« 関東合運 | トップページ | 蒲田のオマケ »

2018年10月12日 (金)

我孫子×4

 また関西合運の前日、9月21日に戻ります。橋本から難波行きの急行に乗り、中百舌鳥で下車。14時近くなり、ここらで昼飯と思ったのですが、中百舌鳥駅前には私が入れそうな店がなく、そのまま地下鉄御堂筋線に乗りました。

P9215318市営から大阪市高速電気軌道になった地下鉄ですが、車内のこの掲示は最新の30000系にも引継がれています。

P9215321ここが第一の目的地。

P9215324外に出てみます。

P9215326ここはあびこ筋と府道42号線の交差点で、駅の所在地は大阪市住吉区苅田7丁目。あびこ筋を境に西側が我孫子東2丁目になります。駅名は地名ではなく、駅の近くにある「あびこ観音」に由来しているそうです。

P921533142号線を西に向かって歩きます。晴れてきたのはいいけど、かなり蒸し暑い。途中で見かけたあびこ観音入り口という看板は撮り忘れました。5~6分歩き、前方に高架線が見えてきたあたりで北に向きを変えて数分、我孫子町の商店街に出ます。

P9215332商店街を西に数分でJR阪和線の我孫子町に到着。東口は駐輪場があってゴチャゴチャしています。

P9215335西口の方がすっきりした写真が撮れました。ここの所在地は住吉区我孫子3丁目なので、我孫子町と名乗っても文句は出ないでしょう。高架の下にガストがあったので、遅い昼飯にしました。

P9215336次の目的地までは少し距離がありそうなので(満腹なのと暑いので歩くのをサボっただけ)、ここから阪和線の下りに乗り、大和川を渡って三国ヶ丘で南海高野線に乗り換えます。両線とも各停は15分毎なので、ちょっとの移動はタイミングが悪いと待ち時間の方が長くなります。

P9215348再び高野線の上りに乗り、大阪市に戻りました。もう、何を目的にして暑い中を歩いているのかはおわかりと思います。

P9215356上りホームの改札口。上下線に独立した改札口があり、連絡通路がないというの南海特有の構造です。

P9215353下りホームの改札口。駅所在地は住吉区遠里小野1丁目なので、地名を取れば遠里小野でよいはずです。

P9215355駅舎のとなりにはこんな店ができていました。南海の系列店のようです。

P9215362駅裏の古い家並みを抜け、また42号線を西に歩きます。ここはあべの筋との交差点。遠里小野は「おりおの」と読むんですね。

P9215364いよいよ最後の目的地も近くなりました。

P9215365あびこ道商店街は屋根付き道路という状態でした。

P9215367あびこ道に到着。駅名標の様式は南海と同じです。駅所在地は住吉区清水丘3丁目。

P9215373電車の表示もかなと漢字を併用しています。○○前という駅名は関東でもありますが、○○道という表現は関西特有ですね(といっても他には六甲道くらいしか思い当たりませんが)。
 というわけで、地下鉄あびこから昼飯を挟んで約2時間、「我孫子」と付く駅を訪ねるミニトリップは終わりました。こんなアホらしいこと、真夏や真冬にはとてもできません。

« 関東合運 | トップページ | 蒲田のオマケ »

鉄道関連」カテゴリの記事

コメント

我孫子ー我孫子町ー我孫子前ー我孫子道ですか、こういう企画は面白いですね。
六甲道しか思いつかない?
師の潜在意識の中には春日野道、俊徳道などがあると思いますが・・・

関東だと新とか本とか東西南北つけるくらいですね。こういう変格活用みたいなのも関西独特なのかも?

「我孫子(あびこ)」は中国では人を罵るときときに使う下品な侮蔑用語だそうです。
「馬鹿野郎」や「ど阿呆」以上の悪口雑言なので放送禁止用語になっているらしい。
日本では少し字が違うのも含めると全国に地名や姓名が存在しているのに…

シグ鉄さま、
前々から考えていたのですが、なかなか一度に回る機会がなかったのです。俊徳道、春日野道はベース?となる俊徳、春日野という駅がないので対象外とします。

Cedarさま、
○○道は関西独特の表現のようですね。感覚的にはあびこ道からあびこへと行った方がおもしろかったかなと思います。

知ったか仏陀さま、
ということは中国由来の地名ではないということですね。安孫子とか吾孫子もあるようです。

こんばんは
先生、六甲の場合は神鉄六甲も入るのでしょうか?
一気にハードル高くなりますが・・・
あ、いや、何も企んでません(爆)

青春Mさま、
○○道、○○口という変格活用的なものに限定し、東西南北だとか社名を冠したものは除くという内規があります。なんか企むんだったら、3回半くらい捻らないとダメですよ。

師の内規とは真逆ですが浦和について・・
東南西北 白(なにも書いてないので浦和本体)武蔵、中
武蔵が發だったら国士無双と思ったことがあります。

シグ鉄さま、
○浦和は大宮への対抗意識ではないかと思います。その気になれば、まだ上浦和と下浦和の枠が残っていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我孫子×4:

« 関東合運 | トップページ | 蒲田のオマケ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ