フォト
無料ブログはココログ

« 江ノ電と夏祭り | トップページ | 京急展 開催 »

2015年7月15日 (水)

EB19(真鍮製)を形にする(その2)

 このところのブログは「鉄」分より「そば」分が多めになったとの声もありますが、暑さにもめげず、しっかり模型工作も進めています。EB19は車体各部にたっぷりと半田を回しましたが、よく見れば、まだまだ手を入れたいところが出てきます。

Dscf1405屋根のグロベンが乗る部分は、板1枚が重ねられています。しかし、曲げが屋根Rと合っていないし、ほんとにちょん付けなんで、隙間もあります。グロベンをネジ止めすれば密着しそうですが、せっかく半田を流すための穴も空いているので、しっかり半田付けしてやりましょう。ランボードもへなへななんで、補強するためにひとまず外します。

Dscf1406今まで表面に出ていなかった部分はもう一度汚れをしてから、四隅に万遍なく半田を流します。

Dscf1407_2裏の穴(赤丸の所)からも半田を流しました。これでも洗いの時はネジ穴から水が入りそうです。

Dscf1411余分な半田をキサゲで削ります。この機関車は生地仕上げなんで、削り跡をつけないよう、気を遣います。

Dscf1413ランボードは裏から0.5tの帯板で補強。車体側の枕梁はバカ穴でナット止めするようになっていますが、補強を兼ねて1tの帯板を半田付けし、3mmのタップを立てます。
 材料の切り出しはミニサーキュラーソーを使いました。0.5tもびびらず綺麗に切れるし、捻りも出ません。所定の長さに切るのだけ切断機を使いました。
 ところで、この機関車の車体に枕梁をあててみると、片方(パンタのない方)はきつきつで入りません。寸法を測るとそちらの幅が1mmほど狭いのです。修正するには前面を外さないといけないし、見た目には気付かないので、片方の枕梁を1mm短縮することにします。左上が真っ二つにされた枕梁です。

Dscf1415ランボード、枕梁とも、補強と寸法合わせが完了した状態。

Dscf1417ランボードは脚を屋根に差込まず、イモ付けされていました。差込み式にするには脚を作ったり、位置合わせが面倒なので、そのままイモ付けします。位置のガイドにマスキングテープを貼ったところ。

Dscf1419しっかり半田付けして余分な半田を削っていたところ、力を入れたら屋根がべこっと凹み、赤丸の脚の半田が取れました。パンタを取り付ければ少しは丈夫になりそうですが、完成してからまた外れるのは気分がよくないので、対策を考えます。

Dscf1421半端材から0.5t、8mm幅の帯板を作り、屋根裏に半田付け。これで少々屋根が押されても大丈夫です。

« 江ノ電と夏祭り | トップページ | 京急展 開催 »

0番鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725840/60753600

この記事へのトラックバック一覧です: EB19(真鍮製)を形にする(その2):

« 江ノ電と夏祭り | トップページ | 京急展 開催 »