« 77万アクセス | トップページ | 引っ越し準備中 »

2019年11月24日 (日)

玉電デハ60形の製作(その12)

 ちょっとした原稿書きも終わり、週末は工作に取りかかっています。玉電は原鉄の原信太郎大賞模型部門に応募するため、年内に完成させないといけません。もう日数があまりないので、動力装置は手持ち品から流用することにします(後日、正規の台車を作ります)。

Pb231563 
車体側の上心皿にあたる部分は木の角材で取り敢えず高さを合わせていました。ネジ止めするのでやはり金属で作らないといけません。0.5tの真鍮板でこんなパーツを作りました。最初にチャンネル状に曲げる部分は裏から筋彫りしておきます。問題はその次の曲げ。ここで寸法が狂うと車体が傾いてしまいます。ひとつ失敗してから、5本組ヤスリの胴の部分をスペーサーにして曲げればよいことに気づきました。ネジ止めする部分は0.5mmではすぐネジ山が潰れそうなので、補強を兼ねて0.5mm板をもう1枚ハンダ付けしています。

Pb231564
床板に取り付けたところ。台車が首を振ってもドア部分の車体裾に当たらないよう、センターピン位置は所定より6mm内側に寄せています。

Pb231567
台車を取付けたところ。実物よりホィールベースが長く、車輪はやや小さめですが、そんなに不自然ではありません。

Pb231569
カーブではどうだろうか。3線式で半径900mmくらいのレールに乗せてみました。カーブの内側から。

Pb231570
ステップとのクリアランスは問題ない。

Pb231572
カーブの外側はどうだろうか。

Pb231573
こちら
も問題なし。もう2mmくらい外側でもよかったかも知れませんが、そこは正式な台車にしてから調整します。

Pb231576
線路のねじれに対応できるよう、0.5mm厚のワッシャを接着。ただし、これでは車体のフラ付きが大きくなります。片方の台車はセンターピンビスの頭と枕梁の隙間をほんの僅かにして振れを抑え、実質的な3点支持にしています。

Pb241580
モーターも配線しました。2個直列になります。プラグもフリーの市電から流用しています。レールに乗せて
極性も確認。直列でも足の引っ張り合いはなく、スローも効きます。

Pb241581
ベンチレーターも接着しました。

Pb241586
反対側から。このあと、窓の保護棒を取付けます。非パンタ側の前面はジャンパ栓とエアホースが付きます。ジャンパ栓はパーツがあったけど、エアホースはどうしようか。車号とT.K.Kの文字も使えるインレタがなさそうだし。

« 77万アクセス | トップページ | 引っ越し準備中 »

0番鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

そんなコンテストがあったのですか! 講師ならそれなりの受賞は必須でしょうね。楽しみです。
車号とT.K.Kの文字などインレタ不要です。 ペーパーを抜いて貼りましょう!!

鼻先にご馳走が在るとやりがいも出ますね。

OER3001さま、
TKKはまぁいいとして、数字の切抜きはちょっと面倒そうです。

ぬか屋
Oゲージのクラブの一員として、出さないわけにはいけないという義務感です。

そのコンテスト、知りませんでした。
まぁ、知っていたからと言って、出せるようなモケーもありませんが〜。
Oゲージ主体なんですか?

Cedarさま、
対象は1番、またはOゲージの直流2線式に限ります。詳細は原鉄道模型博物館で検索してください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 77万アクセス | トップページ | 引っ越し準備中 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ