« 東武野田線60000系デビューツアー(その2) | トップページ | オイルダンパの取付け »

2013年6月17日 (月)

エアホースを縮める

 今年も残すところ半年少々、このあたりで工作も本腰を入れないといけません。昨年の11月に取り付けようとしたEF65のエアホース、ちょっと大きいのでどうしようかと考え(その間、放置)、やっとアイディアがまとまったので、この土日に実行に移しました。

Pb181369これは稲見のパーツをそのまま取り付けてみたところ(固定していません)。全体に大きいのは目を瞑り、長さだけでも短縮すれば、なんとかなりそうです。といっても、単純にちょん切って継ぐわけにはいきません。そこで、ホース部分を少し残して切断し、パイプで継げばいいだろうと考えました。

P6155443ホース部分の直径は約1.3mmなので、エコーの細密パイプ(外径1.2mm・内径1.0mm)を使います。ホース部分は2mmほど残し、そこをパイプに嵌まるように削ります。

P6155441先端部分は指で固定しにくいので、端金にボール紙を噛ませて押さえます。

P6155453最初はパイプだけで継いだのですが、曲げると折れてしまうので、中に1mmの真鍮線を入れるようにしました。エアホース部分は15mmあったので、2mm縮めて13mmにしています。

P6155451左が原型、右が短縮したもの。これでなんとかなりそうですが、いささか辛気くさい作業です。必要数10本のうち3本加工したので残りは7本。もっとも手元には6本しかないので、あと4本を買い足さないといけません。

 

« 東武野田線60000系デビューツアー(その2) | トップページ | オイルダンパの取付け »

0番EF65」カテゴリの記事

コメント

やや、頑張りますね~。0番だと、こんなこともできるんですね。完成を期待しています。

 16番ならいろいろなパーツを選べるけど、0番はこんなことをやらないと先に進めないのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアホースを縮める:

« 東武野田線60000系デビューツアー(その2) | トップページ | オイルダンパの取付け »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ