フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「鉄道模型全般」の記事

2017年8月15日 (火)

鉄たび展、名古屋は尾張(終わり)

 12日に帰京し、14日は三度目の名古屋行き。東京7:23発の「のぞみ」は不定期列車のせいかガラ空きでした。鉄たび展はこの日で終わりですが、14時頃まではそこそこ賑わっていました。

P8146553この日の目玉はEF58。アスターの製品をK村師匠が連日の夜鍋仕事で徹底的に手を入れ、最終日に初めての本線運転となりました。大阪での活躍が期待できます。

P8146550最終日は17時で閉場となります。ラスト運転の前には或る列車の屋根を開けて内部を見やすいようにという特別サービスです。

Dscf506117時の時報を合図に撤収を開始。車両の収納もまぁ手際よく終わり、20時半頃にはトラックに積み込んで、一足先に大阪へ向かいました。

Dscf5066その晩は名古屋に泊まって疲れを癒やし、私は15日の午後に一旦帰宅しました。茶色のビルがお世話になったビーズホテル。部屋は最小限のスペースですが、サウナ付きの大浴場があるのはありがたかった。
 明日(16日)は梅田の阪急百貨店で設営。早起きは苦手なので、今夜の夜行バスで大阪に向かいます。初日(17日)を務めれば次の当番は26~28日。なんとかJAMは見に行けそうです。

2017年8月 7日 (月)

これから名古屋へ

 名古屋で開催中の鉄たび展、次の私の当番は8~11日ですが、朝、早起きするのは面倒なので、今日の午後から名古屋に向かいます。自宅に戻るのは12日の夜、それまで音信不通になります。

Dscf5011

2017年8月 4日 (金)

鉄たび展 開幕

 1日は東京8:40発の新幹線で名古屋に向かいます。私としては下りの新幹線に乗るのは久しぶりだし、発車間際で席も海側のA席、いつもとは見える景色がだいぶ違い、何度も乗っている新幹線なのに新鮮な気分でした。

Dscf495911時前に現場到着。写真は12時頃で、これからレールを敷く作業に取りかかります。今でもそうらしいけど、定休日には中でどんな作業をしていても空調はおろか、換気も入りません。今回は営業日なので空調が効いているだけありがたい。それでも1時間も作業していれば汗だくです。

Dscf4965展示ケースもまだ車両を出せる状態ではありません。

Dscf497122時すぎ、外側線に今回の目玉「或る列車」が走り始めました。

Dscf4970内側線ではポイント部分の調整中。きついポイントが混じっているので、C11でもまともに走れません。なんとか本線が走れることを確認して24時のタイムリミット寸前に退出。ホテルの大浴場でパンパンになった足を揉みほぐしました。

Dscf49972日、10時にオープン。入り口はあっさりした造りです。

Dscf4995入るとまず展示コーナー。Oゲージも1/40なのでなかなか見応えがあります。中段の右端にご当地物として名鉄850系(なまず)がいるのですが、何人が気付いてくれるだろうか。

Dscf500216番では日本の主な寝台列車を紹介しています。ライティングが悪く、肝心の列車が逆光になっているのが残念。

Dscf4994一番ゲージの運転コーナー全景。カーブ半径が2.2mと2mなので、大型蒸機の運転はかなり苦しい。初日はまだリハーサルの延長みたいでした。なんとか落ち着いてきた頃、地元のシグ鉄さまがご来訪され、差入れもいただきました。ありがとうございます(このあと来訪される方に差入れを強要するものではありません。ただし、ご厚意はすべて受入れます)。

Dscf4990ヤードがある方が正面となります。「或る列車」のインテリアを目立たせるため、会場全体の照明はかなり落としています。

Dscf4977もうひとつの目玉、20系をC57が牽引します。20系はアスター製の大雑把なものですが、K村師匠が内装を施し、照明も付いています。原鉄道模型博物館で走っている編成の半分を持って来たので、電源車がないことには目を瞑ってください。ちょうど列車が走っているあたりの線路は無理矢理きついポイントを入れたのでヘロヘロです。

Dscf4978「或る列車」は内部を見せるためにゆっくり走らせています。しかし、会場内が暗いのでスマホで撮ったらブレブレになります。かといって普通のカメラでもストロボを焚いたらせっかくの車内照明が目立ちません。
 

Dscf5005ドーンデザイン研究所も特別協力なので、こういうコーナーもあります。

Dscf5012

Dscf50113日は前日にテレビニュースで紹介されたせいか、かなりの盛況でした。いかにも「鉄」とわかるのは少なく、ごく普通の人達が最低でも5分くらいは同じ場所で列車を見つめています。展示ケースも模型だけでなく、説明文もじっくり読んでいるのは、単に暇だからだけではなさそう。作業的にはだいぶハードですが、ここまで食いつきがあると、関係者としても張り合いが出てきます。

Dscf5967なにかと問題があったヤード部分の線路は、K村師匠の夜鍋仕事で綺麗に敷替えられました。次の私の出番(8日)までにはポイントも自動化されているかも知れません。

2017年7月31日 (月)

鉄たび展 開催 in 名古屋

 明日から8月、その2日から14日まで、名古屋で「鉄たび展」が開催されます。

P7316309場所は名古屋駅の真上、ジェイアール名古屋タカシマヤの10階特設会場です。中日新聞社が主催し、原鉄道模型博物館やJR九州、九州鉄道記念館などが協力するもので、熊本地震復興支援企画と銘打っています。
 呼び物は原鉄道模型博物館で展示されている一番ゲージの「或る列車」の走行シーンが見られること。そのため、運転・メンテナンス要員として、私とK村師匠が交代で会場に貼り付くことになります。オープンは2日ですが、準備のため明日は午前中に名古屋入りします。台の上にレールが敷け、試運転ができるようになるのは夕方の見込みなので、それからが勝負時。一番ゲージの運転はほとんどぶっつけ本番に近いので、どんなトラブルが待ち構えているかわかりません。
 新幹線に乗れば東京から名古屋までは1時間40分。房総半島の先っぽに行くより近いので、いつもと違った暇つぶしをという方は、ぜひとも足をお運びください。私は2、8~11、14日に店番しています。

2017年6月16日 (金)

鉄道フェスタ(東武百貨店)

 昨日(15日)から20日まで、池袋の東武百貨店で鉄道フェスタが開催されています。百貨店開店55周年を記念し、「特別展示や体験コーナーなど、家族で楽しめる鉄道博覧会!」というサブタイトルがついていますが、さてその内容は…。

Dscf4815これが入場券。なんと大人で800円です(私は出展者の片割れなので、優待券で入りました)。

Dscf4809まず入ってすぐに、この夏から開始される蒸機列車運転に至る経緯が説明されています。

Dscf4808整備途中や試運転の写真など、ほとんどはすでに公表されている画像です。

Dscf4804こちらが特別展示コーナーのメイン?。最上段がJORCで保管しているスペーシア、2段目が151系で、以上がOゲージ。以下の蒸機列車などはOJで、スペーシア以外は川島コレクションです。

Dscf4801運転はレールクラブ千葉の大レイアウトが目を引きます。

Dscf4797こちらは体験運転もできる小レイアウト。大樹の編成が走っています。

Dscf4813奥にひっそりと止まっていたキハ2000。何人が気付くだろうか。

Dscf4811東武鉄道としては一番アピールしたい500系。カツミの特製品だとか。このほか、東武鉄道の代表車両のパネル、愛称板などの実物展示、映像コーナー、模擬投炭台らしきものなどがありますが、ゆっくり見ても小一時間あれば十分。800円払ってまでお薦めできるかは微妙なところです。

Dscf4814会場外の同じフロアに展示してあった、大きめの500系。1/20くらいでしょう。このほか、書籍や鉄道部品などの物販コーナー、東武沿線の名産品販売などもあります。
 ところで、東武百貨店といえは開店当初は売り場面積の制約に引っかかり、4階あたりが2階ブチ抜きでスケートリンクになっていました。夏も営業していたので、高校生だった私は1学期の期末テストが終わったちょうど今頃、同級生と滑りに行ったことがあります。1時間も滑っていたら、半袖で剥き出しだった腕が冷えて感覚がなくなってきたのも、懐かしい思い出です。

2017年5月22日 (月)

トレインフェスタの食料事情

 恒例のトレインフェスタは今年で18回目、JORCは2011年に欠席したのみで、初回以来の古参メンバーになっています。例によって19日の9時過ぎに我が家を出発。鉄仲間の運送屋の軽トラックに便乗し、稲毛で機材を積み込んで、14時半頃、グランシップに到着しました。すでに待機している会員3人とで設営を開始。17時前には余裕で複線が開通し、18時の前夜祭まで、細かいところの調整をします。

P5195474一夜明けて開館前。某有名クラブ恒例のボード返しです。前夜の反省が足りなかったか。

Dscf4720_2静岡HOクラブの大レイアウトで、開通式のテープカットが行われました。

P5205486JORCはねこバスと体験運転の二本立て。結構忙しくて、もたもたしていると昼飯を食い損ねます。

P5215498私はこの2両を持ち込み、ねこバスの合間に走らせました。

P52155023階からの俯瞰。右がJORC、左がOスケールワールド、奥が名古屋模型鉄道クラブのOJ・Oゲージレイアウトで、会場の中央、かなりのスペースをO・OJゲージが占めています。

Dscf4743名古屋模型鉄道クラブ70周年記念の競作。故 伊藤剛さんの名作「オールドブラックジョー」(中央奥)を会員がそれぞれアレンジして製作しています。

Dscf4713野外のライブで見つけた新顔。京浜のデト20形のようです。

P520549620日の閉館後、静鉄の長沼車庫を覗いてみました。左がA3000形の第2編成。右端はお役ご免となり編成をばらされた1000形。
 トレインフェスタそのものは好天にも恵まれて滞りなく終了しましたが、私にとっては食料事情が少々問題ありでした。

Dscf1115いままで、前泊を入れて足掛け3日間の夕食と朝食各2回は、会場近くのジョナサンを利用していました。こぢんまりとして落ち着いた雰囲気で、なかなか居心地のよい店でした。

Dscf4701ところが、今年は焼き肉屋に変わっていました。

Dscf4695晩飯は宿泊した天神の湯から少し先にあるガストのお世話になりましたが、問題は朝食です。ここからグランシップまでの間にコーヒー屋が3軒あります。

Dscf4697星野珈琲。2階はスパゲッテイー屋です。女性向けの造りなんでパスしました。

Dscf4700関西では有名なコメダ珈琲。以前に一度入ったのですが、こんなもんかな~という感じだったので、選択肢からは外れています。

Dscf4703旧ジョナサンの近くにある上島珈琲。20日はここで朝食です。

Dscf4705セルフサービス式で550円のセット。コーヒーは本格的で文句なしだけど、朝食としてはいささか寂しい。

Dscf474721日は少し余計に歩くことになりますが、ガストのモーニングセットにしました。ドリンクバー付きなので、スープに野菜ジュース、締めのコーヒーまで含めて539円。これでなんとか1日乗り切れそうです。

P5215506昼飯は早めに駅弁を押さえておきました。新顔らしいけど、冨陽軒の駿河ちらしが630円いう値段の割には味、内容もそこそこ。結局2日間、これでした。

2017年5月19日 (金)

トレインフェスタ

 この週末、東京は三社祭で賑わいますが、私の週末はこの時期恒例のトレインフェスタ。準備もあるのでこれから静岡に向かいます。21日夜まで音信不通になりますが、早まって戒名を考えたりしないよう、お願い致します。

2017年5月 4日 (木)

藤沢で模型三昧

 5月3日は憲法記念日、というのは巷の話しで、模型鉄はこの日、何を置いても藤沢詣でをしないと、「あの人は今…」になってしまうのです。

Dscf4597いつもは夕方からお邪魔するのですが、今回はまだ真っ昼間の14時過ぎに会場到着。小田急のダイヤ改正で快速急行が増えたので、時間のロスが少なくなりました。挨拶を兼ねて恒例の儀式、これがないと始まりません。

Dscf4598早速,晒し物の場所を確保します。

Dscf4603外が明るいか暗いかに関係なく、盛り上がっています。しかし、走っている車両は人数の割には少ない。

Dscf4604このあたりには渋い車両が集結。

Dscf4607こちらは技術講習会。

Dscf4611新入会員の紹介がありました。

Dscf4613どこかで見た、ユニークな改造車がぞろぞろ出てきました。

Dscf461613mmのEF50、存在感ありありです。
4時間ほどたっぷり模型漬けになり、熱気で脳ミソが沸騰しそうになってきたので、まだ足元が明るいうちに会場を後にしました。いつもながら、湘南鉄道模型クラブのみなさま、ありがとうございました。

2017年3月31日 (金)

東武鉄道、ダイヤ改正の裏側

 意外というか、やはりそうか、という事実が判明しました。なにやら週刊誌的なタイトルですが、これらのネタはすべて東武鉄道ホームページのお知らせにさりげなく発表されています。

Pb047061まずはこれ。6050系を改造したスカイツリートレインです。元は快速用でしたが、改造により特急用となりました。

Pb257423モハ634形の車内。2人掛け座席はこの位置で固定されています。クハは通常の回転式リクライニングシートです。
 ダイヤ改正関連のニュースではノーマークだったのに、3月9日付けの「3・4月 スカイツリートレイン運行スケジュール」の隅っこを見ると、スカイツリートレインは4月16日をもって運転を終了します、と書かれています。この文面はスカイツリートレインという列車がなくなるということの告知で、車両がどうなるのかには一切触れていません。

Pb257417スカイツリートレインへの改造は2012年10月なので、即廃車はないだろうと思われます。しかし、新製は1988年なので、そろそろ廃車になってもおかしくはありません。まぁ、しばらくは団体用で使うというのが妥当な線ではないかと思われます。

P1038138500系(リバティ)の登場で気になるのは300・350系の動向です。現在は6連の300系が臨時の「きりふり」(浅草~東武日光)、「ゆのさと」(浅草~鬼怒川温泉)、4連の350系が毎日運転の「しもつけ」(浅草~東武宇都宮)と使い分けています。で、3月27日付けのお知らせによれば、300系は4月16日の「きりふり275号」が引退記念列車として運転されます。現行ダイヤで「きりふり」は土休日に上下各2本が設定されているので、上りの「きりふり294号」が300系による最終運転となります(通勤ライナー的な283・285号を除く)。
 なお、ダイヤ改正後も土休日に「きりふり281・284号」が設定されていますが、車両は350系と表示されています。

P7204831350系による「しもつけ」。これはビジネス用途の列車で、ダイヤ改正後も283・282号が残ります。

P1038130一番マイナーな「ゆのさと」は、改正後の定期ダイヤには見当たりません。

Pb257527300・350系の車内。天井はクーラーの突起なくてすっきりしていますが、シートピッチは元が急行用なので少々窮屈です。その分、特急料金はスペーシアなんかより幾分安くなっています。
 実は500系の新製両数と300・350系の両数がどちらも24両なので、最悪、全車置換えかとも考えていたのですが、取り敢えず350系は生き延びるようです。

2017年2月20日 (月)

鉄道模型とあそぼう(本番)

 やっと本番に辿り着きました。今回は土曜(11日)が祝日なので、日曜と合わせて2日間です。

P2124405今年は2日間とも入館者が4000人を越え、昼過ぎでも1時間くらい入館待ちの列ができました。写真は12日の13時頃で、列はまだ左に延びています。

P2114363JORC関西で目に付いた車両を紹介します。この蒸機はフリーですが、なんと、かつてのODCのメンバーが製作したものです。すでに故人となられ、昨年秋に息子さんがヤフオクに出品していました。私も気付いたのですが、JORC関西のブリキ大王様が落札されました。ほぼ50年ぶりに出会えて感無量です。製作者のM氏は私が高校生で初めて京王帝都の本社を訪れた時、車両課に在職していて、いろいろとお世話になりました。

P2124391スイスのクロコダイル。パンタの上げ下げができるけど、DCC仕様なので走ったのはリハーサルの時だけです。

P2124392ロッキー山脈越えに使われたマレー。カーブ通過に少々無理があり、試運転だけで終わりました。

P2114364デモ運転開始の5分前くらい。目ざとい子が151系を見つけ、「あっ、雷鳥だ」。ちゃうやろ、正面よく見てみぃ。こだまって書いてあるやろ。

P2124440さぁ、私の出番。「ちょっと変わった電車だけど、これも阪急なんですよ。ほら、前の行先板の字、読めますか。桂 嵐山って書いてあるでしょ」。てな調子で30分間、喋ります。

P2114367他のクラブの様子はというと…。16番でJORC関西より広いスペースのGTC(ゼネラル・トレインズ・クラブ)。

P2114383日本トロリーモデルクラブ。スペースは小さいけど、車両の密度は凄い。

P2114377Group 9 KANSAI。Nゲージのクラブなので、メンバーの年齢が格段に若い。

というところで、2日間の運転は無事終了しました。ご来場いただいた青春Mさま、差し入れはスタッフ一同の胃袋に収まりました。ありがとうございます。模型とは関係ないけど、11日の夜、大阪環状線で常宿に戻る時、一発で新車の323系に乗れました。

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31