フォト
無料ブログはココログ

« さよなら381系 | トップページ | 東小金井駅開業 »

2015年11月 1日 (日)

ダルマさんの元車号を推測

 昨年2月に山陽電鉄東二見車庫の周りを歩き、構内に残っている元車両を観察しました。大部分は台車も付いてレールの上に乗っていましたが、1両だけ完全なダルマさんがいました。

P2100428これです。車庫の正門を入ってすぐの左側、建屋に横付けする形で置かれていました。扉間に窓が8個というと、820形や850形が該当しますが、中桟の位置が違います。いろいろ調べると、扉間の窓が8個で、2段窓は上下がほぼ等分という条件に当て嵌まるのは、250形の256・257であることがわかりました。
 そうなると、2両のうちのどちらなのかというところまで追求したくなります。なにか手がかりはないかと思案していたところ、chitetsuさんのブログにこの2両の写真がアップされているのを見つけました。

http://tsurikakedensha.blogspot.jp/2013/11/blog-post_14.html

 撮影は1980年だそうです。この頃はまだ台車も付いて、電車の恰好をしています。神戸向きだし、前面は貫通式であることから、現存するダルマさんは256であることに間違いありません。

« さよなら381系 | トップページ | 東小金井駅開業 »

1/1 私鉄」カテゴリの記事

コメント

最近話題の東二見ですね。私も3年前に周りをうろつきました。
正門入ってとありますが、モハメイドペーパーさんは顔パスなんでしょうか?

ドアの上の庇が物哀しいですね。

 ここの正門は守衛所もなく、いつでも入れそうですが、そういうところは思わぬ罠がありそうなので、迂闊には入れません。写真は道路を隔てた向かいから望遠レンズで撮っています。

この電車、まだ残っていたのですね。
あれ以来東二見には行っていませんが、随分スッキリしてしまったのでしょうね。

 ちゃんとした姿で残っているのは、206、2508(ステンレス)、2012編成(アルミ)で、そのほかに3507と3508もいるようです。3500形はいずれ解体の運命でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725840/62315605

この記事へのトラックバック一覧です: ダルマさんの元車号を推測:

« さよなら381系 | トップページ | 東小金井駅開業 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31