2019年9月13日 (金)

18きっぷで身延線を乗り通す

 8月の白河行きのために買った青春18きっぷは2回分だったので、9月10日までにもう一度、どこかに出かけないといけません。候補に上がったのは房総半島一周、高崎まで行って上信電鉄の様子を見る、久々に身延線を乗り通すの3プラン。日取りはいろいろあって期限ギリギリの10日しか空いていません。そうこうしているうち、8日の台風15号で千葉は大きな被害を受けたので、房総半島一周案はボツ。上信電鉄もまぁそんなに急いで行くこともなかろうということで、身延線乗り通しに決定しました。実は先週あたりにたかべえさんとOER3001氏が18きっぷで身延線を乗り通されたようなので、それの真似とは思われたくない。お二人は中央線~身延線~東海道線という順序だったので、私は東海道線~身延線~中央線という逆回りにしてみました。これは身延線内で交換する列車を順光で撮れるということも計算に入れています。

P9100215
出発は新宿8:27発の湘南新宿ライン2829Y平塚行き、そこで東京から来る1839E熱海行きに乗継ぎと予定していました。しかし、予定より早めに家を出られたので、新宿8:05発の2525Y大船行きから戸塚で3521E快速アクティー熱海行きに乗継ぎ、熱海には9:53に到着しました。ただし、2525Yは5分ほど遅れていたので、定時なら戸塚で3分待ちのところがほぼ同時到着となり、綱渡り的な乗継ぎでした。熱海では9:59発の静岡行き1441Mに乗換え。211系6連のトイレなし編成ですが、ホームを移る時にドレン抜きしておいたから安心です。座席を確保したら伊豆急の金目鯛電車(だと思う)が到着したので、1枚撮っておきます。

P9100218
天気もよく、車内には18きっぷの同業者も何人か見受けられます。三島では車内から伊豆箱根鉄道の電車を1枚撮っておきました。

P9100221
10:34吉原到着。ここでちょいと岳南電車を眺めていこうという魂胆です。

P9100225
ところが、上りの副本線(写真右)に貨物列車が止まっていて、岳南のホームが見通せません。跨線橋の窓は嵌め殺しなので、上から撮るのもダメです。

P9100223
なんとかホームの端から望遠目一杯にしても、こんなくらいにしか写せません。2本目は単行の7000形でした。富士急から来た9000形(元京王の5000)は動いていないようなので、岳南の撮影は諦めます。

P9100224
この日の朝、掛川で人身事故(触車事故といっていた)があったとかでダイヤが乱れ、次の
10:51発1443Mはウヤになったようです。時間つぶしに止まっているコンテナを撮りまくりました。JOTのコンテナは1個だとたいてい一番端に乗っています。

P9100227
これはあまり見たことがない。

P9100232
最近のごく当たり前のやつ。

P9100230
台車も写しておこう。これはコキ107の台車で、軸バネが付き、ホィールベースもコキ103用より少し長いようです。

P9100229_20190913232301
上りの三島行き。東海道本線でセミクロスの3000番代は珍しい。

P9100233
当初、熱海から乗る予定だった433M
が10分ほど遅れて到着。211系と313系の4連で結構混んでいました。富士までの1駅ですが、全行程で唯一の立ちんぼです。その昔、東京から「ながら」の戻りの373系に乗ると富士着が8時ちょい前で、ホームの先端に行き、上りの特急「富士」を撮影したことがあります。

P9100236
下り副本線に懐かしい緑のコンテナがいたので、撮影しておきました。そういえばブルーのコンテナもいつの間にか見なくなっています。

P9100239
身延線の西富士宮行きが発車。かつては2ドア3ドアが入り乱れた旧国が発着していましたが、いまはすべて313系3000番代です。一旦改札を出て、昼飯用のパンを仕入れておきました。

P9100240
甲府行きの3631Gは12:14発。全線通しの列車は昼間だと2時間に1本くらいですが、ご覧のようにガラガラでした。

P9100242
ボックスシート、JR東のE233系なんかよりはるかに本格的です。

P9100244
ホームには駅弁屋が運営する立ち食いそばがあります。こういう様式、首都圏ではほとんど見られなくなりました。発車の3分前に特急「ワイドビューふじかわ5号」が先発するのですが、東海道線の事故の影響で遅れているためそれを待たず、ほぼ定刻に発車しました。

P9100251
西富士宮で遅れた特急を待避。2駅先の芝川を通過しないと青信号が出ないので、10分以上止まっていました。ここを出るとカーブしながらぐんぐん高度を上げていきます。富士の市街地が眼下に広がる景色は、逆方向から来て急に視界が開ける方が、より感動的です。

P9100257
十島で3630Gと交換。ここで4・5人降り、車内は1両に10人ちょいくらいになりました。以下、交換する列車は曲がりなりにもすべて撮影しました。

P9100264
甲斐大島では特急「ワイドビューふじかわ8号」と交換。定時では6分停車して特急を待つのですが、西富士宮で遅れが出たため、特急が先着して待っていました。

P9100267
12:43身延着。おっ、随分人がいると思ったけど、冷静に数えたら10数人です。

P9100270
波高島で3632Gと交換。背後に中部横断自動車道のICが見えています。ここから南の方はまだ一部が工事中ですが、全通したら身延線はますますま影が薄くなることでしょう。ここを出てすぐのインカーブでは、1981(昭和56)年4月に旧型国電を撮影しています。今は田圃が耕作放棄されて草や灌木が生い茂り、撮影は難しそうでした。

P9100279
14:24鰍沢口到着。少々尻も痛くなってきたので、ここで途中下車します。

P9100276
右が乗ってきた甲府行き3631G、左が富士行き3634G。富士からの運転士は身延で交代してそのまま便乗、ここで降りました。

P9100283
どうするのかと思ったら、側線に止まっていた編成に乗り込んでパンタを上げ、クーラーを起動
しました。この編成はパンタが1個で、よく見ればロングシートの2300番代でした。運転士は駅舎に引き上げてしまいましたが、15:46発の甲府行き3745Mになるようです。時刻表から推測すると、列車番号末尾にGが付くのはセミクロス車、Mが付くのがロングシート車と思われます。

P9100286
駅舎は本当にこぢんまりしていて、出札などの設備はありません。青い片流れ屋根の部分が乗務員の詰め所なのでしょう。その左の小さい建物がトイレです。駅前は何もなく、鰍沢の街は富士川の対岸にあるようです。だから駅名は鰍沢口なんですね。富士川を渡る橋まで歩いてみようかとも思ったのですが、見事なカンカン照りなので、100歩くらい進んで引き返しました。

P9100296
次の甲府行き3743Gは、14:51に到着する3732Gの折返しで、
左の特急「ワイドビューふじかわ10号」が発車した2分後の15:03に発車します。乗客は2両で20人足らずでした。

P9100298
鰍沢口からは平坦区間になり、東花輪で3636Gと交換。側線に3連でロングシートの2600番代が止まっていました。朝の
ラッシュ時に動くのでしょう。

P9100302
南甲府で3734Gと交換。学校帰りの高校生や、都会風のオネーサンも乗込んできました。次の善光寺を出れば中央本線と並走します。

P9100303
甲府到着は15:50。営業キロ88.4km、運賃計算上の換算キロは97.2kmになります。一気に乗通せば概ね3時間弱、特急なら2時間を少し切るくらいですが、普通列車で乗通そうという物好きは、十中八九鉄オタでしょう。

P9100305
甲府駅の身延線ホームの位置は昔と変わりません。たかべえさんのブログにも同じ位置に茶色のロクヨンと211系が写っていました。中央線への乗継ぎ時間が少ないので、ロクヨンの撮影は諦めました。

P9100308
15:59発の高尾行き548Mはすでに停車していて、余裕で座れました。ただし、211系2000番代の6連なので、オールロングシートです。定刻に発車し、塩山を過ぎると右にほぼ90度カーブしながら笹子峠に向かって登ってゆきます。眼下に広がる甲府盆地、これもお気に入りの景色です。勝沼ぶどう郷の駅前(駅下か)にEF64が保存されているのは知りませんでした。次の機会に下車してみましょう。

P9100311
笹子トンネルに手前から雲行が怪しくなり、トンネルを抜けた甲斐大和はものすごい土砂降りになっていました。ここで11分止まって特急「かいじ18号」を待避します。これ以後はめぼしいところもないので撮影は終了。高尾でE233系に乗継ぎ、高円寺には18:41に到着して、18きっぷの旅は終わりました。なお、本日の支出はパンとおかずで560円でした。

2019年9月11日 (水)

74万アクセス

 去る6日の朝方、このブログのアクセスが74万を越えました。で、74という形式はED74とクモユニ74が双璧ですが、残念ながらED74は写真どころか実際に見たこともありません。なので今回はほぼクモユニ74の独演会です。

Pc280001
クモユニ74という形式は東海道線東京口用の0番代、同じく静岡地区用の100番代、東北本線、高崎線用の200番代の3タイプがあります。写真は東北本線の久喜で、午後の新聞輸送のため隅田川まで回送する上り列車です。

Pc285569
同じ東北本線の蓮田。よく見ると真ん中はクモユニ82の50番代です。

Pc280116
この列車の大宮~隅田川間は高崎線からの列車を併結して6連となります。恐らく荷電だけの6連という豪華編成は全国でもここだけだったと思います。写真は6連で大宮に到着したところですが、ホームに降りたタイミングが遅く、最前部(左)の1両が写っていません。高崎線の3連はさらに高崎で分割した1両が両毛線に入っていったそうです。

P9081958
こちらはちょっと珍しいスカ色のクモユニ74。やはり新聞輸送で、両国~千葉間は4連。その先は1両ずつに切離して内房線、外房線、総武本線、成田線の4方面に向かいます。このスカ塗り、よく見ると幕板部分の塗り分けが各車微妙に違っています。中には前面のオデコ部分も青になっているものありました。どうかすると千葉だけにしかいなかった珍車のクモハユ74が混じることもあって、色だけはスカ色で揃っていました。

P7045627
オマケは京王電鉄のデハ7400形。車号は21から始まっています。なお、当然あるだろうと思っていた阪急7300系の7400形は、京都寄り先頭というのが災いしたのか、写真が見つかりませんでした。

2019年9月 9日 (月)

永遠の別れ

 また一人、遊び仲間が三途の川を渡って、遠い世界に旅立ってしまいました。

P42618412014426
関東合運やトレインフェスタなどに参加したことがある人なら、このオジサンに見覚えがあるだろうと思います。狭山のオッサンなんて呼ばれることもありましたが、本名は甲斐三幸。私と同じJORC(日本0番鉄道クラブ)の会員で、長らく副会長を務めていた重鎮です。4・5年前から糖尿病で人工透析を受ける日々となり、昨年は体のあちこちにガンが見つかって入退院を繰返していました。
 一旦は完治したかに見えたのですが、今年に入ってまた新たなガンが見つかり入院。この夏の暑さで体力を使い果たしたのか、8月28日に帰らぬ人となりました。享年68歳。私より5歳若いのだから「ちゃんと順番守れや」といいたくなります。

P9070210
葬儀は9月7日に行われました。

P9070209
遺影は運転会で私が撮影したものです。写真ネタにしやすい人だったのが役に立ちました。

P9070212
最後のご対面です。模型関連の方々にはほとんど連絡をしていませんが、葬儀はなるべく簡素にというご遺族の意向なので、悪しからずご了承ください。決してJORCが報道管制をしたわけではありません。いずれ近いうちに同業者でお別れの会を計画していますので、詳細が決定次第お知らせします。

P81626982003816
元気な頃の甲斐さんを偲んで、写真のストックを探してみました。取り敢えずデジカメのデータなので、一番古いのがこれ。2003年8月16日だからJAMが終わった直後です。

Pa18969720081018
2008年10月18日、関西合運です。彼の関西行きはこの時が最後になりました。

P82249442009822
2009年8月22日、JAM。

P3208914-2010320
2010年3月20日、秩父鉄道の車内です。となりは今年の1月に亡くなられた、月刊とれいんの西原さん。意味深いツーショットですが、もちろんこうなることを予想して撮ったわけではありません。

P3303427-2013330
2013年3月30日、東武博物館での運転会です。

Pa14752720131014
2013年10月14日、けんかつでの関東合運です。運転会でもよく居眠りしていました。

P11294122014112
2014年1月12日、稲毛大聖堂での例会。自分の模型を撮影しているのは珍しい。

Pa12652420141012
2014年10月12日、関東合運の会場です。自分の模型を前にして、見事にずっこけてくれました。友情出演のお二方、ありがとうございます。
 まだまだ本人は燃え尽きていなかったと思うけど、迷わず成仏してください。あとのことは引き受けたから。

2019年9月 8日 (日)

京急の折返し運転

 先週6日の朝方、74万アクセスに達しました。74絡みの写真といえば九分九厘あれだろうと想像はつくと思いますが、ちょっと毛色の変わったのを準備中なので、もう少々お待ちください。
 で、話変わって6日といえば、京急は前日の昼頃発生した踏切事故のため、終日、京急川崎~横浜間が運休になっていました。私はこの日の午後、横浜に用事があり、さらに夜は川崎で模型仲間のお誘いも受けていたので、行きがけの駄賃に京急の運転状況を見てきました。断っておきますが、京急はついでの立寄りであり、現場は大変な状況ですから、なるべく控えめな行動を心がけました。

P9060159
品川の乗換え改札口に出ていた掲示。

P9060163
下りホームの発車案内。本線系統の快特と普通が京急川崎止まりとなっていますが、本数は平常どおり。京急蒲田止まりの普通は運休でした。

P9060165
都営線からの快特。川崎止まりなので座席に少し空きがあるくらいでした。

P9060167
下り方面の
エアポート急行も京急川崎止まりで運転されていました。写真は到着して行先が回送表示になった列車。前方の本線上に折返して品川行きになる普通が停車しています。打合わせ時間が迫ってきたので撮影は一旦打切り、JRに乗換えて横浜に向かいました。

P9060168
打合わせが終わった15時過ぎ、横浜の京浜東北線ホームから京急を撮影します。横浜止まりの普通。横浜以南は特急と普通がそれぞれ10分毎の運転でした。20分くらいいて京急を撮っていたのは私だけでした。

P9060173
横浜止まりの特急。折返しは隣の神奈川に近い所にある渡り線を使っていました。

P9060177
川崎に戻り、入場券を買って京急のホームに入ります。ここでの折返しは横浜寄りの渡り線を使っていました。横浜もそうですが、入換え専用の運転士も乗込んで2丁ハンドルとなるので、停止してポイントが変わればすぐに発車。京急の面目躍如というところです。

P9060179
エアポート急行には2100形も入っていました。このほかにももう1本確認しています。恐らく新町検車区への出入りができないはずだから、品川寄りは車両の遣り繰りが大変だったろうと思います。

P9060186
上り線に転線するエア急。

P9060188
6番線に青砥行き快特、7番線に羽田空港行きエアポート急行という、平常ダイヤではあり得ない並びが見られました。

P9060202
5番線に到着し、折返し準備中の快特。入換え担当の運転士が乗込んでいます。事故現場では脱線して傾いた先頭車両(1137)の撤去に手間取り、運転再開は7日の午後になりました。

2019年9月 4日 (水)

白河発、青春18きっぷの旅

 大統寺での運転会の2日目となる8月25日、朝飯前から運転を開始しているみなさんに別れを告げ、青春18きっぷで気ままな旅に出発しました。

P8250011
落ち着いた雰囲気の白河駅。日曜の朝8時前ということもあるけど、ほとんど人影が見当たりません。

P8250014 
庇の上の窓はステンドグラスになっています。南海電鉄の古い駅と同じような様式です。

P8250015
1日に発着する列車は20本を割っています。編成は最大6両、昼間の上下各4本が恐怖の2両ワンマンです。

P8250016
日曜なので9時にならないと窓口は開きません。スイカも使えない空白地帯です。

P8250017
ホームは島式が1面。左が上り線で待避線が1本。
右には留置線が3本あります。電車が来るまで小一時間ありますが、その間に貨物列車が数本、停車していきます。なんでこんな駅にと思ったら、ここでパンタの上げ下げをしているのです。今は黒磯が通過となるため、ここが停車できる一番近い駅ということなのでしょう。上下列車とも5分くらい停車しています。

P8250023_20190904154501
ホームにある待合室。

P8250018
駅の北側には小峰城があります。

P9040153
8:25発、福島行きの2127Mに乗車、E721系の4連でした。最後尾からに乗込み、車掌さんに日付印を押してもらいます。18きっぷは金券ショップで残り2回分のを買いました。前所有者は船橋在住のようです。12日竪堀は身延線、13日の平田はどこ?。日曜でも車内はそこそこの混みようで、なんとか戸袋部分のロングシートに座れました。郡山に着くまでに上りの貨物4本とすれ違い。線路端にいればかなり効率よく撮影できそうです。

P8250030
郡山に着いた列車はそのまま福島行きの1133Mになるというアナウンスがあり、客も入れ替わったのでクロスシートに座れました。

P8250026
となりのホームに派手な719系がいました。磐越西線の観光列車に改造されて「フルーティア」というらしい。写真の元クハはクシ718になっています。

P8250032
1133Mは金谷川だかでお客様ご案内のため3分ほど余計に停車し、遅れをそのまま引きずって福島到着も所定の10:11より3分延。乗継ぐ予定の阿武隈急行は10:16発なので、ホームの人並みをかき分けて阿武急の乗換え口に辿り着いたら、間一髪の差で梁川行きは発車してしまいました。次の列車は10:49発なので、その間に改札を出てみました。駅前に降りたのは昭和40年の8月以来だから54年ぶりです。当時は大きなリュックを背負ったカニ族が広場に寝っ転がっていました。この通はその昔、福島交通の軌道線が走っていたはずですが、両側に大きい建物ができたので、随分狭く感じられます。

Pb025333
昭和40年の駅前通です。

Pb025332
左に曲がった所に軌道線のホームがありました。

P8250033
なんとなく、ここがそのホームの跡のような気がします。

P8250061
本日は19時までに帰宅という縛りがあるので、行程の繰り延べはできません。かえりの列車から逆算すると行けるのは保原までになります。

P8250036
10時半頃ホームに入ると、もう10:49発の槻木行き919Mは入線していました。なにやらど派手なラッピングです。右は福島交通飯坂線の電車が到着したところ。こちらは1時間に3本ほどで、到着するとすぐに折返して行きます。

P8250037
車内は扉間が国鉄仕様のクロスシートです。

P8250050
ここだけ見ればかつての急行「まつしま」なんかと同じ。

P8250044
連結面寄りはロングシート。

P8250038
国鉄の455系と違って前方の見通しはよい。

P8250042
運転台。マスコンがデッドマン仕様になっています。

P8250064
定刻に発車、暫くは東北本線を走り、右に福島交通が並走します。

P8250066
最初の停車駅、卸町の手前で東北本線から分かれます。飯田線の西小坂井みたいです。

P8250068
20分ほどで保原に到着。乗ってきたのを後追いで1枚。

P8250070
保原駅。ここも時間が止まったような感じです。

P8250075
ホームからの展望。軌道線の保原電停はどのあたりなのか、丸っきり見当がつきません。

P8250077
11:21発の924Mで福島に戻ります。

P8250080
途中の瀬上で921Mと交換。ホームに下りて撮ろうと思ったけど、置いてきぼりされたら洒落にならないので、止めておきました。

P8250088
福島に到着。飯坂線の電車はすべてこれになっています。

P8250102
12:20発の郡山行き1142Mで帰路につきます。E721系の4連でした。右はE721系と701系の併結。床面高さの違いがよくわかります。

P8250105
13:07郡山着。隣のホームにこんなのが止まっていました。私は初めてのご対面です。

P8250106
出発信号は赤になっているので、形式写真を撮りながら前方に歩きます。

P8250108
これはパンタ付きだから電動車なのでしょう。

P8250110
先頭車のラウンジ部分。撞木鮫の頭みたいです。

P8250118
先頭車の大部分はエンジンルーム、約2300kWというDF200を遙かに上回る出力のエンジンが鎮座しているそうで、自重は約60tだとか。電化区間なのでエンジンは動いてなく静かでした。

P8250114
編成通し。そうこうしているうちに発車。ホームにいる人にお見送りの小旗が配られたようで、乗客も手を振っています。そんな演出のため、最後尾がホームを外れるまではゆっくりと流していました。このあと、次の列車までは少し時間があるので、改札外の駅そばで昼食としました。

P8250124
13:50発の新白河行き2142Mは701系2連のワンマンですが、なんとか座れました。須賀川でかなり降りて、ちょうど座席が埋まる程度になり、ほぼそのままの状態を維持して14:30に新白河到着。ここは中線の仙台寄りを7番線、上野寄りを6番線とわけ、ホームの移動だけで乗継げるようになっていて、降りた客の8割くらいはそのまま6番線に移動しました。

P8250128
新白河~黒磯間の列車は朝夕のE531系を除いてキハ110系の2連。乗継ぐ列車もキハの2連なんですが、みなさん、E531系の乗車位置に並んでいます。ここに限らず、ローカルでは次の列車が何両で、どの乗車目標に並べばよいのかという案内が不足しています。

P8250131
15:01発、黒磯行き4140Dが到着しました。黒磯までは23分だから立っていてもいいかと思っていたけど、運良く前向きの1人席を確保できました。黒磯着は15:24、15:43発の宇都宮行き662Mは205系の4連でした。これで首都圏に戻ってきたという気分になります。宇都宮では1分接続の16:36発の快速逗子行きに乗継ぎ、18:18新宿着。予定どおり、19時前に帰宅できました。

2019年9月 1日 (日)

品川に現れた相鉄の電車

 JAMが終わってからの2週間は、白河に遠征した土日を除き、原稿書きでほぼ毎日パソコンと睨めっこしていました。仕事は予定より早いペースで片付いたものの、ほとんど座りっぱなしなので尻が痛くなるし、運動不足で寝付きも悪くなります。もう家に籠もるのは限界に達したので、本日(31日)昼過ぎ、カメラを持って出かけました。といっても特にこれといったアテはなく、駅まで歩くうちに、そうだ、品川に行ってみようと閃きました。 
 実は先週の23日、15時頃に所用で品川を通りかかったところ、横須賀線ホームの方に相鉄の12000系が止まっているのを確認しました。8月に入ってから試運転が始まっているようです。土曜だから来ないかも知れないけど、まぁダメモトで行ってみましょう。

P8310134_20190831230101
品川駅11・12番線の横浜寄りはすでに千客先客万来。これで来ることは確定したので、私は9・10番線の日陰の所で待構えます。

P8310133
14:38、いるのに気付かなかったけど、14番線から埼京線用のE233系が発車していきました。相鉄の西谷まで行くのでしょう。

P8310135
5分後の14:43、やってきました、YOKOHAMA NAVYBLUEの12000系。しかし写しにくい色です。側面は順光なのにかなり暗くなってしまうので、シャドーをかなりブラス補正しています。

P8310137
14番線に到着し、停車する寸前に11番線のE531系とツーショット。品川まで来るのは試運転の時だけだから、これは貴重な記録になります。

P8310140
品川に来たという証拠写真です。人が途切れたのはほんの一瞬でした。

P8310142
若いのが多いのは土曜日のせいか。

P8310146
電車の正面が見えたところを1枚。停車中のカットはカメラでプラス1段補正し、さらにパソコンでシャドーを持上げ、ハイライトを落としています。

P8310150
待つことしばし、15:14に発車しました。

P8310152
後追い。行く先表示のLEDは1/1000秒でもしっかり写る優れものです。これで今夜は寝付きもよくなることでしょう。

2019年8月30日 (金)

久しぶりの東北遠征

 やっと原稿沼から脱出し、ブログが書けるようになりました。ほぼ1週間前の24日、古い付合いの模型仲間からお誘いを受け、白河市(福島県)まで出かけました。すでにOER3001氏ぬか屋さんのブログでネタは割れていますが、運転会の場所はお寺。JORC関西は教会で運転会やってますから、お寺でやっても不思議なことはありません。

P8249927
今回、18きっぷで往復するつもりだったのですが、OER3001氏から「クルマだから、隅っこでよければ乗せてくよ」というお声がけがあり、ありがたく便乗させていただくことにしました。同行者は私のほかにたかべーさん、ぬか屋さんの3人。都合4人なので重量バランスもよいようです。途中、那須高原SAで小休止。カメラを出すのでトランクを開けてもらいました。このクルマは最近買い換えられたそうで、ナンバーはしっかり3001になっていました。

P8249928
売店には鮎の串焼きもありましたがそれには目もくれず、ソフトクリームをペロペロ。牛乳たっぷりで450円はなかなか良心的な値段です。

P8249932
福島県に入ると道もだいぶ空いてきます。速度は時折100km/hを越えますが、エンジンが唸るわけでもなく、車内はオジサンの鼻息が聞こえるくらいの静かさです。半世紀以上前、第三京浜を1200ccのブルーバードで100km/h走行したときは、窓枠がガタ付き、運転者は必死でハンドルにしがみついている感じでした。日本のクルマも進歩したものです。

P8249936
白河インターを過ぎ、次の白河中央で高速を降ります。「都をば 霞とともに立ちしかど 秋風ぞ吹く白河の関」と歌に詠まれた白河の関跡(駅名でいうと豊原と白坂の中間あたり)はもう通り過ぎたようです。

P8249937
えっ、これが高速の出口。ETC専用だからこれで用が足りるんですね。

P8249978
一般道を20分くらい走って会場に到着。

P8249944
私以外は慣れた足取りで境内に入っていきます。山号は寶陀山大統寺、臨済宗妙心寺派だそうです。

P8249983
奥の本堂が運転会の会場になります。

P8249945
扉を開けて入ってみると、すでにレールは敷かれ、ヤードには長編成がびっしり並んでいます。

P8249948
運転席。本線は複線なので単純なデュアルキャブコンですが、配線コードの量が半端じゃない。

P8249952
接続プラグのハンダ付けが2箇所外れていたようです。最後は私がコテ握り、なんとか復旧しました。

P8249954
レイアウトはかなりの年代物で、ポイントマシンが日本のHOゲージの歴史を物語っています。これは最新タイプで、マイクロスイッチを2個連動させています。

P8249955
天賞堂のマシン。純正の木製道床付きポイントもあります。

P8249956
カワイのマシン。補助接点の容量が大きく、使いやすいです。

P8249963
線路の調整もすみ、13時に開通式のテープカットが行われました。中央が新白河駅長、その左が住職、新人はテープカットに参加するという掟があるようで、私も挟みを持たされました。

P8249973
境内には5インチのレールも敷かれています。試運転をさせてもらったところ、沈み込みや逆カントになっている所が何カ所かあり、砂利をかき寄せて狂いを調整しました。

P8249975
子供へのサービスですが、大人も結構楽しんでいます。

P8249993
涼しい本堂に戻り、武蔵野急行の電車も運転しました。

P8249994
17時過ぎで昼の部の運転は終了。夕食は住職の招待でトンカツというのが決まりだそうで、クルマに分乗して店に向かいます。

P8249997
なかなか洒落た造りです。日帰り組はもう乾杯もすんで食べ始めています。

P8240001
高齢恒例のカンパ~イ。う~ん、染みるわぁ。

P8240002
私は一口ヒレカツセットをいただきました。おいしかったし、量も十分です。このあと、さらに山奥のスパホテルあぶくまに向かい、掛け流しの温泉とサウナで汗を流しました。

P8240004
21時半頃大統寺に戻り、夜の部の運転開始。こうなると主役はビールで模型はオマケです。放っておけば朝まで飲んでいそうですが、明日もあるので23時過ぎにお開きとなりました。

2019年8月26日 (月)

重要なお知らせ

 ただいま業務多忙のため、ブログの更新を見合わせています。

再開までもう少々お待ちください。

P8250023

2019年8月19日 (月)

終わってみれば

 毎年のことながら、JAMの4日間は長いようであり、終わってみれば あっ という間だったようにも感じます。JAMを区切りにするかのように連日の暑さも少し和らぎ、私は今日から8月一杯、脇目を振りつつ原稿書きに専念しないといけません。

P8179879
JAMに限らず、3日間の催しは2日目の昼あたりが最も脂が乗った時期になります。これは2日目(17日)の三線式の会。今年はだいぶ湘南顔が増えています。

P8179897
1日目に観客の男の子から「今年は汽車がないの」という声があったのをオーナーに伝えると、「持ってきたけどまだ出してないだけや」と台の下から掘り出してきました。7・8年前に手がけたCタンクです。しかし、レールに乗せて電気を加えても走る気配がありません。

P8179896
裏返して点検したみたら、ウォームがものの見事に磨り減っていました。こんなになる前に気付けや。スペアパーツは持ってきていなかったのですが、これくらいなら我が家にもストックがあります。帰宅してから発掘して2日目の朝一で取り換え、運用に復帰しました。

P8179885
モハモハコンペは初日と3日目にそれぞれ小一時間ほど運転士を務めました。私の担当区間はこの出屋敷あたりを中心に、右は二子玉川、左は西宮北口の平面クロス、阪神の武庫川まで。1エンドレスに概ね3列車ですが、それぞれスピードは違うし、時々ひっかかるやつもいて、それがどうかすると流しそうめん状態で続行してきます。運転のコツは手早く自分の担当区間を通過させて次のセクションに放り込み、同時に2列車を入れないようにすることで、さらには両隣の運転士の癖も考えておかないといけない、なかなか頭を使う遊びです。

P8179893
これは用賀(玉電)のセクション。京急のデトが止まっているのはご愛敬。架線作業用の櫓がいいアクセントになっています。

P8179890
高層ビルが林立する香港の繁華街。横方向は規格化されているけど、天地は無制限です。

P8179882
その裏側。この区間を担当すると電車がどこを走っているかがわからず、運転士泣かせです。

P8179881
昭和堂模型店は繁盛していました。すべて昭和39年当時の値段が表示されています。

P8189907
3日目になり、就労拒否をする車両に活を入れています。

P8179894
3日目は開場前に気になるブースを撮影しておきました。お隣さんのED42。宙返りレイアウトのK池さんのお兄さん製作で、動輪が回っていました。

P8189901
5インチゲージのDF200。車体は被せるだけなので、木とボール紙です。

P8189902
その運転台。本物に似せた2レバー式です。

P8189904
チームおやびんは他社に譲渡された京王車が増えていました。

P8189908
ナローゲージジャンクション。ナローもOスケールだと見応えがあります。

P8189914
激団サンポールに進出した宮下洋一さんのNゲージセクション。飯田線の小和田で、電車は先頭がクモハユニ64という憎い演出です。

 というわけで、来年のJAMは1回休み。再来年にまた参加するとしたら、私は後期高齢者になっています。

2019年8月16日 (金)

JAM開幕

   泣いても笑っても、何もしないでもJAMは始まりました。まずは終戦記念日である15日の正午、戦争を知らない大人達は続々とビッグサイト西1ホールに集合したのです。

P8159835 
今年も私は「鉄犬モハモハ主義コンペ」と「零番三線式の会」の2枚鑑札です。モハモハは入り口近くのC11ブース。机をならべ、パンチカーペット、腰布も張り、チオラマが並べられています。

P8159832
だいぶつながってきました。手前が車両展示スペースです。

P8159853
意表を突いて昭和の模型屋が開店です。

P8159851
作品を並べ始めました。場所取りは早い者勝ちです。

P8159858
15時(実際は16時頃)からRMモデルスの取材が始まりました。

P8159829
零番はパンチカーペットではなく茣蓙(畳表)を敷いていきます。

P8159848 
レールはFレール、20本組、16本組のエンドレス3組。ここ数年の定番スタイルです。電気配線をして走るのが確認できたらこの日の作業は終わり。新宿に場所を移して盛大に壮行会を行いました。

P8169860
そして初日(16日)、お日柄もよく、台風10号の影響で強い風が吹いています。

P8169861
今年はオリンピックの準備で東ホールが使えず、西1ホールが会場になります。

P8169862
一度2階に上がってまた1階に降ります。9時半頃でこの人数でした。

P8169877
まずは入り口に近いモハモハブースに顔を出します。車両展示スペースは一応テーマ分けされています。

P8169864
私の玉電は唯一未完成なので、ちょっとオチをつけました。これでご勘弁。

P8169867
零番の秘宝館。まだまだあるんやで~。

P8169868
新顔は湘南型の関西急電色。K村師匠の作品です。

P8169869
ご近所はまだあまり回れません。チームおやびんは京王線委員会による緑一色です。夕方には伊予鉄バージョンなども加わっていました。
P8169873

ギミック2019はおとなりさんです。血圧が上がるレイアウトも改良を重ね、ゆっくり走るようになりました。カラクリはわかっているけど、なんとも不思議な感覚です。
 このほかにも見どころは一杯。会場はしっかり冷房が効いているので、猛暑日になりそうな土日は、避暑を兼ねてお出かけください。

«もはやこれまで・・・か

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ