フォト
無料ブログはココログ

« 京王線の地下化を見届ける | トップページ | システム化、ほぼ完了 »

2012年12月18日 (火)

同業他社

 タイトルは同業他社としましたが、実際は鉄道模型の世界の話なんで、同業他クラブというところでしょう。
 先週の土曜(15日)、機動楽会の運転会が行われたので、表敬訪問してきました。ここは狭軌の日本型車両を正しいプロポーション(1/45、ゲージ=24mm)で作ることを絶対的な命題としていて、私が所属するJORC(日本0番鉄道クラブ)と二足の草鞋を履いている会員も何人かいます。
 会場は東急目黒線の武蔵小山から徒歩5分足らずの所。何故か昨年、今年とも雨なのは、私のせいではないと思います。

Pc150626
 ホールのフロアにレールを敷き、奥のステージは製作途中の車両などの展示スペースにしています。今年でクラブ創設から47年目だそうで、会員のほとんどは前期または後期高齢者です。

Pc150627
 未塗装のEF210がタキ10000を引いて快走しています。タキ10000も完全自作なのです。

Pc150628
 展示コーナーに並ぶ車両。省形の電機、蒸機や、それ以前の古典機が多いのは、JORCと同じです。レールには乗りませんが、私のEF65も並べました。

Pc150629
 EF52です。子供の頃、中央線でよく見たので、私にとってはEF53なんかよりも馴染みの深い機関車です。

Pc150633
 カッチリとした造りの古典機。これが機動楽会では標準レベルというのが恐ろしい。

Pc150604
 下津井電鉄をモデルとしたナロー(16.5mm)もありました。車体はレーザーカットのペーパー製です。実は私も0番ナローの電車を何両か作っています。

Pc150612
 動力装置はクラウンギア伝導で、台車内に収まっています。

Pc150634
 ペーパー製の161系。作者は新潟在住で、車体はほぼ完成。現在は台車を制作中です。

Pc150618
 EF65はじっくり観察しました。人それぞれの拘り方がよくわかります。ゲージは違っても、いろいろと刺激的な材料が多く、有意義な1日でした。 

« 京王線の地下化を見届ける | トップページ | システム化、ほぼ完了 »

鉄道模型全般」カテゴリの記事

コメント

ペーパー161系の方は、別方面での知り合いです。
今は台車を作るのに注力されているようで、日々の進捗状況を見せてもらってます。

 M氏の161系、だいぶ全容が見えてきましたね。自作の台車にも執念が感じられます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725840/48376231

この記事へのトラックバック一覧です: 同業他社:

« 京王線の地下化を見届ける | トップページ | システム化、ほぼ完了 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31