« アルペンルートの無軌条電車 | トップページ |  2018年を振り返る(1~3月) »

2018年12月 8日 (土)

鉄分なしの小ネタ3連発

 別に小ネタをシリーズ化しようなんて気はないのですが、意外とこういうジャンルの方がアクセスは増える、というのも事実なのです。

P9054885小ネタ その1はひげ剃りです。上がもう5・6年は使っていたシック(Schick)クアトロ、4枚刃の電動式です。ひげ剃りに初めて2枚刃が出たのはもう40年以上前でしょうか。その当時はかなり革命的なことでしたが、いつの間にか2枚より3枚、3枚より4枚と刃が増えていきました。さらにモーターで刃を振動させると深剃りが効くということで、確かに電動式の4枚刃はなかなか快適な剃り心地でした。
 しかし、最近になってモーターのパワーが落ちてきたようなので代わりを買おうと思ったら、今や5枚刃が主流になっていて、4枚刃の電動式は廃盤になっていました。下がその5枚刃で名前はハイドロ。振動の強さが3段階に調節できるようになっています。で、使い勝手はというと…、ダメでした。5枚も刃が並んでいるからかえって曲面に追随しにくいし、際剃りなんかもどこまで刃が当たっているのかわかりにくいのです。

Pc0463672月ほど使ったけど、やはり慣れません。勿体ないけど戦力外通告して、普通の4枚刃に買い換えました。下が現在使用中の4枚刃です。使ってみれば剃り加減は電動式と変わらないし、もみあげの位置なんかもきっちり見当がつきます。
 ということで、これからひげ剃りの買い換えを考えている方、5枚刃の必要はありません。4枚刃の方が使いやすいですよ。

Pc046361小ネタ その2はホチキスです。右がもう20年くらい使ったやつ。ビジネスショーかなんかの景品でもらったもので、脇に「インクのいらない印刷機 デュプロ」という文字が入っています。左がご新規さんで、メーカーはどちらもPLUS。ST-010Xという型番です。

Pc046363わざわざこれを選んだのは、綴じた部分が嵩張らないという謳い文句に惹かれたからです。右は普通のホチキス、左が新しいので綴じたところ。針の太さは変わらないけど、丸みが付かない分だ
け嵩張らないというわけです。確かにこの丸みは気になるんで、個人的にはペンチでつぶしたりしたことがあります。

Pc046365何枚か重ねると違いが出てきます。まぁ、綴じる位置を少しずつずらせばいいんですが。

Pc066388小ネタその3はマウスです。今まで使っていたのがロジクールのM235というやつ。無線式で私の手にはちょうどよい大きさです。しかし、長年の使用でホィールと側面の指が当たる部分に貼ってあるゴムが劣化し、こびりついたゴミをケガキ針で取ろうとしたら、ボロボロと剥げ落ちてしまいました。

Pc066385これでは触り心地もよくないし、長年の指の脂のせいか表面も少しベタつく感じがします。マウスそのものの機能は健全なので勿体ない気もするけど、これも戦力外通告としました。

Pc056373数日前、ヨドバシで新しいのを買ってきました。やはりロジクールのM186という型番で、お値段は1040円。当然ながら無線式です。

Pc066384新旧を並べてみました。左がM235、右がM186です。型番からM186の方が格下のようで、スリット部分にあった電池の減り具合を示すインジケータがないし、指の当たる部分が樹脂のままという違いがあります。ホィールを回す感覚も少しカクカクしていますが、これはそんなに気になりません。

Pc066391M186(左)は青い部分と黒い部分の境に微妙な段差(整形時のズレ)があり、指先に引っかかる感じなので軽くヤスリをかけ、滑らかにしました。クリックがM235より少し重いかなと思うけど、メリハリが効いているので使い勝手は上々です。

« アルペンルートの無軌条電車 | トップページ |  2018年を振り返る(1~3月) »

雑ネタ」カテゴリの記事

コメント

電動式のカミソリがあるとは知りませんでした。横にずれたら皮膚が切れませんか?
ステップラの針が平らなのは外しずらいんですよね。怖くってピンセットで外しています。

ぼっちぼちさま、
刃の振動は縦方向だから、横に少しくらいずれても大丈夫です。ただ、爪の先にはちょっと触れただけでも結構食い込みます。

ホッチキス、ペンチで締め上げないと気が済みません。
そんなコトするの自分だけだろうと思ってました
ああよかった(笑)

青春Mさま、
模型をいじくるヤツはいろいろと道具を持っているので、同類は結構多いんじゃないかな。
予想どおり、コメントは少ないけどアクセスは増えています。

普通のシェーバーは網の中に剃ったヒゲは溜まりますかこの手の剃刀゙はどこに溜まるのですか?

ぬか屋さま、
刃の構造は特に変わりないので、取り扱いも振動しないタイプと同じです。

ひげ剃りビギナーの私には非常に参考になりました。
年とともに下半身同様ヒゲにコシがなくなり、電気剃刀では剃りもれが出るようになりました。
40年ぶりに手剃りに戻ったので、あまりの進化にわけわからんと4枚歯を買いましたが、間違った選択ではなかったと安心しました。

シグ鉄さま、
2枚刃、3枚刃はほとんどが使い捨てタイプのようです。替え刃も結構いい値段なんで使い捨てタイプにしたこともありますが、肌への当たりがきつくて年寄りには向きません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄分なしの小ネタ3連発:

« アルペンルートの無軌条電車 | トップページ |  2018年を振り返る(1~3月) »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ