フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「1/1 私鉄」の記事

2018年7月10日 (火)

ダメ押しのLSE

 

先月29日の「スーパーはこね」で燃え尽きたはずの小田急LSEですが、やはり完全に鎮火はしていません。特に用事もなく、天気もよいとなれば家でじっとしてはいられず、数日前からラストランをどこで撮ろうかと考えていました。
 いつもは直線のまともな構図で構えることが多いので、最後はカーブに絡めてみよう。でもこの時期、人が多いところで何時間も前から場所取りするのは辛い。ベストアングルでなくとも、そこそこの穴場はないだろうか。

P7103977で、最初に「はこね23号」を狙うのは厚木の下りホームとしました。1時間以上前に到着し、構図を確認していたら「スーパーはこね17号」が通過。ケツまできっちり入らないけど、まぁいいでしょう。

P7103979それから5分くらいしたら、ホーム端に1人張り付きました。これは望遠で引けば画面に入りません。

P7103981ホームは待合室もなく暑いので、一旦改札を出て駅の周りを歩いてみます。相鉄のヤードには休車の7000系が6両、放置されていました。

P7104000JR相模線の踏切。交換設備があった頃の線路が残っています。その昔、このあたりで河原の引込み線からトラを牽いて戻ってくるC11を撮りました。

P7104004今は205系500番代が20分おきに運転されています。

P7104006小田急の線路には古い橋脚が残っています。私が通学していた頃はこちらを使っていたのか、はっきりした記憶がありません。

P7104008「はこね23号」通過の10分前くらいにホームに戻ると、撮り鉄が2人増えていました。画面には入らないけど、展望室の屋根に架線ビームの影が落ちてしまいました。新宿ではセレモニーがあったらしく、運転室の左に花束が置いてあります。

P7104010戻りの「はこね22号」はchitetsuさんの真似をして鶴川で構えます。箱根そばで腹ごしらえをしてから構図の確認。撮り鉄が群がっている踏切から離れているから競争率は低そうです。とはいえここで1時間も待つ気にはならず、近所のファミリーマートでコーヒータイムとします。

P7104013お目当て通過の10分前くらいに戻ってきたら、その場所には先客が。作戦変更して踏切より町田寄りで構えます。LSEは7連相当だから、ケツも切れずに入るでしょう。

P7104015はい、本番。あらら、右端がカツカツじゃないか。暑さで手元が狂ったことにしておこう。

P7104018もう一度、「はこね41号」を南新宿の上りホームから撮って最後にしようと考えていたのですが、各停から快速急行に乗り継いで代々木上原到着が15:35頃。すぐには各停が来ないので南新宿は間に合いません。ならばと小走りで代々木八幡に近い所の横断橋に向かいます。位置を決め、カメラを構えたのが、ちょうど「はこね41号」が新宿を出発した時刻でした。

P7104019待つこと数分、ゆっくりと通過して行きました。展望室はだいぶ盛り上がっているようです。

P7104020後追いを1枚。これで本当に最後、のはずです。はい、時間来ました。
さよなら、さよなら、さよなら。

2018年6月29日 (金)

LSE、最後のスーパーはこね

 本日は二度寝もせず、10時前には小田急新宿駅2番ホームにいました。

P6293841改札をはいってすぐ、ロマンスカーカフェの前はたいそうな人だかりです。

P6293837発車案内の両数を見ると11両、ということは…なんて勿体つけなくてもLSEが来るのはバレバレです。

P6293842入ってきました。

P6293845停止寸前。まだこの時点では「さがみ70号」なのですが、列車名表示はもう「スーパーはこね」に変わっています。

P6293847停止しても阿鼻叫喚にはならず、そこそこに秩序は保たれていました。私は小田原寄りに移動します。

P6293854ラストランのステッカーが貼られています。NSEの最後の時を思い出します。

P6293869ありがとうのポスター。定期運行は7月10日までですが、「スーパーはこね」に入るのは今日が最後です。

P6293868この表示ももうすぐご用済みになります。

P6293862先頭もそこそこの人だかり。

P6293864発車30秒前。このあとは動画で撮りましたが、期待していたミュージックホーンは鳴らさず、静かに走り去っていきました。

P6293888せっかくだから戻って来る「はこね12号」を鶴川あたりで狙うつもりでしたが、これでもかのカンカン照りに作戦変更。お手軽な南新宿で出迎えます。LSEがデビューした頃は、まだ右の建物が小田急の本社だったはず。

P6293889すぐさま跨線橋に上がって後追い。なんと、ここでOER3001さまとご対面。まぁ、大体考えることは同じです。

P6293890折返しの「はこね31号」は踏切脇から。心持ちタイミングが早すぎた。

P6293892ダメ押しの1枚。 これで個人的には「さよなら」の儀式を終了とします。

2018年6月16日 (土)

ここ、いいかも

 先週の8日、渋谷駅の埼京線ホームを見に行こうと思い、新宿駅1番線で電車を待っていると、「先行列車が恵比寿で人身事故のため、しばらく運転を見合わせます」とのアナウンス。ボケ~と待っているほどヒマではないので、予定を変更して久しぶりに京王線を見てみることにしました。

P6083511取り敢えず笹塚で観察を開始します。都営車もだいぶ10連が増えてきました。

P6083516おっ、5000系だ。でも運悪く陽が陰ってしまいました。昼間は都営線直通の区間急行に入ることが多いようです。

P6083518これに乗込み、発車を待っていると上り線を見慣れないやつが通過。ホームに出るヒマもなく、運転室越しに撮りました。新宿ですぐ折返してくるはずだから、先回りして捕まえよう。

P6083520下りを側面順光で撮るのは地形的に難しく、半逆光だけどそこそこ引きが取れる八幡山で待ち構えました。前面だけ見ていると西武電車みたいです。このあと調布で下車し、駅前(駅上か)を歩きましたが、そのネタは次の機会に回します。まだ陽は高いので、車内から目を付けていた柴崎4号踏切に行ってみました。

P6083539ここは国領からの方が近く、14時を過ぎれば下りの側面に陽が回ります。しかし、意外と邪魔物が多く、ファインダーを覗くカメラでの撮影はまず無理でしょう。5000系8連の各停。

P6083540都営10-300形も最近のグループは顔付きが変わっています。

P60835419000系も8連は少数派です。

P60835427000系の準特急。7が四つ並ぶのは恐らく京王だけでしょう。

P60835498000系の6+4編成は残り数本です。

P6083553本日2本目の5000系も都営線直通の区間急行でした。このあたりで引揚げるつもりでしたが、緑の8000系と検測車が上っていったので、その帰りを待ちます。

P6083557デビュー当時に比べると、緑が少し色褪せたように感じます。

P60835585分後に黄色も通過。これで電車の撮影は終了です。

P6083561国領に戻る途中、気になっていた店に寄ってみます。幟が裏返っているだけで裏焼きではありません。

P6083560電車が見えるベーカリーカフェ「ほっとれーる」です。コーヒー100円とあるし、オヤツにはちょうどよさそうです。

P6083562この店は地下に潜った京王線の真上に位置しています。画面の左端が開口部です。

P6083559店内からは35‰を上下する電車がよく見えます。この窓の下はキッズスペースなので、大人がカメラを構えて居座ってはいけません。パンは少し小振りですが値段は概ね100円台。コーヒーは1杯ずつドリップして陶器のカップに注がれたレギュラーサイズ。100円で商売になるんだろうかと余計な心配をしてしまいます。日曜が休み、土曜と祝日はパンの販売なしなので、利用できるのは定職のない年寄りや自由業の人に限られそうです。

2018年6月12日 (火)

これが最後か、LSE撮影

 いよいよ小田急LSEの余命も1月を切りました。しかし、空模様とLSEの運転日、自分の空き時間がなかなか一致しません。天気予報を見ながらやきもきしていると、直近の予報は12・13日が晴れとなりました。しかも、11~13日はLSEが珍しく平日の運用(はこね23→22→41号)に入っています。開成町のピンポイント予報によれば、12日は日中ずっと晴れ、13日は午後から曇り。となったら今日行くしかありません。9:30過ぎに家を出て、新宿の金券ショップで小田急の株主優待乗車券を買い、10:21発の小田原行き快速急行に乗込みました。

P6123567新松田で各停に乗継ぎ、12時ちょい過ぎに栢山到着。5月5日に来た場所まで歩きます。赤影さんのレポートを見て水鏡は期待していなかったのですが、ご覧のとおり、稲は順調に生育しています。空はまだ雲が多く、トップライトのせいか側面が潰れ気味です。この日の新松田~小田原間のローカルは3本とも3000形でした。

P612356812:30、はこね19号。

P612356912:34、はこね14号。

P612357212:52、はこね21号。

P612357312:58、GSEのはこね16号。露出を+0.3に補正してみた。

P612357513:07、もうすぐLSEが来るというのに、雲がかかって来た。

P612357613:11、直前に雲が切れ、はこね23号が通過。

P612358613:56、はこね20号。陽の向きが変わり、側面の潰れが少なくなっています。

P6123588線路の向こうにこんな看板が。このあたりは二宮尊徳ゆかりの〇〇といった類いが多いのです。

P612358914:12、はこね29号。なかなかMSEの10連にはお目にかかれない(帰りに新松田で急行の発車前に通過して行ったメトロはこね22号が10連だった)。

P612359014:15、はこね22号。行っちゃった。せっかくなので約20分後に下ってくるVSEを待ちます。

P612359114:20、下りを見送った1000形の試運転。箱根湯本まで行った来たらしい。

P612359214:31、はこね31号。バックに雲があるけど、頭の上はカンカン照り。熱中症にならないうちに引揚げます。

P6123596駅の近くでダメ押しの1枚。来年はこのあたりで狙ってみようか。

2018年5月 7日 (月)

こどもの日はロマンスカー撮りまくり

 ロマンスカーの語源は京阪電鉄ですが、関東でロマンスカーといったら小田急に決まっています。その小田急ロマンスカーは3月のダイヤ改正からGSE(70000形)が加わり、この夏に2本目が入ればLSEが引退となります。小田急のHPによれば6月までは確実にLSEが運転予されているので、今がLSE、EXE、EXEα、VSE、MSE、GSEと5形式6タイプの活躍が見られる、一番おいしい時期なのです。さらにLSEの運用は土休日に限られるので、ゴールデンウィークは絶好の撮影チャンス。絶好の空模様に恵まれた5月6日に、ロマンスカー撮りまくりを決行しました。

P5053008朝方の上りが順光になり、なおかつ架線柱が4線通しになっているのは喜多見だけしかありません。ただし、手前に待避用の柵があり、練習に撮った一枚は見事に引っかかりました。列車はEXE6連の「モーニングウェイ60号」。

P5053012ならばと少し柵の間隔が長い所に場所替え。架線ビームの影が気になるなぁ。

P50530159:33、GSEの「はこね2号」が通過。少し傾いたし、ケツがぎりぎり。ビームの影も気になるので、最初の位置に戻ります。

P5053018緩行線を走るEXEは珍しい。「スーパーはこね9号」の送込み回送でした。

P50530229:55、LSEの「はこね4号」通過。朝一(新宿7:00発)の「はこね1号」で湯本まで行った帰りです。

P5053024_2次は新宿から戻って来る下りをどこで撮るか。喜多見の新宿寄りではいかにも無精なので、2駅移動して和泉多摩川としました。すでに先客が4人いて、これが通過する時には7・8人になっていました。
 10:13、「スーパーはこね7号」。新宿~小田急間をノンストップ59分で走り、小田原まで60分を切るという小田急の悲願を達成しました。

P5053026_2ダイヤ改正後は貴重な存在となったメトロ直通の急行。向ヶ丘遊園という行き先もレアものです。

P505302810:33、「スーパーはこね9号」。私はノーマークだったけど、EXE未更新車による「スーパーはこね」はサプライズだったらしい。

P505302910:42、「はこね57号」。新百合ヶ丘、町田、海老名、伊勢原、秦野に止まるので、LSEにたっぷり乗りたい人にはお薦め。このあと、場所を神奈川県に移します。

P505303211:55、「はこね10号」。鶴巻温泉の少し新宿寄りを考えていたのですが、車窓からこのへんもいいかなと思い、ひとつ手前の伊勢原で降りてみました。このあたりは手前(海側)に通信ケーブルがあり、さらに架線柱の中間にもそれの支柱があるので,少し離れて撮るのが無難。手前は開けているけど、バックに結構家が多く、列車が埋没気味です。
 それにしても今日は短いEXEが目立つ。せっかくの書き入れ時なのに、4連は車庫で昼寝しているらしい。

P505303411:57、「メトロはこね93号」。青いのは何本も擦れ違ったのに、写真に撮れたのはこの1本だけ。

P505304312:13、「はこね12号」。少し立ち位置を変えてみた。

P50530448000形10連の急行。そろそろ側面が陰り始めてきた。

P5053048目先を変え、流し撮りをやってみる。今のカメラは設定を変えないといけないが、結果は思わしくない。まだ腕が鈍ったとは思いたくないのだが…。

P505305112:50、「はこね15号」。EXEα、さすが10連は長い。今日撮れた10連はこの1本だけでした。

P505305312:56、「はこね14号」。地図だとそんなに線路が南を向いているようには見えないのに、もう前面にしか陽が当たっていない。ここはこれで切上げ、さらに小田原方面に移動します。

P5053095新松田で各停に乗換え、二駅目の栢山で下車。今度のダイヤ改正で新松田~小田原間の各停は1時間に3本に減便されています。途中、渋沢~新松田間で短いトンネルを抜けた先の踏切には、LSE狙いの撮り鉄が10人くらい群がっていました。

P5053059小田原寄りに10分弱歩けば、周囲が開けてきます。開成~栢山間には数人が構えていたけど、ここは誰もいません。

P5053062_2もう少し線路に近づいたこのあたりがよさそうです。今日は長期戦に備えて折りたたみの椅子を持参しています。

P505306014:17、「はこね20号」。ここは通信ケーブルにも邪魔されないし、バックもすっきり。新鮮味はないけど、ロマンスカー撮影の本命です。

P5053061この区間の各停は6連。新宿方ではあまり見かけなくなった1000形ワイドドア車で、車体が綺麗になっていました。

P505306414:29、「はこね21号」。画面に人が入ったけど、そんなに気にはなりません。手前の2人は地元の親子連れ、奥のオジサンは同業者で、特急が来ない時は柵の脇にしゃがみ込んでいました。

P505307214:57、「はこね22号」。また短いEXEです。

P505307515:07、「はこね23号」。光線が真横に近くなってきたけど、丸っこい前面なので救われています。

P505307715:27、「はこね25号」。線路際にいたオジサンは引揚げました。

P505307815:33、「はこね54号」。光線は完全に真横なので、上りも前から撮れますが、この位置では線路際に邪魔物が多い。

P505308316:01、「はこね84号」。本日5度目のご対面。

P5053089この場所では初めての8000形。

P505309016:30、「はこね29号」。これで本日の撮影は打止め。田圃に水が張られた頃、水鏡を狙ってまた来よう。

2018年4月30日 (月)

またまた西武多摩川線

 西武多摩川線は本線系統と接続していない離れ島路線で、3カ月に一度、検査のため車両が入れ替わります。昨年10月に伊豆箱根色が入り、今年の1月にはこれが本線に戻り、交代に赤電色が入線。4月には白いの1本と入れ替わって、黄色とベージュのオリジナル塗色編成が入っています。赤電も残っているので、黄色との並びが撮れるチャンスもあり。それほどの西武ファンではないけど、放ってはおけません。

P4262884出かけたのは先週の26日。運よく赤と黄色が動いていました。12時過ぎなので新小金井ではホーム屋根の影が上りの前面にかかっています。

P4262887ならばと白糸台の交換を狙います。望遠目一杯(350mm相当)なので、陽炎の影響が出ていますが、このくらいの大きさで見ていれば問題なし。

P4262888編成写真は見事に失敗。ここはもう少し早い時間でないと、側面に陽が回りません。

P4262891編成写真を撮るなら是政です。ここは線路がほぼ東西なので、13時過ぎは理想の光線状態ですが、側面に電線の影がぁぁ。2月に来た時は画面右から2本目の太い電線の影が落ちていました。今は陽が高くなってその影はかわせたのですが、その左の高い位置にある電線の影が落ちているのです。

P4262899少し薄雲がかかってくれるといいのですが、こういう時に限ってカンカン照りです。

P4262900逆向きの方が影が目立ちにくいようです。もう一度、午前中に来てみるかな。

P9290702これは昨年の9月29日。電線の影は最後尾にほんの少しかかっています。ということは、春分、秋分の頃が影のかからない理想の状態ということか。

P4262897おまけはカメラを構えている背面にある、古いアパート。いわゆる団地タイプですが、もう住んでいる人はいません。

P4262894立派なプレートがあります。

P4262895元は郵政省の官舎だったらしい。少なくとも数年前から遊休状態です。

2018年4月28日 (土)

小田急、成城学園前での折返し

 複々線完成で3月にダイヤ改正が行われた小田急。地下鉄千代田線から直通する列車は準急が主体になりました。

P4282928平日の準急は向ヶ丘遊園行き(始発)が1時間に3本ですが、土休日はさらに成城学園前行き(始発)が3本加わります。私が通学していた頃にも各停の成城学園前折返しがあり、この列車は小田原寄りの下り本線上に停車し、エンド交換をして上り本線に転線していました。しかし、複々線になった現在は、どうやって折返しているのだろうか。考えると寝付きが悪くなるので、「百聞は一見にしかず」を実践してきました。

P4282929代々木上原から成城学園前行きの準急に乗ってみます。

P4282948成城学園前の下りホームから、小田原寄りを見たところ。暗くてわかりにくいけど、真ん中の下り急行線から上り急行線への渡り線があるのは確認できます。

P4282963実際の配線図。鉄道ピクトリアル2018年6月号から拝借しました。この配線では下り線から上り緩行線には渡れません。京急だったら2丁ハンドル(編成の前後に運転士が乗る)で上り急行線からいったん両渡りを越えるまでバックして、緩行線に入るなんてことをやるかも知れませんが、小田急では無理でしょう。やはり、車両基地まで引揚げてから折返すのだろうか。

P4282935駅を出て喜多見寄りに徒歩10分弱。斜面の途中にある喜多見不動尊の境内から、車両基地への出入り線が見えます。側壁が高くてわかりづらいけど、奥の高架は下り線からの線路で、車両基地へ回送するE233系が見えます。

P4282936車両基地から出てきた東京メトロ16000系。もう少し進み先頭がトンネルに入ったあたりで数分間待機します。

P4282938本線を跨ぐ不動橋から。画面の右が車両基地に続いています。

P4282944こちらは本線の南側から。かなり苦しいアングルですが、本線を越えているのがわかります。
 というわけで、成城学園前行き(始発)準急はいったん車両基地に入って折返す、が正解でした。

2018年4月20日 (金)

東急電鉄の新車

 先週の14日、用賀でミニ集会があってその帰り、今月初めから営業運転に就いている新車に会えないかと二子玉川まで寄り道してみました。東急に詳しい同行者によると、もうすぐ田都の上りに2020系が来るとのこと。上りホームで待っていると大井町線ホームに6020系が到着したので、そちらに乗ってみました。

P4142770車内は床がフローリングみたいになっていて、乗り心地は◎。せっかくだからどこかで写真を撮ろうと旗の台で降り、大井町から戻ってくるのを待ちます。いつ雨が降り出してもおかしくない天気なのですが、デビューのステッカー付きを記録できたのでよしとします。

P4192841しかし、どうせなら晴れた日に撮りたいと思い、19日に再度出撃。田都線と大井町線の二股を狙える二子新地で待ち構えます。中央の線路を通過するのは大井町線の各停。二子玉川寄りはカーブしているので、直線で収まるのは5連までです。

P4192842東京メトロ08系の急行。田都線の急行はホームのある外側線を走ります。

P4192843下りはしばらく東武50050系が続きます。

P41928476000系の急行が通過。

P4192848本命の6020系が通過。もう少しサイドを入れたいので、大井町から戻ってくるのを待ちます。

P4192851今となっては省エネとは言い難い8500系。この編成は前後の各3両が初期タイプ。

P4192852クーラーが更新、未更新のチャンポンになっている9000系。

P4192854デヤに挟まれた工場入場車。5連でパンタが6個、昔の阪急2300系みたいだ。

P419285710連2本のみになった8590系。東武線には入らないので、動いていれば出会える確率はそこそこ多い。

P4192859大井町線の8500系。コルゲート付きだが車体は準軽量構造になっている。

P4192865東京メトロ8000系。第1~7編成のサハ(写真左)は後からの増備なので、窓高さなどが異なります。

P4192868上りの通過から約50分、6021編成が戻ってきました。まだ1本しか動いていないようです。ここまで1時間ちょい。東急5000系は上りで数本見ただけ。やっと下りで来たと思ったら、見事6020系の裏被りになりました。

P4192839駅には早くもこんなポスターが出ていました。6020系は当面2本だけなので、マルチシート車に差替えられる2両の行方が気になるところ。次期増備の2020系に組込まれるのだろうか。

2018年4月16日 (月)

神戸市電と阪神電車(昭和39年)

 初めて大阪・神戸に行った時のネガから、神戸市電と阪神電車をご覧ください。

P5103986三宮元町付近だと思います。車両は1100形。神戸市電で前・中式の出入り口は、これと1150形の2形式だけです。

P5103988これも三宮付近でしょう。1000形。架線柱がセンターポールになっています。

P5103990少し山側に歩き、有名な教会が見えてきたので、これをバックに入れてみました。1000形のトップナンバーです。

P5103992教会が正面に見える位置から。神戸市電では最も大型の500形。いくつかのグループに分けられるけど、これはK車と呼ばれる後期車らしい。

P5103994縦位置にしてみました。車両は1150形。台車を見るとまだ平行カルダンの高性能車だったようです。保守の手間がかかるのが嫌われ、後に直接制御に改造されました。

P51039961150形に続いていた600形。前面だけ腰高で、単車の300形を引き伸ばした感じです。私が撮影した神戸市電は、後にも先にもこの6コマだけ。このあと、武庫川の親戚の家に戻る途中に甲子園で阪神電車を撮影しています。

P51039983501形の上り特急。少しブレています。

P51040007801形の準急。できたてみたいで綺麗です。夕方の準急は16時頃から運転され、甲子園始発の上りはガラガラでした。1本だけジェットカーの準急もありました。

P5104002急行(左)も7801形。こちらが先発します。

P51040045201形の普通車。これも少しブレています。

P51040067801形の急行。中間のサハ(7901形)は小型車のお古の釣合梁式台車です。

P5104061これは別の日。青春Mさんのブログに押売りしたカットです。下りの特急は「うずしお」という標識を付けています。「うずしお」の由来はこちら。右に裏被りしているのはジェットカーの試作車です。

2018年4月12日 (木)

京急川崎のパタパタ

 駅のホームにある発車案内。これもよく見るといろいろなタイプがあります。

P9252257現在、まだ主流といえるのがLED方式。これはその基本ともいえる3色表示です。LED素子は赤と緑の2色で、同時に点灯させると黄色になるという仕組みです。

P3232349こちらはフルカラーLED。大きな駅なんかはこれが多くなっています。いずれにせよLEDは点光源の集合体なので、書体の細かい表現などに制約があります。

Pb021000最近増えつつあるのが液晶式。これも厳密にいえば点光源ですが、LEDに比べれば桁違いにクッキリ、ハッキリです。京急も品川はこれに変わっています。

P4042653それとは対照的に、京急川崎の本線ホームにある発車案内は、なんと超アナログなパタパタ式なのです。

P3152307表示部分をアップしてみます。各文字が横に2分されていて、これを回転させると文字が変わります。その昔の京成や東武東上線の電車についていた行き先表示を機械化したと考えればよいでしょう。正式な名前は多板式表示装置とでもいうのでしょうか。

P3152309これのおもしろいのは表示が変わる時。LEDや液晶のように1発では変らず、途中にいろいろな表示が出てくることです。ここは上りホームなのに、2段目には浦賀が出ています。

P31523101コマ撮りではなかなか決まらないので、連写にしてみました。三崎口・新逗子なんて併結、あったかな。

P3152326_2印旛日本医大という行き先も川崎ではあり得ない。右の備考欄は前4両品川止まりとなっています。

P3152328京急久里浜・浦賀というのは、横浜方面からの空港特急が運転されていた頃にあったかな。この装置、数字は10種類あればよいけど、行き先は何コマまで表示できるのだろうか。細かい表示までは目で追えませんが、連写したのをあとからみれば、意外な発見がありそうです。

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31