« ブリキ車体の再生(その7) | トップページ | 京成電鉄、ほぼ全線走破(その1) »

2015年5月 4日 (月)

藤沢詣で

 3・4日は湘南鉄道模型クラブの酔いどれ運転会。真っ昼間から酔っ払うのは気が咎めるので、3日の午前中にひとつ用事を片付け、夕方の5時頃に伺いました。

Dscf0886まずは受付で記帳します。23番だったから、そんなに混んではいないようです。

Dscf0888中に入って、ここが実質的な受付。差し入れの柏餅を大番頭さんに渡し、まずは缶ビールを1本あけます。夏日の陽気には効きますね。まだ明るいせいか、みなさん素面(しらふ)に近いけど、ここに座るメンバーはいつ来てもほぼ同じです。

Dscf0889酔いが回らないうち、車両を見ておきます。ここは本日の特価品特選品コーナー。

Dscf0899会場のほぼ全景。ヤードもまだ余裕があります。この次は車両を持ってこよう。

Dscf090213mmの古典蒸機。形式はわからないけど、いい雰囲気です。あと数枚撮ったのはピン甘でした。

Dscf0917モハ63の4連は加藤オヤビンの作品。本物は外板がベコベコでした。

Dscf0920片町線のガラクタ編成。クハ47改造のクハ79と、ガラベン付きのクモハ31は、昭和40年頃、一時的ですが東京に転属してきたことがあります。

Dscf0904京急のデト11・12は、界磁チョッパに改造後の姿です。

Dscf0910小田急のABFM車。左から2320形、2220形、2300形という、かなりアクの強い編成です。

Dscf0908デキ1010形が牽くホキ編成。右隣の電機はデキ1020形です。

Dscf0909かなりゲテモノの部類のホキフ300形。本厚木の側線に止まっていました。
 夜になっても参加者はあまり増えません。連休でみなさん出歩いているのでしょうか。

Dscf09218時を過ぎたところで引き上げとしました。もちろん、ゴミはちゃんと分別しています。

« ブリキ車体の再生(その7) | トップページ | 京成電鉄、ほぼ全線走破(その1) »

16番鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

御来場ありがとうございましたm(__)m

体調不良でお酒呑んだので殆ど寝てましてすみませんでしたm(__)m

1月と比べると比較的5月のほうがマッタリとしておりますのがここ数年の傾向であります。

次回(来年1月)は40周年記念運転会となります。

またよろしくお願いします。

 1月は正月気分で飲むピッチもあがるのかな。
次はもう来年、1年たつのが早い!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤沢詣で:

« ブリキ車体の再生(その7) | トップページ | 京成電鉄、ほぼ全線走破(その1) »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ