フォト
無料ブログはココログ

« 名鉄美濃町線1992(その2) | トップページ | 千葉から神奈川、模型例会をハシゴする »

2017年1月 7日 (土)

工作初め

 お屠蘇気分も抜けた6日の午後、武蔵野急行電鉄工務部はやっと工作初めとなりました。

Dscf4004手を付けたのは本命のEF65ではなく、暮れから持ち越しのこれ。エンドウのキット、長電モハ1500形に前照灯と尾灯を取付けました。尾灯はかなり小さいパーツで、前面から見て垂直、側面から見て水平を出すのに気を遣います。

Dscf4007モハ1502にするので、パンタ側は貫通です。

Dscf4008床板はジャンパ栓などの取付けベースをハンダ付け。これで裏表を間違えなくなります。しかしこのキット、ジャンパ栓やエアホースの取付け位置の説明は一切なし。パンタ側からの写真が1枚添えられているだけです。

Dscf4009パンタ台はホワイトメタルなのでへにゃへにゃ。自分のではなくても、このままでは使いたくない。さらに、運転室扉の手摺りは穴の位置がエッチングでマークされているだけで、穴あけと手摺りの曲げは自分でやらないといけません。

Dscf4013本日の午後は自分の模型を箱から出し、車輪磨きと注油をして試運転。明日はこれを藤沢まで背負っていきます。 

« 名鉄美濃町線1992(その2) | トップページ | 千葉から神奈川、模型例会をハシゴする »

鉄道模型全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725840/69155234

この記事へのトラックバック一覧です: 工作初め:

« 名鉄美濃町線1992(その2) | トップページ | 千葉から神奈川、模型例会をハシゴする »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31