017年6月10日 (土)

こんなバスを発見

 本日、USBメモリーの買いだしなんかで秋葉原に行って来ました。昔のヤマギワの跡にビックカメラが進出するようで、もうプレオープンになっていました。

Dscf4794まだビックカメラの看板は控えめです。この画面の矢印の下に、見慣れないバスが止まっていました。

Dscf4789ビックカメラの方から見たところ。買い物ツアーのバスではなさそうです。

Dscf4786近寄ってみます。SMOKING BUSと書いてあるけど、相撲協会とは関係ないらしい。

Dscf4788運転席の窓になにやら細かい字の説明文が貼ってあります。サンプリングといっているけど、タダでタバコを配っているらしいから、宣伝なのか。

Dscf4784

Dscf4791出入り口の側。中でどんな怪しいシーンが展開しているのか、タバコを吸わない私としては、外から想像を巡らせるだけでした。

より以前の記事一覧