« 小田急、成城学園前での折返し | トップページ | 恒例、藤沢詣で »

2018年4月30日 (月)

またまた西武多摩川線

 西武多摩川線は本線系統と接続していない離れ島路線で、3カ月に一度、検査のため車両が入れ替わります。昨年10月に伊豆箱根色が入り、今年の1月にはこれが本線に戻り、交代に赤電色が入線。4月には白いの1本と入れ替わって、黄色とベージュのオリジナル塗色編成が入っています。赤電も残っているので、黄色との並びが撮れるチャンスもあり。それほどの西武ファンではないけど、放ってはおけません。

P4262884出かけたのは先週の26日。運よく赤と黄色が動いていました。12時過ぎなので新小金井ではホーム屋根の影が上りの前面にかかっています。

P4262887ならばと白糸台の交換を狙います。望遠目一杯(350mm相当)なので、陽炎の影響が出ていますが、このくらいの大きさで見ていれば問題なし。

P4262888編成写真は見事に失敗。ここはもう少し早い時間でないと、側面に陽が回りません。

P4262891編成写真を撮るなら是政です。ここは線路がほぼ東西なので、13時過ぎは理想の光線状態ですが、側面に電線の影がぁぁ。2月に来た時は画面右から2本目の太い電線の影が落ちていました。今は陽が高くなってその影はかわせたのですが、その左の高い位置にある電線の影が落ちているのです。

P4262899少し薄雲がかかってくれるといいのですが、こういう時に限ってカンカン照りです。

P4262900逆向きの方が影が目立ちにくいようです。もう一度、午前中に来てみるかな。

P9290702これは昨年の9月29日。電線の影は最後尾にほんの少しかかっています。ということは、春分、秋分の頃が影のかからない理想の状態ということか。

P4262897おまけはカメラを構えている背面にある、古いアパート。いわゆる団地タイプですが、もう住んでいる人はいません。

P4262894立派なプレートがあります。

P4262895元は郵政省の官舎だったらしい。少なくとも数年前から遊休状態です。

« 小田急、成城学園前での折返し | トップページ | 恒例、藤沢詣で »

1/1 私鉄」カテゴリの記事

コメント

赤と黄色は懐かしいのだけど、赤の方は何とかならないのかな?701、801のイメージが頭に残っているので、どうしても違和感をぬぐいされないので困っています。

我が世田谷区はじめ、東京の近郊にはいわゆる官舎のあとがあちこちありますね。遊休地のまま放置も腹立ちますが、跡地に高層マンションが建つと、税金で買った土地売っぱらって儲けやがって!と思います。

ぼっちぼちさま、
平凡なようでも、オリジナルの塗り分けはよく考えられているなと思います。

Cedarさま、
駅から徒歩5分、南武線、武蔵野線も使えるとなれば、そこそこの物件といえますが、数10年前の是政といったら、土地代なんて二束三文みたいだったのでしょう。

ぼっちぼちさま同様、赤編成の全面はNGですね。
窓枠は黒で良いではないですか。

wiki によると多摩川線の車両は武蔵境ー(中央線)-国立スイッチバックー(武蔵野線)-新秋津と甲種輸送されるそうです。
そのルートでは昼間には走らないんでしょうね。

OER3001さま、
小田急3000形(SEではない)を黄色と青にするとしたら、前面はどうなるか。塗り絵でもやってみましょうか。

シグ鉄さま
 多摩川線車両の入換え、その昔は国分寺~武蔵境間で、下河原線用のモハ40が三鷹に入出庫するのに併結していたそうです。武蔵野線開業で秋津~立川~武蔵境となり、立川の貨物営業廃止で秋津~八王子~武蔵境となっています。
 中央線が高架になる前は昼間に回送があり、私も一度だけ武蔵境での入換えを撮影しています。

この線は午前中の10時頃が良さそうですがそれでも架線の影にきおつけて下さい。
それと本線とのやり取りは全・重検時ですので特別な事がなければ3カ月で
なく3年だと思います。

 多摩川線は従来から3月に一度、車両の交代があります。ただし、本線に引き揚げた編成は3月後にまた多摩川線にもどります。というこは、各編成が本線にもどるのは2年に1度ということになりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またまた西武多摩川線:

« 小田急、成城学園前での折返し | トップページ | 恒例、藤沢詣で »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ