« 武蔵小山から戸越銀座 | トップページ | 地下鉄の車庫 »

2016年12月21日 (水)

西武ファン必見?

 なんか最近のタイトルは?が多いような気もしますが、今回は自己PRでもあるので手短にします。

Dscf3971昨日発売になった「とれいん」2017年1月号。もう書店にも出回っていると思います。今月号の特集は西武鉄道です。

Dscf3970表紙をめくるとまずカラーグラフで現有車両の紹介。

Dscf3967続いて西武懐かしグラフ。カラーはこの人なくして西武は語れない園田正雄さん、モノクロは私の写真が使われています。

Dscf3968次の頁では電機だとか荷電も出てきます。

Dscf3969私が担当した頁です。40年前、埼玉県民だった頃の所沢は…。いまはなき所沢工場も見学しています。次頁にも貴重な写真がありますが、タネあかしはほとほどにしておきましょう。
 このほか、4000系(52席の至福)、30000系解説、701系冷改車の形態分類、西武赤電キットの“ツボ”、紙成模型塾は351系(型紙付き)などなど、徹底した西武尽くしでお値段1833円(税別)。数に限りがあるので、お早めにお買い求めください。

« 武蔵小山から戸越銀座 | トップページ | 地下鉄の車庫 »

鉄道関連」カテゴリの記事

コメント

当号は120ページの掲載もあり献本頂きましたので、早速目を通しました。
所沢工場見学では、ぬか屋さまのお世話になったようですね(笑)。
持つべきものは友と永く楽しめる趣味ということと心得ています。

OER3001さま、
まだこの頃は趣味の領域でしたが、10年後には仕事として(仕事にかこつけて)所沢工場に出入りするようになりました。

西武ファンというわけではありませんが、必見な気がしています。
所沢の線路配置に萌えました。

Cedarさま、
所沢は昔に比べるとだいぶすっきりしていますが、それでも線路マニアにはおもしろい場所です。一番おいしい部分は踏切脇の歩道橋から丸見えです。

会社の向いにある本屋に行ったらありませんでした。
モハメイドペーパーさんの記事のおかげで、入れ食い売り切れの様です。

仕方ないので、今、Amazonで注文しました。

所沢駅東口は線路を跨いで駅ビル、西口の所沢車両工場跡地はショッピングセンターにと大きく変貌しつつあります。

シク鉄さま、
わざわざご注文、ありがとうございます。とれいんはマイナーなんで扱っていない店も多いです。

ぬか屋さま、
私が住んでいた頃は、まだ東口がなくて大回りしていました。1年で引っ越したけど、いろいろと思い出の深い町です。

おお、なつかしの西武鉄道ですね。立ち読みしまーす。801系デビュー当時は張上屋根でしたね。懐かしーです。

ほっちぼちさま、
801系はなんとなくクハの台車が重そうでした。特集頁は立ち読み防止機能付きになってます…。

トレイン掲載おめでとうございます。
西武沿線の住民としては是非とも購読したいと思っています。

阪Sさま、
毎年1月号にはお呼びがかかるのですが、今回は西武特集ということなので、所沢に住んでいた頃の写真が役に立ちました。

昨日amazonより届いたので、とりあえず貴記事を読みました。
所沢は池袋、新宿方面が逆向きなのは頭ではわかっていましたが・・
よく考えたら、新宿↔秩父直通特急はスイッチバック。
てことは、飯能もあるので2回も向きを変えるのか、と妙なところに感心しました。

シグ鉄さま、
飯能はスイッチバックを解消するために用地も取得しましたが、貨物列車の廃止で手付かずになっています。
所沢での方向感覚、東京駅での東海道線と中央線の関係と似ています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西武ファン必見?:

« 武蔵小山から戸越銀座 | トップページ | 地下鉄の車庫 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ