フォト
無料ブログはココログ

« 彦根の秘宝館(その1) | トップページ | 私鉄の撮り始めは京急と東武 »

2015年1月13日 (火)

新春の恒例行事

 新春の行事といっても、新進シャンソン歌手の新春シャンソンショーではありません。11日はJORC(日本0番鉄道クラブ)の1月例会、11・12日と湘南鉄道模型クラブの新春運転会が開かれました。12日は別の用事があるので、1日で両方に顔出ししないといけません。JORCはともかくとして、友好クラブにそこまで義理立てしなくてもといわれそうですが、この年になって付合いを一度欠席すると、すぐに死亡説が蔓延してしまうのです。

Dscf0353まずは9時過ぎに家を出て、隅田川、荒川、江戸川を越えて千葉の稲毛に向かいます。会場の大聖堂は会員の自宅で、例会の日は門の両脇にこのプレートが掲げられます。

Dscf033611時少し前に到着。すでに盛り上がっています。ブリキの電車の試運転をするつもりだったのですが、3線式レールは電気系統のトラブルがあり、残念ながら試運転は中止です。

P111824913時過ぎから新年の挨拶、事務連絡をすませ、生存確認の写真を撮ります。これは1月例会の恒例になり、高齢者が多いJORCでは貴重な記録になります。
 16時でお開きになるところを1時間ほど端折り、一路、神奈川県の藤沢に向かいます。ドラエモンのどこでもドアはないので、京成、JR、地下鉄東西線・千代田線、小田急を乗り継ぎ、3時間弱の長旅です。

Dscf0359いつもの会場に着きました。入り口で記帳します。しかし、なんでここに電気ポットがあるのだろうか。

Dscf0357上の写真の右手を見ると、すでにかなりのアルコールが消費されたことがわかります。

Dscf0365熱気を押しのけて中に入ります。ここで献上品を納め、「ほな取り敢えず1杯」の缶ビール。落ち着いたところで模型も眺めて見ましょう。

Dscf0361明るいうちに第一波の嵐が過ぎ去ったようで、いつもより人数が少な目な感じでした。

Dscf0370あちこちのブログで紹介されている作品が並びます。手前は阪鉄さんの南海軌道線モ205形。そのほかはこちらの方の作品と仕掛品です。

Dscf0371真鍮の未塗装車体はクハ79形の350番代。私の地元でお馴染みだった形式です。このカッチリと隙のない作り方は、いうまでもなく f.babaさんです。
 左の京急は誰のか確認していませんが、なかなかいい雰囲気です。

Dscf0367こちらは13mmの機関庫。こうして見ると古典蒸機もいいなぁと思います。

Dscf0375ほどなくして、ここでも恒例となった記念撮影。この人の手を煩わせるということは、数ヶ月後にどこぞの模型雑誌に載るのかも知れません。

Dscf0378こちらが撮られる面々の一部。私も紛れ込みました。今年も模型を肴に楽しく遊べそうです。なお、湘南鉄道模型クラブは来年で創立40年となるそうで、なにか「あっ」といわせる記念行事を考えているという、会長のお話がありました。

« 彦根の秘宝館(その1) | トップページ | 私鉄の撮り始めは京急と東武 »

鉄道模型全般」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。福井在住の中尾と申します。JORC関西を退会してしまいましたが、
甲斐さんとはお付き合いをさせて頂いております。今回、東京の守屋さんを入会斡旋
致しまして、本人より良かったとメールを頂きました。そのメールに当ブログの紹介がありまして、早速読ませて頂きました。当然、デスクトップにショートカットを付けました。
甲斐さんからは色々と部品を依頼されますが、これを機会におちかずきになれればと
思います。
それでは、守屋さんともども宜しくお願い致します。
                                           中尾 圭三

 中尾さんとはJORC関西在籍の頃にお会いしているはずですが、残念ながら記憶がありません。JORCは関西ともども会員数は右肩下がりです。しかし、口コミやネットのおかげで年に数人のペースながら新規入会もあります。
 時間の都合がつけば、東京の例会、トレインフェスタなどにもお越し下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725840/58572570

この記事へのトラックバック一覧です: 新春の恒例行事:

« 彦根の秘宝館(その1) | トップページ | 私鉄の撮り始めは京急と東武 »