« バスタ新宿 オープン | トップページ | Oゲージ展、間もなく終了 »

2016年4月 7日 (木)

花見がてら

 昨日(6日)はそこそこの天気、翌日(今日)は春の嵐という予報なので、桜を撮れるのはこの1日しかなさそう。少々花粉が飛ぼうが、カメラを持って出かけました。地元であり、定点観測をしている東中野は午後からの方が光線がよいので、その前にこちらから攻めてみます。

P4060729東中野ほど有名ではないものの、巣鴨も電車と桜を絡めて撮影できます。線路の南側を左に見えている跨線橋まで歩きます。

P4060731この名前に反応するのは、ごく一部の人達だけでしょう。

P4060730橋を渡った向側の、なんの変哲もないビル。しかし、その1階に足を踏み入れると。

P4060737かなり異次元的な空間に迷い込みます。

P4060738私の頭ではレイアウトセクションと理解していますが、これは運転を考えていないようなので、車両もストラクチャーの一部。だとすればジオラマという方が適切なのだろうか。

P4060742ホームの鉄柱を囲む田島駅前という駅名標が実にリアルです。その右に見える建物の青い看板、「BAR 痴漢電車」という名前に、作者のセンスが滲み出ているように思えます。踏切脇の球形グローブが付いた街路灯も実にいい。それにしてもこのジオラマ、広さの割に食堂が多いようです。
*この画像は拡大できます。

P4060747車庫から顔を出しているデト。単端でビューゲル付きなので、東武日光軌道線のデトを思い出します。

P4060736アーリーアメリカンな建物はOナロー用だそうです。
 以上、宮下洋一作品展は17日まで、さかつうギャラリーで開催されています。

P4060757巣鴨から桜の本場、飛鳥山に移動します。都電通りを歩いていたら、後ろからこれが来たので、車の合間を縫って1枚。

P4060761公園内から桜を絡めて都電を撮れるのは、このアングルしかありません。昨年も同じ位置から撮影しています。

P4060767次は歩道橋の階段途中から。それにしても7000形はめっきり少なくなり、30分ほどで出会ったのは先ほどの7022とこの7030の2両だけでした。

P40607708500形も艶めかしいラッピングになっています。

P4060772これに東池袋4丁目まで乗りました。平日でもメチャ混みです。

P4060775池袋から東中野に回る途中、ちょっと千駄ヶ谷に寄り道。菜の花は満開ですが、桜は線路際からは見えにくい。

P4060779やっと東中野に到着。いきなりこんなのが通過して行きました。

P4060782今年は菜の花がいまひとつで、あまり目立ちません。

P4060785実は桜に異変あり。真ん中の木はつい最近切られたそうで、右の木も左側の枝が切られています。

P4060793その真相は、木の老朽化にによる伐採だそうで、折れた枝が線路上に落ちたのがことの発端だとか。染井吉野の寿命は50~60年、植えたのは昭和29年なので、確かに木としての盛は過ぎています。
 木が植わっている斜面はJRの土地、管理しているのは中野区なので、列車の運行を支障する恐れがあるからといわれれば、正面切って反対はできません。

P4060790ものにはすべて寿命があります。撮れるうちにその姿を記録しておきましよう。

P4060794こういう構図なら、木が1本だけでも絵になります。

P4060797こうして見ると、だいぶ線路の近くにまで枝が張り出しています。安全優先は致し方ないでしょう。

P4060800山手通りの橋の袂に、こんなモニュメントを発見。まだ新しいので、最近できたようです。

« バスタ新宿 オープン | トップページ | Oゲージ展、間もなく終了 »

鉄道関連」カテゴリの記事

コメント

都電8500、機能的でありながら丸みもあるデザイン、こういうのが好きです。
富山地鉄の8000に似ているから、これも日車かなと思ったらアルナでした。
相変わらず、車両鑑識眼がありません。

 都電に限らないけど、車体は丸くなったり、角張ったりという周期があるようです。
富山地鉄の市内線は7000形も日車だから、その流れなのでしょう。今の超低床車はいろいろとパテントが絡むので、メーカーが限定されるようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花見がてら:

« バスタ新宿 オープン | トップページ | Oゲージ展、間もなく終了 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ