« 玉電60形の製作(その2) | トップページ | 恒例、鉄道模型とあそぼう »

2019年2月12日 (火)

66万アクセス

鉄道模型とあそぼうの報告も控えていますが、時間の都合でこちらを先に片付けます。大阪に出発する前日(7日)の夜に66万アクセスとなりました。

P208466966(ロクロク)と来れば、やはりこれでしょう。この時は吹田で早朝に待ち構えていたのですが、雪のせいとかで3時間ほどの遅れとなり、新大阪で腹ごしらえして、また戻ってきました。

P3021714ブルトレをもうひとつ。これは静岡地区の113系のラスト撮影に行ったときのオマケです。国鉄にはキハ66なんていうのもいて、昔、九州の日田彦山線で撮った覚えがあるのですが、ポジを探すのが面倒なので割愛します。

Pb229210大阪市交の66系。今はリフレッシュ改造が進行中で、顔つきも少し変わっています。

P8226453頭に66がつけばよいと拡大解釈して、南海のサハ6601形です。登場時はサハ6801形でしたが、冷房化の時に形式変更されています。

P6033429近鉄は南大阪線に6600系がいますが、2連4本の少数派で写真がありません。6620系でお茶を濁しておきます。

P1280263これも国鉄ですが、取っておきは最後に登場です。なんで113系が出てくるんだと思ったあなた、よ~く見てください。クハの台車はTR48だし、モハのパンタはPS13、車体裾のカーブもなんとなくおかしい。勿体つけなくてもわかる人はおわかりでしょう。73系を身延線用にアコモ改造したクハ66とモハ62なのです。
 4連3本ですが、台車の違いで0番代、300番代(クハのみ)、500番代(モハのみ)と分けられていました。これを手本にして仙石線用には103系もどきのアコモ改造車が登場します。103系もどきは後に本当の103系になりましたが、こちらは115系にはなれず、10年ほどで廃車になっています。

« 玉電60形の製作(その2) | トップページ | 恒例、鉄道模型とあそぼう »

雑ネタ」カテゴリの記事

コメント

66万アクセスって流石に凄いですね。それだけこれを期待している方々が多いということです。全国区なら当選確実かも知れませんぞ。
ところで、玉電には60形がありましたが・・・、6両は居なかった?

66ですか・・EF66はさすがに知っていますが、あとは・・
この数字、ナッキン・コール、ルート66。セルジオ・メンデス&ブラジル66、マシュケナダ、その辺に行くようでは鉄失格ですね。

OER3001さま、
世の中、結構へそ曲がりも多いということなんでしょうか。玉電の60形は残念ながら65まででした。

シグ鉄さま、
ルート66、懐かしいですね。映画ではボンネットが四畳半くらいありそうなアメ車が、これでもかと走り回っていました。

66形も66号も思いつかずに、コメ出来ずにいました。
無理矢理ひねり出すと宇治川66(山陽)、琴電66号とか、実物見たこともないどマイナーなのしか出てきません。

Cedarさま、
この先、69まではかなりネタが限られますね。伊予鉄市内線のモハ50形に66がいたはずです。

う~む、「世にナンバーのネタはつきまじ」(モハメードペーパさん)、でしょうか。私も知っているポピューラなものから貴重価値車輌まで、すごいネタです。私が思いつくのは「ロクロックビ」くらいかな?

国電ならばローカルのクハ66よりも本線用のサロハ66を思い浮かべます。
レイバンズのクハ47151は、生まれはサロハ46でしたが間もなくサロハ66020を襲名した、窓配置に最初の流電の面影を残す人気車両です。よくぞ模型化されましたね。
ワケアリでこれをアップされてもよかったのでは?

追伸:玉電60、どのような駆動装置になるのか楽しみに待ちます。

ぼっちぼちさま、
形式、車号をネタにするのが本業でしたから、あとは手元に写真があるかどうかです。

用賀老爺さま、
サロハ66は現物を見たこともないし、写真もないので知らんぷりを決め込みました。蒸機に6600という形式もあったようですね。
60形の駆動装置は、単純な吊掛式になると思います。

レア物はクハ66でしたか。
当時鉄本で見て、なんじゃこりゃ〜でしたが、今思うとぜひ乗って体感したかったです
66マンおめでとうございます

国電好きにとって66といえば、クハ66ですね。当時走っていた身延線まで撮りに行き乗ってきました。
鉄に疎い人から、「何処へ撮りに行ったの」と聞かれ、「はだかじま(波高島)」といったところ、驚かれました。別の漢字(裸島)と思ったそうです。
ジグ鉄さんの洋楽、よくラジオから流れていたのを思い出します。

青春Mさま、
飯田線もこれで近代化を目論んだようですが、改造に思ったより金がかかるんで、や~めたになったそうです。

八千代運転所さま、
身延線を真面目に撮ったのはこの時だけです。62系はよく見るとサボ枠の位置が中央と端の2タイプあります。写真の編成は4両とも中央でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 66万アクセス:

« 玉電60形の製作(その2) | トップページ | 恒例、鉄道模型とあそぼう »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ