フォト
無料ブログはココログ

« 京成電鉄、ほぼ全線走破(その2、完) | トップページ | 半世紀のご無沙汰、大山観光電鉄(その2、完) »

2015年5月11日 (月)

半世紀のご無沙汰、大山観光電鉄(その1)

 大山観光電鉄という名前、ご存知でしょうか。「だいせん」じゃなくて「おおやま」です。大山のケーブルカーといった方がわかりやすいかな。この大山ケーブルの開業は1965(昭和40)年7月11日。実際には戦前に開業し、戦時中に休止となっていたので、新規開業ではなく復活というわけです。
 昭和40年といったら私は大学の2年生で、ほぼ毎日、小田急に乗って丹沢の麓まで長距離通学していました。夏休み直前で講義も休講が多かったのを幸に、開業したケーブルカーに初乗りしてみたのです。

P5100336そして月日は流れて半世紀。大山ケーブルは今年の5月18日から9月30日まで運休し、その間に施設と車両の更新を行うことになりました。つまり、今の車両は17日限りで見納めです。最初を見たのだから最後も見届けてやろうと考え、カウントダウンが始まった10日に大山詣でを決行しました。

P5100456学生の時は伊勢原も定期の範囲でしたが、今はこれを買います。新宿から小田急、神奈中バス、ケーブルカーを単純に往復すると2740円なので、かなりオトクなきっぷです。

P5100335新宿から急行で約65分、伊勢原に到着です。大山の入り口であることをアピールしています。

P5100455駅舎は橋上駅になっています。大山ケーブルまでのバスは北口から出ています。

650132_000450年前の伊勢原駅。まだ南口はなく、貨物扱いをしていました。ホームは4両分で、屋根もほんのわずか。SE車を待避しているのはHE車の快速準急です。

P5100339神奈中バスに乗るのも久しぶり。結構並んでいるけど、なんとか座れました。

P5100344約30分で大山ケーブルに到着。しかし、ケーブルカーの駅まではまだ15分ほど歩くのです。バス停はケーブル下くらいに遠慮してもらいたいところです。

P5100347しかも、大部分が階段の上り。とうふ料理なんぞには目もくれず、ひたすら上ります。

P5100348やっと半分。ガンバンベェ。

P5100349あとひと踏ん張り、だって。

P5100453着きました。大山ケーブル駅。開業時の駅名は追分で、2008年に改称されたそうです。

P5100352待合所で50年を振返ったパネルが展示されていました。

P5100354きっぷ売り場は券売機がなく、手売りだけです。運転は9~16時台、20分間隔で、表示はないけど、乗り切れないと臨時運転があります。

P5100359運休のお知らせが掲示されています。

P5100360発車の5分前に改札が始まり、ホームに上がります。赤いのはTANZAWA、50年間ありがとうのヘッドマークが付いています。

_000150年前、開業の日です。塗色は小田急の特急色でした。

« 京成電鉄、ほぼ全線走破(その2、完) | トップページ | 半世紀のご無沙汰、大山観光電鉄(その2、完) »

1/1 私鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725840/59962988

この記事へのトラックバック一覧です: 半世紀のご無沙汰、大山観光電鉄(その1):

« 京成電鉄、ほぼ全線走破(その2、完) | トップページ | 半世紀のご無沙汰、大山観光電鉄(その2、完) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31