« 東武鉄道の旧型車 | トップページ | 京王線調布界隈の変化 »

2012年10月29日 (月)

中間台車に荷重をかける

 今回もほとんど目立たない所の工作です。中間台車は実物と違って動力は入っていません。今のところ左右動を許し、抜け落ちないように止めているだけでしたが、そのままでは軸バネもほとんど効かないので、ある程度、荷重をかけるようにしてみました。
 頭の中ではいろいろと仕掛けを考えてみたのですが、なかなか決定打が出ません。そういう時はまず一番簡単な構造のものを試作してみます。


Pa281069
 まずは下ごしらえとして、改軌のため継足ししていた端梁を1枚板で作直します。1tなんで切断機で切ると反りが出ます。早いとこ丸鋸用の超硬刃を買わなくては…。

Pa281075
 上は0.2t、10mm幅の燐青銅板。端梁は真ん中に2mmのタップを立てておきます。

Pa281076
 端を折り曲げた所を引っ掛けてネジ止めします。

Pa281077
 端梁の上面をガイドにして、適当な角度に折り曲げます。この曲げ加減で加重のかかり具合を調節できます。

Pa281084
 これを台車枠にネジ止めすると、こんな具合になります。

Pa281086
 上から見たところ。帯板の先端は床板に食い込まないよう、角を軽く折り曲げておきます。

Pa281092
 車体に取付けてみます。床板に燐青銅板が直接あたりますが、特に問題はないようなので、そのままにしておきます。

Pa281087
 真横から見たところ。

Pa281089
 こうするとビスの頭が見えるけど、実際にこの角度からじっくり眺めることはまずありません。なので、これでよしとします。

« 東武鉄道の旧型車 | トップページ | 京王線調布界隈の変化 »

0番EF65」カテゴリの記事

コメント

ブログにお招きいただき、ありがとうございます。

模型は車体だけではなく、足回りの小さな部品ひとつから手作りなのですね。
完成までには月単位で時間がかかりそうですが、左右の揺れを止める仕掛を考えたり、細かい部品を作ったり…難しいそうですが楽しそう!!

豆絞りさんの、楽しそうに作っていらっしゃる姿が目に浮かびます!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中間台車に荷重をかける:

« 東武鉄道の旧型車 | トップページ | 京王線調布界隈の変化 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ