フォト
無料ブログはココログ

« 富士急行2日間乗り放題(その1) | トップページ | 明日から私市へ »

2014年9月16日 (火)

富士急行2日間乗り放題(その2)

 河口湖と下吉田に保存・展示されている車両を紹介します。まずは河口湖駅前から。

P9085564駅前広場に控えているのは創業時に新製されたモ1。本線とは直角の向きです。片側はホームのようになっていて、車内が覗けます。この車両は上田丸子に譲渡されたのを買い戻し、復元したものです。

P9085559立派な説明板もあります。

P9085583反対側は一応、全体を見渡せます。電機品は三菱電機、台車は日車のD16のようです。

P9085563運転台。マスコンは三菱のHLです。河口湖はこのへんで切り上げ、下吉田に向かいます。

P9085614下吉田は島式ホームの交換駅。画面奥が富士山方面、左に本物の富士山が見えます。駅舎のある側に貨物用の側線があり、保線用車両などが留置されています。画面左奥のモーターカーのとなりに、貨車が展示されています。

P9085612大月寄りにはブルトレのスハネフ14世様が鎮座しています。

P9095876構内踏切からがベストアングルですが、晴れると側面は逆光になります。

P9095816展示エリアはブルートレインテラスという名前。改札内なので、見学には乗車券か入場券が必要です。

P9095784_2元の貨物ホームですね。手前はウッドデッキになっていて、椅子も置いてあります。土曜日は車内の見学もできるそうです。

P90856712011年4月から公開されているので、よく見ると塗装に痛みが出始めています。

P9085673ホームの反対側は床下をじっくり観察できます。エアサスの高さ調整弁はいかにもデリケートな感じがして、個人的には好きなパーツです。

P9085709富士山寄りは貨車テラスになっていて、ワフ2両の中間にトが挟まれています。

P9095798ワフは元南海で、ワフ1は富士山麓の標記。ただし、車輪は一体圧延です。

P9095804ワフ2は富士急の標記です。右が車掌室、左端もデッキにしては広めのスペースを取っています。そのため荷重はたった1t。

P9085626ワフは2両とも車掌室に入れます。左上は停車中、10分以上電灯を点けっぱなしにするなというような注意書きです。

P9085654車掌室の必須アイテム、車掌弁とハンドブレーキ。

P9085633_2荷室には往時の積荷が置かれています。実際の状態ではなく、こういう物を運んだという見本です。

P9095790トは創業時の昭和4年に新潟鉄工所で新製されました。車号などの標記が明朝体というのは珍しいですね。

P9085636ト104は銘板が残っています。

P9095806ト104の自連はおダブス様が大好きなシャロン式です。左がシャロン、右が柴田式。こうして見ると違いがよくわかります。

« 富士急行2日間乗り放題(その1) | トップページ | 明日から私市へ »

1/1 私鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725840/57402159

この記事へのトラックバック一覧です: 富士急行2日間乗り放題(その2):

« 富士急行2日間乗り放題(その1) | トップページ | 明日から私市へ »