フォト
無料ブログはココログ

« 昭和40年、福島交通軌道線 | トップページ | 東中野の桜は今が見頃 »

2014年3月27日 (木)

O-GAUGE MODEL SPECIAL

 前の日記でちょっと忙しくなっていると書いたのは、横浜の原鉄道模型博物館で開催されている「O-GAUGE MODEL SPECIAL」の運転にJORCが協力して、その運転要員に狩り出されているからなのです。
 この催しでは3月19日から4月7日までの20日間、同博物館の館長である原信太郎さんが製作・所有している700両近いOゲージ車両の虫干しと整備を兼ね、初めて走るところを公開します。

P3261026 会場は博物館内の多目的室で、入り口はこんな具合です。

P3261032 これがほぼ全景。そんなに広くないのでJORCのレールを敷くと観覧スペースが取れません。そこでJORC関西にご協力をいただき、半径1500mmと1600mmの複線エンドレスを敷いています。

P3261052 反対側から見たところ。手前のヤード(内側線)に原さんの車両、奥のヤード(外側線)にJORC会員の車両を収容しています。

P3181008 原さんの車両はほとんどがここ数10年走ったことがなく、今回の催しのため、事前に走行テストを行いました。その結果100両余りが走行可能であることを確認しましたが、小型機でもC11なんかは従台車がエアタンクに当たるし、ボギー車でもホィールベースが長いのはスカートに当たったりで、半分以上は実質的な静態展示になっています。
 やはり1500Rはちょっと苦しいし、客車や貨車が少ないので編成を組むのに苦労します。その結果、スイスの電機がイギリスの客車を牽く編成もありますが、原さんの考えならそれもOKのはずです。それにしてもこれらの車両は実にスムーズに走ります。少しスピードを上げて電源オフにすると、エンドレスをほぼ1周くらい、惰性で転がる機関車もあるし、既製品でも動力装置はほとんど作り替えられているので、この走りっぷりは一度見ておいて損はないでしょう。

P3191014 こちらはJORC車両のヤード。関西からE233系近郊タイプも応援出演しています。
 ところで、4月7日までほぼ毎日通う博物館までのルート、私の場合はすべてJR、東急東横線、京急の3ルートが考えられます。新宿で湘南新宿ラインに乗り換えれば、乗り換えの手間は一番楽ですが、運賃は最も高い。東横線ルートは一番安いけれど、朝夕とも混んでいて最も着席チャンスが少ない。ということで、試行錯誤の末、京急ルートに落ち着いています。特に帰りの品川行き快特は12両でガラガラだし、一眠りしても品川止まりだから乗り過ごす心配もありません。

« 昭和40年、福島交通軌道線 | トップページ | 東中野の桜は今が見頃 »

0番鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725840/55540812

この記事へのトラックバック一覧です: O-GAUGE MODEL SPECIAL:

« 昭和40年、福島交通軌道線 | トップページ | 東中野の桜は今が見頃 »