« ブリキ車体の再生(その4) | トップページ | ブリキ車体の再生(その5) »

2014年7月11日 (金)

初めて名鉄に乗った日

 今年の1月8日にアップした遠鉄奥山線の続編になります。気賀口までの1往復のあとは東海道本線で豊橋まで移動しました。相変わらず雨は止む気配がありません。

Img_0082飯田線はあとの楽しみにして、まずは名鉄に乗ります。運よくパノラマカーが来ました。国鉄のホームには80系が見えています。

Img_0036最前列ではないけど、展望室に座れました。速度計の表示が110km/hになったところを1枚。この頃はネオン管です。下り勾配にかかるところでノッチオフしても表示は110km/hのままというのは、ちょっとおかしいちゃうか。

Img_0046名古屋までは行かず神宮前で何枚かスナップしています。車両は河和線からの新岐阜行き急行。河和線ホームは本線との立体交差のため、ホーム中ほどから勾配が付いています。

Img_0037こちらは有名な開かずの踏切。デキ402が入換え中です。

Img_0044デキ373が牽く貨物列車が来ました。機関車の次にはかなり古めかしいワフが連結されています。

Img_0047この貨物列車の発車を見送ります。なんと後にデキ600形と先ほどのデキ402が連結され、名鉄の電機3形式が揃っています。

Img_0039一度改札を出て、踏切から撮影。3850系はほぼ原型の重厚なスタイルです。このあと、駅前で名古屋市電を数枚写し、国鉄で豊橋に戻ります。

« ブリキ車体の再生(その4) | トップページ | ブリキ車体の再生(その5) »

コメント

パノラマカー、パノラマアイが付く前ですね。

 フロントアイの取付けは支線用の4連が登場してからですね。
あれはドアスコープと原理は同じで、大して役には立っていなかったようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めて名鉄に乗った日:

« ブリキ車体の再生(その4) | トップページ | ブリキ車体の再生(その5) »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ