フォト
無料ブログはココログ

« 昭和38年、新宿 | トップページ | 家にいる時の昼飯 »

2013年12月14日 (土)

阪急1000系デビュー

 11月28日から阪急電鉄神戸線に新形式の1000系がデビューしました。22日の試乗会に参加したので、1000系のプロフィールを簡単に紹介します。

Pb229062当日の9時30分、西宮車庫に集合します。参加者の半分くらいは、いつも東京で顔を合わせる業界人でした。

Pb2290771000系は一番奥に据え付けられていました。神戸寄りはカーブにかかっているし、大阪寄りもこのすぐ右に架線柱があるという、カメラマン泣かせの位置です。
 今までの阪急電車と違い、梅田寄りTcなのに車番は1000になっています。前面は見てのとおり、7000系のリニューアル車に似た、おとなしいデザインです。

Pb2291712両の8個モーターを制御するVVVFインバータ装置です。メーカーは日立でも電機品は従来の伝統に従い、神宝線用は東芝です。

Pb229086台車はボルスタ付きで、FS579M(M車用)、FS579T(T車用)とも見た目は同じ。

Pb229105台車の下を覗いて見ました。こういうアングルはチルト式モニタの付いたカメラの強みです。モーターは東芝のSEA-538A。永久磁石同期電動機で、ずいぶん小さいけど出力は190kWと強力です。

Pb229140車内です。大型の袖仕切りは阪急で初めて。FRPのままではなく、ちゃんと伝統の木目調に仕上げています。

Pb229152扉上の液晶画面がワイドになりました。ずっと細長いままではなく、2画面の分割表示もできます。照明はもちろんLED。強化ガラスのグローブ付きです。

Pb229145運転台は9000系とほぼ同じレイアウト。左側の壁面に電圧計と電流計があります。

Pb229166定期列車の隙間を縫って走るので、あまりスピードは上がりません。やっと100km/hというところでノッチオフです。

 1000系については1週間後に発売の鉄道雑誌で紹介されるでしょう。1月15日発売の鉄道ダイヤ情報2月号は阪急特集なので、そちらもぜひご一読をお願いします(私が原稿書いてますので)。

« 昭和38年、新宿 | トップページ | 家にいる時の昼飯 »

1/1 私鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725840/54257076

この記事へのトラックバック一覧です: 阪急1000系デビュー:

« 昭和38年、新宿 | トップページ | 家にいる時の昼飯 »