« 「鉄」も歩けば… | トップページ | JORC関西の運転会 »

2015年5月27日 (水)

昼間の東海道を下る

 24日に行われるJORC関西の運転会に参加するためのルートをいろいろ考えてみました。夜行バスは週末、特に金曜発が一番高い運賃となるのでパス。土曜の午前中に外せない用事ができたので、出発は午後。時間的にあまり寄り道もできないので、この日は移動だけと割り切り、格安の「ぷらっとこだま」で行くことにしました。

Dscf1140ぷらっとこだまの乗車票。個人参加のツアーという扱いなので、東京~新大阪間しか乗れないし、磁気券ではないので、有人の改札口を通らないといけません。

Dscf1147いつもは自由席の1号車か2号車にしか乗らないので、11号車はどうも勝手が違います。車椅子対応座席があるので、出入り口の幅が広いし、業務用室なんかもあるので、座席は13列とこぢんまりしています。

Dscf1145発車したら車内放送のメロディがいい日旅立ちでした。JR西日本の車両なんで車号は3000番代、標記の書体も違います。

Dscf1149待避設備のある駅はたいてい5分(岐阜羽島は7分)停車します。以前、利用した時は何本抜かれるのか数えたけれど、今回は省略。まぁ、少なめにみても6・7本に抜かれたのは確かです。写真は掛川を通過する「のぞみ」。後追いのタイミングを取るのは難しいです。

Dscf1163浜松を出たらしばらくは進行右側から目が離せません。お役ご免になったキハ40がひとまとめになっていました。

Dscf1164浜名湖の手前あたり。鰻の養殖池(赤線囲み)は年々少なくなっています。

Dscf1172駿河を抜け、三河に入りました。

Dscf1174三河安城を発車した直後に目に付いたニチバンの工場。キャッチコピーが関西風のノリです。

Dscf1176名古屋到着の直前。眼下の近鉄米野検車区は特急車の溜まり場なのですが、この日は1両も見当たりません。

Dscf1192米原を通過する上りの「のぞみ」。カメラの液晶に頼らず、前照灯の光が停車している車体に反射するのを見てシャッターを押しました。

Dscf1193彦根付近で近江鉄道をオーバークロス。タイミングよく「あかね号」が通過して行きました。

Dscf1195蝋燭立てが見えたら京都。もう、できた当初の違和感はなくなっています。

Dscf1197上りホームは修学旅行の団体でいっぱいでした。中学生のようです。

Dscf1198東海道本線を跨ぐ大宮通り。市電の架線柱2本はまだ残っていました。

Dscf120317時00分、新大阪に到着。所要4時間4分は開業時の「ひかり」とほぼ同じなので、それほど遅いわけでもありません。私が乗った11号車はほぼ満席で、途中の乗降は名古屋と京都が10人くらい、そのほかの駅は数人でした。7割近くは東京~新大阪間を乗り通したことになり、ぷらっとこだまの利用率もかなり多かったようです。

Dscf1208時間に余裕があるので、普段は見る機会の少ない九州新幹線をじっくりと眺めました。JR九州のN700系は初めての撮影です。

P5230486改札の外に出て、在来線も撮影。その昔、ここで「しおじ」なんかを撮った覚えがあります。

P5230491いきなり国鉄色の381系が現れました。あわよくばという期待はしていたものの、ここは条件が悪すぎます。

P5230503在来線に乗って大阪駅へ。103系もまだ健在ですが、環状線もラッシュ時以外は3扉車が幅を効かせています。

P5230505特急「はまかぜ」。この前面は妙にぽってりしていて、スピード感が感じられません。

P5240543_2桜橋口は高速バスのターミナルがあったので、私には馴染みの深い所です。今はバスターミナルは高架下に移りました。環状線にはド派手な103系が停車しています。

P5240547昔の市バス復刻塗色車に出会いました。

P5230512天王寺の阪和線ホーム。快速の大部分が下のホームから出るため、夕方のラッシュにしては閑散としています。

P5230513リニューアルされた205系の車内。これであと20年は安泰か。

P5230518ホームの外れには居酒屋もあります。人の流れが変わり、あまり儲かっていないような感じでした。左の天王寺うどん、メニューにはソバもあります。
 そろそろ暗くなったし、腹も減ってきたので、今夜のねぐらに向かいます。

« 「鉄」も歩けば… | トップページ | JORC関西の運転会 »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

大宮陸橋の画像に、卒業した中学校が写っております。

**特急「はまかぜ」。この前面は妙にぽってりしていて、スピード感が感じられません。
山陰線の切妻の特急よりはスピード感が有りそうですよ。

 確かに学校らしい建物が見えますね。
 
 ペタンコ特急は振り子だから、見た目より速いのかも。どちらもあまり乗る機会はなさそうです。
 

運動場をはさんですぐ線路なので、在学中にいろいろ見ました。
冬季は、体育の授業中に屋根に雪を満載した「日本海」が通って行くと
その日の日本海側はダイヤが乱れている事が判ったりとか(w

 いい環境でしたね。上の階なら市電も見えたのでは。

初コメントです。
鰻は三河一色の独壇場になっています。用水路にもあふれたヤツが泳いでいるくらいです。
米野、16時前後。特急がいない時間もあるんですね。
名古屋生活20余年で初めて見ました。

それにしても、こだまで東京ー新大阪!名古屋まででも辛抱たまらんのに。
でも、考えてみれば、開業当時のひかりと1時間しか違わないんですね。

当ボログへのコメント有難うございました。

見えたんじゃないかと思います。
廃止になったのは、自分が5歳の時でしたが。^^;

 用水路にも鰻がいるって、見慣れていればいちいち大騒ぎもしないのでしょうね。
 
 5歳じやまだ幼稚園ですね。京都市電は700形が好きでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼間の東海道を下る:

« 「鉄」も歩けば… | トップページ | JORC関西の運転会 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ