« レンズを衝動買い | トップページ | 東武鉄道 竹ノ塚 »

2016年10月17日 (月)

飯田橋駅の変化

 中央線の飯田橋はホームがカーブにかかっています。

Pa022550水道橋寄りから市ヶ谷方向を見るとこんな感じで、カーブ半径は300m。左の2線は快速線です。

Pa022554東武の浅草ほどではないけど、ホームと車体との隙間は最大で33cmになるそうです。これでは昨今のバリアフリー対策上好ましくないので、ホームをそっくり市ヶ谷寄りの直線部分に移すことになりました。

Pa022485工事は2014年度から始まっていて、去る8月7日から市ヶ谷寄りの西口が仮駅舎に移りました。従来の西口は牛込橋に張り付いていて、緩いスロープで結ばれていたのですが、仮駅舎はそれより手前に作られ、すぐに階段を昇ります。このあたり、線路は33‰の下り勾配で、旧型電車の頃はやたらと加速がついたのを覚えています。

Pa022488仮駅舎の通路から市ヶ谷寄りを見てみます。正面の三角屋根が旧駅舎で、スロープもまだ少し残っています。

Pa022489快速線の上からホームを見たところ。右端のトラックが止まっている部分は、飯田町客貨車区の引上げ線で、DD13が客車や貨車の入れ換えのため行ったり来たりしていました。もっと昔は煙モクモクの蒸機でした。恐らくB6(2120形)ですね。

Pa022490反対側からはスロープの残骸が見えます。

Pa022492さらにアップで。支柱は古レールを山型に加工しています。

Pa022493仮駅舎の改札口。これといった特徴のない造りです。

Pa022494仮駅舎の外観。快速線の内側なので、神楽坂方面からだと少し遠回りになってしまいます。

Pa022507当然ながら従来の西口は使用停止。

Pa022498

Pa022499駅舎移転の案内が出ています。

Pa022513仮駅舎とはこのくらい離れています。

Pa022495西口に面しているのは早稲田通りで、跨線橋は牛込橋。奥が神楽坂方面です。早稲田通りといったら私の自宅から目と鼻の先。そう思うと親近感が湧いてきます。

Pa022510橋の由来が書かれた説明板。

Pa022502外濠側からもスロープの残骸が見えます。こちらの方が順光で見やすいですね。

Pa022505橋の上から市ヶ谷寄りを見たところ。上下線の間隔が広いのは、かつてこの間に折返し用の引上げ線があったからで、新ホームはこの跡地に建設されます。歴史的にみるとここは甲武鉄道が開業した時の牛込駅で、後にこれと飯田町を統合したのが現在の飯田橋だそうです。

Pa022515駅のレポートはこれまで。ついでに早稲田通りを九段方向に少し歩いて見ました。その昔は木造3階建ての商店が軒を連ねていたのですが、流石にそんな建物は残っていません。ん、なにやらビルに大きな看板が。名前は聞いているけど行ったことはありません。この際だから場所を確認してみましょう。

Pa022517角を曲がって少し行った所に、かなり年代物の家が1軒残っていました。

Pa022518さらに数分で東京大神宮に到着。へぇ、こんな所にあったんだ。名前の割にこぢんまりしています。

Pa022519こちらが正門。鳥居はかなり立派です。

Pa022521入って左に説明板があります。明治天皇が伊勢まで行かなくても用が足りるように、という目的で創建されたそうです。

Pa022522奥が本殿です。せっかくなのでお賽銭をあげてと思ったのですが、だいぶ列が長いので省略。脇から挨拶だけしてきました。

Pa022524境内の休憩所。暑さ凌ぎのミストが吹き出しています。

 以上、飯田橋駅とオマケのレポートでした(10月2日撮影)。

« レンズを衝動買い | トップページ | 東武鉄道 竹ノ塚 »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

快速線の内方分岐と曲線同士の平面交差や、牛込橋の下まで伸びていた引き上げ線~当時の面影はどんどん消えていきますね。
東京大神宮のお隣のビルに、3線式Oゲージの線路がしいてあるカフェがあります、車両のディスプレイもあり、オーナーがファンなんでしょうか?

 飯田町への分岐はカーブポイントで、かなり無理をした線形になっていました。
3線式Oゲージのあるカフェ、これは取材に行く必要ありですね。

古レールフェチにとっては、この駅にあった産業遺産の行方が気になってしまいます。

糸目に財力と権力があったならば・・・10tの深ダンプにレールを満載して、溶鉱炉行きを阻止するんですけどねぇ~(ノД`)メソメソ

ついでに御茶ノ水駅の改良工事の完成概要と考察を宜しく。

糸目今日子さま、
解体現場に行って「ちょっと半端なとこチョン切って」といいたいところだろうけど、バッグに入れて持ち運べる重さではないし…。山手線内には古レールを使った上屋、結構残ってますよ。

ぬか屋さま、
御茶ノ水も何度か撮影しているので、近々にアップします。

飯田橋、小生が長年通勤で乗降していた駅だけに、思い出が詰まっている駅です。学生時代には津田沼から乗った電車が飯田橋行き。中線に引き上げてしまったことが度々ありましたっけ。ホームが移設されると、桜の季節の撮影ポイントにも変化がありそうですね。

OER3001さま、
ラッシュ時にはよく飯田橋止まりがありましたね。移設されればホームの両側(高低差はあるけど)、どちらを向いても花見ができそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飯田橋駅の変化:

« レンズを衝動買い | トップページ | 東武鉄道 竹ノ塚 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ