« 68万アクセス | トップページ | 京急800形、オリジナル塗色編成の記録 »

2019年4月 9日 (火)

横浜シーサイドライン、30年かかって0.2km延長

 新杉田~金沢八景間の横浜シーサイドラインが開業したのは1989(平成元)年7月のこと。新杉田でJR根岸線、金沢八景で京浜急行と接続するはずでしたが、金沢八景は土地収用が間に合わず、京急の駅から200mほど手前に仮駅を作っての営業となりました。普通、こういった場合は数年後に目出度く正式開業となるのですが、いつまでたっても京急とつながる気配はなし。まぁ、水面下ではいろいろとあーだこーだがあったのでしょう。そして間もなく平成も終わるという先月の31日、やっと0.2kmが延び、念願だった京急との接続が実現したのです。

P4047965 
4月4日、夕方から原鉄に用があるので、その前に金沢八景まで足を延ばしてみました。京急の線路の海側(三崎口に向かって左側)にシーサイドラインの駅ができあがっています。京急とシーサイドラインの車両を画面に収めるのは、28mmレンズでぎりぎりでした。

P4047963 
京急の改札口は線路の下から上に変わりました。従ってホームの地下道は一部を除いて使用停止になっています。

P4047970 
改札口は橋上駅舎の3階になります。いまのところ改札ゲートは海側だけですが、いずれ山側にもできるようです。

P4047975 
ペデストリアンデッキから見た改札口。シーサイドラインの駅はこの右手です。

P4047974 
上の画面の位置から振返ると駅前広場が見渡せます。左がシーサイドラインの駅。ホームの下も通路で、横須賀街道の交差点に降りる階段が見えています。

P4047972 
シーサイドラインの駅はデッキから少し高い位置にあります。渋谷の地下鉄銀座線降車ホームと連絡通路の位置関係と似ています。

P4047977 
シーサイドラインの改札口。ホームは左が1番線、右が2番線です。

P4048045 
今のところ電車の発着は1番線のみです。しかし、しばらくご無沙汰していたら電車も代替わりしていています。昔は鉄腕アトムのステッカーが貼ってあったな。

P4048016
 まだ使用停止の2番線側には、延長を祝う花飾りが置かれていました。

P4048017 
なんと、そのスポンサーは関東学院六浦高校、中学の鉄研でした。

P4048024 
列車に乗り、延長区間を初乗りします。すぐ先が仮駅で、当面、仮駅からここまでは単線運転です。

P4048026
 30年頑張った仮駅。線路を跨ぐ通路があり、左のエレベーターと階段で地上に降りていました。

P4048030 
仮駅を過ぎると本来の複線になり、シーサイドラインの名前に偽りなしの車窓風景が展開します。

P4048040 
となりの野島公園で降りて引返し、仮駅を反対側から見てみましょう。ホームは本来の線路上に建てられているのがわかります。これを撤去しないと複線になりません。

P4048043 
金沢八景到着。

P4047983
 橋上駅舎の通路を山側に出てみます。これは階段の途中から。もう少し左に振ると総合車両製作所が見えます。こちら側にあった藁葺きの民家はなくなり、小規模な駅前広場が整備されるようです。

P4048006 
地上に降りました。正面が橋上駅舎への入り口。近い将来、駅ビルになるそうです。右が使用停止となった今までの改札口です。

P4048012 
旧改札口の一部はエレベーター専用改札口として残されています。その右の山側へ抜ける通路も通行可能です。

P4048002 
南側から見た駅前広場。左もビルが建つらしい。

P4048000 
北側から。今のところシーサイドラインの車両が見えるのはこちら側だけです。

P4048051 
横須賀街道の交差点から仮駅を見てみます。

P4048055 
仮駅に上がるエレベーターも使用停止です。

P4048053 
交差点のほぼ同じ位置から振返ります。たったこれだけの距離を延ばすのに30年!。平成のうちに間に合ってやれやれというところでしょうか。

« 68万アクセス | トップページ | 京急800形、オリジナル塗色編成の記録 »

1/1 私鉄」カテゴリの記事

コメント

この翌日、金沢八景で、シーサイドラインの駅ってこんなに近いのかー、根岸線に乗り換える必要があったので(昼メシの必要ですが・・・)これで新杉田へ向かうのも手かなーと思いつつ、やっぱり昔ながらに杉田で乗り換えてしまいみやした・・・
800にもふられ、シーサイドラインの延長も知らなかったオレは逝ってきます・・・・

それにしても、相変わらずの行動力に脱帽です。 シーサイドライン、どうも鉄道としての魅力は感じられないので未だ乗っていません。

わんわんさま、
苦節30年、やっと本来の姿になったわけです。私、最近はよく800と遭遇します。

OER3001さま、
新交通システムもよく見れば結構細かい違いがあっておもしろいです。シーサイドラインは景色もいいし、この週末(13日)は車両基地の公開もありますよ。

この手の新交通、実は結構面白いですよね。ここはまだ乗ったことがないので、今度行ってみます。

シグ鉄さま、
基本となる案内方式だとか、電源の違いとか、突っ込みどころはいろいろあります。シーサイドラインは景色がいいですよ。首都圏では産業遺産みたいな山万の路線もあります。

やっと繋がりましたか。近隣の車両メーカーや電機メーカーに出かけた際乗車しましたが、
京急の駅からシーサイドラインの駅までの歩道橋が長く感じた事を思い出しました。

ぬか屋さま、
できあがった所を見れば、たかだかこれだけの距離になんで30年もかかったのかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 68万アクセス | トップページ | 京急800形、オリジナル塗色編成の記録 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ