« ダイヤ改正前日の行動記録 | トップページ | 昭和40年、福島交通軌道線 »

2014年3月16日 (日)

スノープロウを作る(その3)

 暖かくなって花粉もいっぱい飛んでいるので、週末は家に籠もって工作です。雨だけでなく、花粉も工作の手助けになることを実感しました。取り敢えず1個作ったスノープロウ、次は最初のと合わせなければいけないというプレッシャーがかかります。

P3090780 先週の日曜、勢いに乗って2個目を作ったのですが、並べて見ると角度がだいぶ違います。左が2個目で、これは少し寝かし過ぎ。しかたないのでもう1個作りました。

P3160965 3個目はほぼ最初のと角度が揃ったので、取付金具も作ります。真ん中のビスは仮止め用で、傾いていないか確認したらハンダを流して固定します。

P3160938 スカートのベースには1.4mmのビス2本で固定します。本物みたいに図面どおりとはいかないので、まず1本だけタップをたてて仮固定し、前後左右の位置関係を確認。よければ残りの穴を開けてタップをたてます。

P3160939 正面からよ~く睨めっこします。少し右上がりのような気もしますが、許容範囲内としましょう。

P3160952 車体に取付けてみます。だいぶ足元が引締まってきた!

P3160950 重連にしてもスノープロウ同士がぶつからないことを確認。2両目も作るのかという突っ込みは無視します。

P3160953
P3160954 レール面とのクリアランスは問題なし。よく見るとⅠエンド(上の画像)はスカート下端とのクリアランスがほとんどありません。0.2tのスペーサーを挟んで調整します。

P3160972 スノープロウの取付けはガッチリ固定せず、弾力性を持たせて衝突した時の逃げをもたせようと考えました。しかし、0.5tのままでは少しペナペナなので、1mmの角線で補強しておきます。

P3160988 実物はこういうアングルから見ることはできません。台車の回転や連結器の取り外しにも支障ないことを確認しました。

P3160987
P3160983 上がⅠエンド、下がⅡエンド。現時点ではそこそこのつもりですが、一晩寝てから改めて眺めると、なにやってんだよ、という所が見つかるかも知れません。問題なしとなったら、側面の支持アームに取りかかります。

P3160993 実はひとつ問題が…。実物は連結器の下にもスノープロウの受けがあり、この位置からでも結構目に付くのです。さぁ、どうしたものか。  

« ダイヤ改正前日の行動記録 | トップページ | 昭和40年、福島交通軌道線 »

0番EF65」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スノープロウを作る(その3):

« ダイヤ改正前日の行動記録 | トップページ | 昭和40年、福島交通軌道線 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ