« 都電の沿線を歩く(その2) | トップページ | 明日から不在です »

2014年5月17日 (土)

都電の下をくぐる道路

 よこやまさんのコメントにある、都電の下をくぐる道路について、藪塚さんから参考写真をいただきました。雑司ヶ谷からの下り勾配の途中に短いガードがありますが、そこが問題の場所のようですね。

P5122281 この写真は私が撮影したものです。線路手前の古レールの柵が途切れた所が、短いガードになっていますが、ここも金網が張ってあり通行はできません。このほかにも閉鎖されている踏切が数箇所ありました。ただし、警報器などが撤去されていないので、一時的なものかも知れません。
 ということで、都電の写真はそろそろ食傷気味でしょうから、気分転換の1枚。

P5102192 京王線明大前の上りホームにある売店です。すまりあこばた、てなんだ?




 取り敢えず写真を撮ってから気がつきました。たばこあります、なんですね。しかし、なんでわざわざ右書きにしなくてはいけないんだろうか。

« 都電の沿線を歩く(その2) | トップページ | 明日から不在です »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。
早稲田終点が道路の真ん中になってしまってから以降、この付近も今後どうなるか興味深いです。

 線路の両脇を道路にするのは、防災上の目的もあるのでしょうか。結果としては面影橋~早稲田間と同じような雰囲気になりそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都電の下をくぐる道路:

« 都電の沿線を歩く(その2) | トップページ | 明日から不在です »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ