フォト
無料ブログはココログ

« 見た目は変わらず | トップページ | 揺れ枕を固定化する »

2015年1月20日 (火)

彦根の秘宝館(その2・完)

 2004年5月に撮影した、近江鉄道彦根駅構内の様子です。ちょっと枚数が多いですが、残りほぼ全部を一挙公開します。

P5284993キハ10形。いわゆるLeカーの2軸車で、主に八日市~貴生川間で使用された。車体の割にエンジン出力が大きく、かなり爆走したと伝えられています。

P5284936車内もまだそんなに荒れていません。缶コーヒーなんかのカートンが積まれ、移動倉庫になっていました。

P5284994車輪は固定式ではなく、1軸ボギー式になっています。

P5284959DD13104。国鉄のDD13を譲り受けたものです。

P5284958福島臨海鉄道から譲り受けたDD451の運転台。足回りはロッド式なのですが、撮り忘れました。

P5284943ちらっと見えているED312。動ける状態ではありません。手前のモーターカーは車籍なしのようでした。

P5284967ED313。これは現役です。しかし、前が見にくそうですね。窓というより覗き穴といった方が当たっています。

P5284997これも現役のED314。台車はDT10となっていますが、軸バネ受けのリブが2列だし、全体に少しぺちゃんこで、純正のDT10とは違うように思えます。

P5284984これはナンバープレートがないけど、ED311と思われます。台車は仮のものだし、パンタも舟は外されています。部品取りのなれの果てでしょうか。

P5284971豪華! ED14の4両並びです。細かい部分は1両ずつ異なっていました。

P52849741箇所だけ田の字窓が残るED143。

P5284975茶色になったED144。前照灯にツララ切り?が付いています。4両ともGEの銘板は残っていません。

P5284976元阪和のロコ1100形。日車製で、均整の取れたスタイルをしています。電機なのに直接制御だそうですが、運転台に入らなかったのが心残りです。

P5284982ロコ1100形の台車。軸箱の蓋に日車の文字とマークの陽刻が入っています。

P5284977元東武のED4001は休車状態でした。今は東武博物館に鎮座しています。

P5284940貨車もいろいろありました。これはまだまともな方のワフ8(ワフ1形)。そんなに貨物列車が多いわけではないのに、このワフ1形は9両あったそうです。

P5284968_2これは下塗りのまま? 車号がありません。

P5284969ここまでなるには何年くらい放置したのだろうか。

P5284986構内にはいろいろな部品も転がっていました。左はモーター、真ん中に横たわっているのは、元西武401系の前面です。

P5284980西武の標準台車。付随車用を電動車用に改造したTR14Aと称するやつです。

P5284988モーターもごろごろ。MT15でしょう。

P5284987空気圧縮機はDH25です。こんな形をしているんですね。

P5284985単なる放置ではないようなのですが、なんの車輪なのか。バランスウェイトがあるけど、蒸機用にしては車輪径が小さいし…。
 彦根駅構内のお宝はここまで。このあと、高宮駅の側線に留置されていた貨車も見てきました。

P5284998トム200形。軸受けは1段リンク式です。後ろにいるのは元西武の401系。何両かは801系になれず、ここで朽ち果てたようです。

P5284999ト50形でしようか。ようわかりません。

P5285001セキ1形。31両在籍していたそうで、ずらっと連結されていました。なんで近江に石炭車?

P5285002チ1形。荷台にステーがあるので、レール運搬用か。エアホースは付いているけど、この車は車側ブレーキだけですね。

P5285003ホキ10形。国鉄のホキと同形で、これは今も現役です。

« 見た目は変わらず | トップページ | 揺れ枕を固定化する »

1/1 私鉄」カテゴリの記事

コメント

セキは多賀~彦根のED14牽引石灰石輸送で使っていたヤツじゃないでしょうか?

 石灰石ですか。セキだからって石炭とは限らないわけですね。

石灰石列車が廃止になってから割と早い段階で、セキは何輌かまとめて買われて行ったんですよ。
伊勢の南海型電機がいるセメント工場の専用線に。

 あそこに紛れ込んだのもいたのですね。見に行くには一番不便な所です。

あそこは2回、有志を募って行ってきました。
その時の写真は、ネタギレな拙ブログで、そのうち披露しましょうか?

 2回もですか!  そういうネタをお持ちなら、迷わずアップしないといけません。

では、気長にお待ちを。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725840/58649770

この記事へのトラックバック一覧です: 彦根の秘宝館(その2・完):

« 見た目は変わらず | トップページ | 揺れ枕を固定化する »