« ちょっと珍しいEB58をいじくる(その2、足回り篇) | トップページ | 昨日は例会でした »

2018年7月27日 (金)

ちょっと珍しいEB58をいじくる(その3、ほぼ完成)

 猛暑日が続く7月18日、ベランダで塗装しました。

P7184165ブリ
キ大王様の指示に従い、車体は茶色(ぶどう色2号)にしました。画面の左にクーラーの室外機があり、熱風が吹付けるので、すぐに乾燥します。吹いたらすぐサッシを締め、冷房の効いた室内に逃込むのです。

P7184167足回りは黒。パンタは銀にするつもりですが、下塗りは黒がいいというので、一緒に吹いておきます。

P7184168半信半疑で銀を吹きました。いきなり銀を吹くよりも乗りがいいようです。

P7264192帯とナンバープレートのマスキングを剥がし、数日間放置します。塗膜が落ち着いたところでパンタ取付け、足回りを組立てて走行状態を再確認します。車体の一部に柚肌っぽくなった所がありますが、1m離れれば目立たないのでよしとしましょう。

P7254190前照灯の配線は片方が車体にハンダ付けしてあります。もう一方の線が剥きだしなので、熱伸縮チューブを被せました。そのあとドライヤーで暖めたけど、たいして縮みません。伸縮率70%だとこんなものなのか。

P7264193仮組、といっても車体を乗せただけです。このEB58、カツミと宮沢は側面の窓が2個なのですが、ナニワ科学のは3個です。

P7264197斜め上から。こうするといくらか腰高感が打ち消されます。実は29日の例会に大王様がウエイトを持って来られるので、それを付随軸側に取り付けてからライトの配線をして、完成とします。

« ちょっと珍しいEB58をいじくる(その2、足回り篇) | トップページ | 昨日は例会でした »

0番鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

EBも良いけど、それよりまた良い塗装台ですね。
今度、この塗装台のことを解説して欲しいです。

EB58の窓はどうされるのでしょう?
当時を偲ぶなら‘風通し’でしょうが、小生は窓セルくらい貼りたいですが。

OER3001さま、
実は特注品で…なんてことはありません。既製品にちょっと手を加えただけですが、いずれ紹介します。
窓は指示がないのでこのままです。窓周りの平面度が悪いので、窓セル貼るとしたらかなり大変そうです。

ノーテンキなどとほざき誠に申し訳ありませんでした。素晴らしいできあがりです。
エアコン室外機! この酷暑では乾燥どころか塗装焼付けまで期待できるのでは?
てっきり青大将にすると思いきや、この色でしたか。
これってお召列車の色とは違うんでしたっけ・・・

良い色です。大きい動輪とのアンバランスも良いです。ホントに昔の入門機。

シグ鉄さま、
色は所有者の指示ですから。お召し列車(御料車とEF5861)の色は、漆の色に近づけるため少し赤みが強いようです。

ぼっちぼちさま、
前後がスケスケなんで、先輪をつけたくなります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと珍しいEB58をいじくる(その3、ほぼ完成):

« ちょっと珍しいEB58をいじくる(その2、足回り篇) | トップページ | 昨日は例会でした »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ