フォト
無料ブログはココログ

« 関西の特徴的な建築様式 | トップページ | 新刊のご案内 »

2014年8月27日 (水)

原稿沼から脱出

 南海の現地取材が終わり、カメラマンならあとは画像の整理だけでですが、ライターはそのあとが勝負。26日の締切りに間に合うよう、パソコンに向かってフル回転です。22~24日に行われた模型の祭典JAMも、今回は遙か彼方のできごと。地元の阿波踊りだけは、なんとか見に行きました。
 土曜、日曜も終日営業の結果、25日の夜にはなんとか書き上げ、もう一度読み返して26日の朝に送信。26日はほとんど抜け殻状態でした。お盆時に熱を出して動けなかった2日分をモロに被ったわけですが、まぁ、締切りに間に合ってやれやれです。なにせこの業界は24時間、いつ寝て、いつ仕事しようと構わないのですが、締切りを守るという仁義だけは絶対に守らないと、村八分にされてしまいます。
 そして今日はというと、

P8275346横浜の原鉄道模型博物館に陣中見舞いかたがた行ってみました。最初の予定ではJAM期間中を私がカバーすることになっていたのですが、もしそうだったら、原稿締切りとの板挟みで、今頃は三途の川を渡っていたかも知れません。

P8275347夏休みとはいえ、平日は空いています。もちろん、一時的にお客さんが集中する時もあり、運転は手を抜けません。
 この催しでは外周を走っている新幹線が一番の目玉で、造形村の0系は1月以上をけなげに走り抜いています。高速では少しギア音が目立つようになったとのことですが、なんとか9月1日までは持ちそうです。

P8275343ところで、気がつけば8月も27日。来週の月曜はもう9月だというのに、手元の18きっぷはまだ4回分が残っています。なんとなく銚子、富士急、秩父というアテはあるけど、もう1回はどこに行こうか。

« 関西の特徴的な建築様式 | トップページ | 新刊のご案内 »

鉄道模型全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725840/57202297

この記事へのトラックバック一覧です: 原稿沼から脱出:

« 関西の特徴的な建築様式 | トップページ | 新刊のご案内 »