« ヤスリの専門店 | トップページ | フォクトレンダーのカメラ »

2014年2月21日 (金)

あのシーンをもう一度

 まずはこの画像をご覧下さい。

Photo 昭和45年1月の撮影で、多摩川を渡る南武線です。ハーフ判のネガからのスキャンなんで鮮明度はいまいちですが、機関車はEF15、いわゆる米タン列車かも知れません。
 南武線の上流に武蔵野線の橋梁が建設中。左上に東京競馬場のスタンドが見えています。カメラアングルが微妙ですが、右端に是政橋はあったかどうかは覚えていません。
 この時は南多摩駅から歩き、藪をかき分けて撮影場所を探していると、少し離れた所を野兎が跳ねて行きました。それから44年、武蔵野線が開業してからも41年が過ぎ、ふと、あの場所はどうなっているのだろう、もう一度あんなシーンが撮れるだろうかと気になり始めると矢も楯もたまらず(ちょっとオーバーですが)、1月29日に現地を訪れてみました。

P1299606 相変わらずの道なき道を辿り、ほぼ44年前と同じ位置に到達。もう少し線路に近い位置かなとも思うけど、今はこれ以上寄れません。この場所も撮影地ガイドとして紹介するには少々難ありなので、道順などの説明は控えておきます。

P1299585_2 それはさておき、列車についてはなんの予備知識もなく、1時間ほどカメラを構えて写せたものを時系列で並べてみます。時刻はカメラに記録されたものです。最初は12時45分、EF66が牽くタンカーが通過。武蔵野線ではこの向きが下りになるそうです。

P1299587 12時47分、南武線の205系が通過。南武線は10分ごとに来るので、以下は省略します。

P1299590 12時49分、EF210-170が牽くタンカー。EF210の100番代もずいぶん増えているんですね。

P1299592 12時57分、電機にしては音が違うと思ったら、185系が視界に入ってきました。回送だけど定期なんだろうか。

P1299593 12時58分、EF641045が牽くコンテナ。64のこの塗りは広島工場の更新車?

P1299595 13時09分、EF210-2が牽くコンテナとタンカーの混成列車。このあともう1本、13時17分にEF210牽引の列車が通過しますが、画像は省略。

P1299599 13時24分、遠目に少し色が違うなと思ったら、なんとEH200-11が牽くタンカー。中央線からの列車です。このカマ、2月16日に小淵沢駅構内で除雪作業中、雪に乗り上げて脱線しています。

P1299601 13時29分、武蔵野線用205系M31編成。試運転になっていますが、どこまで行くのだろうか。

P1299604 そろそろ1時間が過ぎ、EF65は来ないかなと諦めかけていたら、 13時51分、やってきました。しかも重連で。牽引機はEF652095、次位は無動で、塗色もだいぶ褪せているから廃車回送か。それなら大宮に持って行くはずだし…。この列車は配給列車のようで、真ん中にホキが入り、最後尾は今時珍しいトラが連結されています。
 EF65が撮れたところでこの場所は撤収。多摩川を渡り、西武多摩川線経由で帰りました。それにしても1時間少々で下りは数本なのに上りは6本。しかも理想的な順光なのだから、ここは癖になりそうです。

« ヤスリの専門店 | トップページ | フォクトレンダーのカメラ »

1/1 国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あのシーンをもう一度:

« ヤスリの専門店 | トップページ | フォクトレンダーのカメラ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ