« 地下に潜った小田急(その1、東北沢) | トップページ | 地下に潜った小田急(その3、世田谷代田) »

2013年4月 8日 (月)

地下に潜った小田急(その2、下北沢)

 下北沢は急行停車駅なので、地下2階が緩行ホーム、地下3階が急行ホームと2層化されます。今回、地下化された線路は本来の急行線で、しばらくは特急から普通まですべての列車が走ります。

P3233248 下りホームの小田原寄りです。円形断面からシールドトンネルであることがわかります。

P3233233 下りホームの先端部、地上の下北沢1号踏切のあたりになるのでしょうか。乗って見るとすぐ世田谷代田に到着します。

P3233235 新宿寄りの先端部はかなり狭い感じです。柱の左側の隙間は、165cm・60kgの私がなんとか通れるくらいでした。
 考えてみればもともと1面2線分の用地しかないのだから、そんなにホーム幅を拡げられるわけではないのです。

P3233236 地下2階、人が大勢歩いている所は緩行線の線路の上になります。

P3233238 上の位置から180度振り返ると、こうなります。

P3233245 南口への通路。立ち止まって撮影している人もかなりいます。下は昨日までの下り線で、まだ架線も残っていました。

     

« 地下に潜った小田急(その1、東北沢) | トップページ | 地下に潜った小田急(その3、世田谷代田) »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

レポートありがとうございます。
毎日急行で通過しているのに、座って居るので前方も見ていないし、下車もしていないので助かります。
「その3」も期待しています。

 下北沢はかなり狭い感じです。複々線になっても急行~各停の乗り継ぎは経堂で、ということになりそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地下に潜った小田急(その2、下北沢):

« 地下に潜った小田急(その1、東北沢) | トップページ | 地下に潜った小田急(その3、世田谷代田) »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ