« 南海電鉄の駅(その2) | トップページ | 合運に備えて »

2014年10月 3日 (金)

東北縦貫線

 東北縦貫線か、それとも東北連絡線なんだか、まぁ、そんなことはどうでもいいんで、早い話が東北新幹線によって分断された東京~上野間(正式には東北本線の一部)をもう一度結び、東北・常磐・高崎線と東海道本線のローカル列車を直通させようという計画が着々と進められ、今年度末に実現の運びとなるそうです。名前(愛称)は上野東京ラインという、そのまんまじゃないかという捻りのなさ。妙なカタカナ名前よりは、わかりやすいからよしとしましょう。
 開業まで半年あまりとなり、もう8月から試運転も始まっています。たまたま都心に出る用事があった9月30日、カメラを持って試運転列車を撮影しました。これだけではおもしろくないので、線路が延びていく様子も振り返ってお目にかけます。

P7210477_22010年7月、神田から東京方面を見たところ。線路の延伸は東京寄りから始まり、画面中央の緑色の櫓みたいな所で次の区間の桁を組立て、上野寄りに押し出していくという工程を繰り返していきます。

P8165196次は2011年8月、櫓は神田駅のホームの端あたりに来ました。

P51183832012年5月、神田駅ホームの秋葉原寄りまで移動しています。

P5118375_2同じ日に秋葉原~神田間の山手線内回り車内から撮影。新幹線と在来線との隙間に高架橋が立ち上がっています。

P1111161_32013年1月、櫓は神田~秋葉原間の靖国通りをオーバークロスする手前まで来ました。

P1111163_3櫓の高さはどのくらいかというと、線路脇のビルの8階とほぼ同じくらいでした。

P1111167_2桁の先端が靖国通りに半分ほど突き出て、なんとも不安定に見える状態が何日か続きました。

P2037072秋葉原駅ホームから見た勾配の立ち上がり部分。2012年2月はこんな具合。

P4253919_22013年4月。桁はつながり、これからレールが敷かれます。

P6275478_32013年6月、レールもひととおりつながったようです。

P1289573_22014年1月、架線を張り始めています。

P9306303
P9306305そして8月から試運転が行われています。列車はE233系15連と185系10連で、E233系は10月1日からE231系に変わったようです。185系はモントレー色で唯一、サロ2両入りの10連に編成替えしたOM07編成です。

P9306295
P9306300高い所からも撮ってみました。ビルの8階からですが、防護壁が高いので、足回りは隠れてしまいます。
 この上野~東京を結ぶ線路は、かつてEF15が牽く荷客が走り、秋葉原のホーム脇には153系と403系が折り返しで並ぶ光景も見られました。せっかく何十年ぶりかで線路がつながるのだから、ローカル列車だけではなく、「常磐伊豆」とか「湘南日光」みたいな列車も復活して欲しいものです。

« 南海電鉄の駅(その2) | トップページ | 合運に備えて »

1/1 国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北縦貫線:

« 南海電鉄の駅(その2) | トップページ | 合運に備えて »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ