フォト
無料ブログはココログ

« これから名古屋へ | トップページ | 鉄たび展、名古屋は尾張(終わり) »

2017年8月13日 (日)

名古屋での一人暮らし

 鉄たび展は私とK村師匠が交代で店番をします。約2週間の長丁場となるため、近所にウィークリーマンションを借りてもらい、そこで寝泊まりするのが原則となります。

Dscf5020私は8日から泊まりになりますが、引継ぎもあるので7日の午後、名古屋に向かいました。途中、三島を過ぎたあたりからもの凄い雨。ちょうど大月付近に大雨を降らせた線状降水帯の端に当たったようです。

P8096392名古屋の宿泊場所は駅の新幹線側(西側)から徒歩7・8分の所にある、12階建てのビルの5階。白い車の後ろが出入り口で、赤丸がねぐらとなる502号室です。

P8096390エントランス。

Dscf5035中に入るとこんなパネルがあり、中央の鍵穴にルームキーを差し込むと、右の扉が開きます。帰ってくるのは21時頃です。

P8096389あとは普通にエレベーターに乗り、5階で降ります。二つ目の扉が502号室です。

P8096387通路から駅方向の眺め。

P80963722箇所の鍵を開けて中に入ります。手前から右は洗濯機、流し、冷蔵庫、クローゼット、左は靴置き場、トイレ、洗面所・風呂場と並んでいます。

P8096371居間兼寝室です。ビシネスホテルと同様の造りですが、机の引きだしに聖書は入っていません。

P8096374風呂場。清潔ですが風呂桶がありません。

Dscf5031やはりないと不便なので、9日の休憩時間に同じタカシマヤ内にある東急ハンズで買ってきました。税込み432円です。腰掛けも欲しいところですが、次への移動で荷物になるので、それは我慢します。

P8096375実はこの部屋、線路に近いので、ベランダからは電車が見えます。EF210が牽く下りの貨物列車。

P8096376電車はほとんどが313系です。

P8096382キハ85系の「ワイドビューひだ」。岐阜でスイッチバックになるので、名古屋発車時に座席は後ろ向きになっています。

P8096385「しなの」の383系と新幹線。

P8096395夜景も撮ってみました。211系ですね。

Dscf5039食事は駅の地下街(エスカ)などを利用しますが、朝はずっとここ。夜は混んでいますが、朝は待たずに入れます。

Dscf5032スクランブルエッグのモーニングセットは税込み592円。主食がパン(数種類あり)、ご飯・味噌汁、ご飯・味噌汁・納豆と選べるので、2回目からご飯と味噌汁にしました。味噌汁は八丁味噌の味でした。
 ここで気分を仕事モードに切替え、9時半頃までには会場に入ります。

« これから名古屋へ | トップページ | 鉄たび展、名古屋は尾張(終わり) »

雑ネタ」カテゴリの記事

コメント

おひとり暮らしのの長丁場、ご苦労様です。ハネを伸ばし過ぎてお身体を壊さぬよう、ご自愛下さい。

ぼっちぼちさま、
ほとんど風呂に入って寝るだけですから、羽根が伸びるヒマはないですね。

それにしても斯様な長期出張とは、またお疲れ様です。
洗濯は毎日されたのでしょうか?

これはお疲れ様です。
15年くらい前までは、なかなかワイルドなエリアだった辺りのような気がしますが、今はもう大人しいのですかね。

いやはや、お疲れ様です。
21時まで拘束とは苦行ですね〜。
好きなもんでも疲れそうです。

風俗ゾーン、予備校ゾーンを越え、亀島に近いあたりの様ですね。
線路の反対側に抜ければ、[鉄]の世界でも根強い人気のある名古屋ドテ街道です。
でも、9時半ではラストオーダー過ぎてますね。
名古屋の夜は早いので・・

OER3001さま、
先週は足掛け6日間だったので、途中で1回洗濯しました。といっても風呂場で1回分の下着類をちょこちょこと洗い、洗濯機は脱水に使っただけです。

Cedarさま、
その昔、名駅の西側(新幹線側)では夕方になると広場の隅っこで浮浪者が焚き火をしていました。今は普通の家並みで、特に違和感はありません。

Chitetsuさま、
時間もさることながら、会場内の照明が或る列車を目立たせるために暗いので、体が昼と夜の区別を認識しづらくなります。夕方以降は冷房もかなり効いてくるのも、あまり体にはよくないですね。

シグ鉄さま、
はい、河合塾の先、亀島2丁目です。風俗ゾーンはネオンをちらっと見るくらいいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725840/71412566

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋での一人暮らし:

« これから名古屋へ | トップページ | 鉄たび展、名古屋は尾張(終わり) »